IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ファンも味方も相手もイチローを祝福
P・ローズを抜いたその瞬間、球場では…
パドレスの二塁手・ソラーテもイチローを祝福
パドレスの二塁手・ソラーテもイチローを祝福【田口有史】

 鮮やかだった。3点を追う9回表、2死一塁で打席に入ったイチローは、パドレスの守護神フェルナンド・ロドニーの決め球、チェンジアップを捉え、ライトポール際へ糸を引くような美しいライナーを放つ。このとき、日米通算ながらイチローの安打数は4257本となり、ピート・ローズが持つ大リーグ通算最多安打4256本を更新した。


 イチローが打席に入る前、1死一塁の場面で代打のジャンカルロ・スタントンがサードゴロに倒れるも、併殺を逃れたことでイチローに打席が回ったわけだが、この打席の意味を知る球場のファンは、一斉に立ち上がってイチローに声援を送った。


 そういう空気の中での一打。イチローが二塁に到達すると、声援に応えてヘルメットを取る。そのとき、球場のボルテージがいっそう上がった。

多くの記者がツイッタ―で伝える

 その数時間前――イチローは、初回の打席でローズに並んでいる。「1番・ライト」で先発出場したイチローは、1ボールからの2球目を打つと、それが一塁線上にボテボテの当たり。キャッチャーが飛び出したが、投げたところでイチローのスピードを考えればとうてい間に合うタイミングではなかった。イチローらしいといえば、らしい打球。その瞬間を、三塁側内野席から見ていた。三塁側からだと、ファウルなのかフェアなのか分からなかったが、思わず腰が浮く。イチローというより捕手の動きを見たが、とりあえず一塁へ投げたという感じ。それた送球の横をイチローが駆け抜けていった。


 そのとき、試合開始直後ということもあって、客席はまばらだったが、三塁側の内野席を中心にスタンディングオベーションが起こる。日の丸を振っているファンもいた。


 この直後から現場にいた米記者のみならず、多くのメディアが、イチローがローズに並んだことをツイッターなどで伝えた――まるで、大リーグ記録に並んだかのように。


 ある記者が話していた。


「ツイートしたら、大リーグ記録じゃないじゃないか、というコメントがあった。でも、イチローを認めざるを得ない。イチローのヒットを打つ能力は、飛び抜けている」

丹羽政善
丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米。インディアナ州立大学スポーツマネージメント学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行う。3月24日、日本経済新聞出版社より、「イチロー・フィールド」(野球を超えた人生哲学)を上梓する。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント