IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本男子バレーに必要な本気の改革
露呈した層の薄さ、対応力不足

W杯はパーフェクトだった

リオ五輪出場を逃した全日本男子。OQTでは模索しながらの戦いが続いた
リオ五輪出場を逃した全日本男子。OQTでは模索しながらの戦いが続いた【坂本清】

 日本らしい戦いができれば、どんな相手でも絶対に勝てる。


 バレーボール五輪最終予選(OQT)の開幕を間近に控えた2週間前は、明るい表情で皆がそう、口をそろえた。


 9カ月前のワールドカップ(W杯)では、武器とすべきサーブが走り、そこから日本の勝ちパターンが生まれ、同大会で20年ぶりとなる5勝をマーク。加えて、割り切ったディフェンスシステムや、清水邦広、石川祐希、柳田将洋を中心とした攻撃。いい面が出れば、ポーランドやロシアなど格上のチームとも互角に戦える。なかなか勝てずにいた時期が長かったせいか、その手応えが得られたことは、チームにとって成績以上の自信をもたらした。


 だが一方で、ある選手は言う。


「W杯はパーフェクトだったんです。すべてがうまくいった試合ばかりだったから、もしもダメな時がOQTで出たらどうするんだろうという不安はありました。いい時が良すぎたから、悪かった時、崩れた時にどれだけの戦いができるんだろうなって」


 予感は的中した。


 五輪への可能性がついえた6月2日のオーストラリア戦の直後、深津英臣はタオルで口元を覆いながら、小さな声で、言葉を絞り出した。


「これがOQTなのか、今ひとつ乗り切れないチームだからなのか。理由は分かりません。でも、ダメでした」


 ここ、という勝負どころで波に乗れない。何かが違う、じゃあ何が違うんだ。模索しながらの戦いは混迷を極めた。

「日本の対策」は対策されていた

中国はW杯での戦いから、「日本の対策」の対策を練ってきた
中国はW杯での戦いから、「日本の対策」の対策を練ってきた【坂本清】

 W杯ではサーブで攻めることに加え、対戦国の攻撃パターンを分析し、すべてを満遍なくマークするのではなく、特に打数が偏るポイントとなる選手や攻撃に的を絞り、ブロック、レシーブで割り切ったディフェンスシステムを敷いた。特にカナダ戦やオーストラリア戦ではその策が奏功し、快勝ともいうべき結果を収めたのだが、最終予選ではこのディフェンスシステムがほとんど機能しなかった。


 たとえば、初黒星を喫した5月29日の中国戦。警戒すべき最重要ポイントはミドルブロッカーのBクイックであり、ライト側でブロックに跳ぶ清水が初めからやや中央に寄り、Bクイックに対するマークを厚くする。それが事前の対策だった。


 だが中国も、当然ながらW杯での日本の戦いぶりを見て対策を練ってくる。ブロッカーが寄っていることを確認すると、セッターは前日のフランス戦で高い決定率、効果率を残したミドルではなく、清水が中央に寄ることでスパイクコースが空いたレフト側からの攻撃を多用した。


 日本にとっては予想外とも言える中国の攻撃パターンに、少なからず動揺があった、とミドルブロッカーの富松崇彰は言う。


「このローテでは、70%以上クイックというところでAパスが返っても使ってこない。『あれ、何でだ』と思ううちにサイドから決められる。そこで割り切ればよかったんですけれど、割り切れなかった。全部が後手後手でした」


 そしてこの敗戦が、結果的にチームにとって大きなダメージだったとも富松は言う。


「ひとつの山だと思っていた中国戦で一気に崩されて、相手の思い通りにやられて、力を出せずに終わった。勢いに乗るきっかけをつかみ損ねた。結局、それが最後まで響きました」

相手の術中にはまるも、具体的な改善策がない

サーブでは徹底して石川(11番)を狙われた。対策をしても、世界の強豪はあっさりとその上をいく
サーブでは徹底して石川(11番)を狙われた。対策をしても、世界の強豪はあっさりとその上をいく【坂本清】

 中国に限らず、対戦国の日本対策は完璧だった。


 W杯で得点源として活躍した清水、石川、柳田。この3選手を自由に攻撃させないよう、サーブやブロック、レシーバーを入れる位置などいくつもの布石を打つ。


 特に、初日のベネズエラ戦からサーブで徹底して狙われたのが石川だ。


 しかもそれはただ強烈なサーブを見舞うだけでなく、レセプション(サーブレシーブ)後の攻撃に入るための助走コースを狙って前に落とすものに加え、柳田と並んでレセプションに入るS2、S4、S5ローテでは2人の間を徹底して狙われた。石川自身も「自分が狙われるのは想定通りだし、仕方ないと思っている」とは言うものの、レセプションが乱れれば「サーブで挽回しよう」と力が入り、同じコースへのアウトが続く。それでもベンチからは「リベロを外して得意なコースへ打て」と言われるだけで、具体的な改善策が出されるわけではない。


 サーブで得点が取れない分をスパイクで取り戻そうとするも、レセプションで狙われ、攻撃に入る体勢も十分でない中で攻め急ぎ、相手のブロックに正面からぶつかる。日本にとっては負の連鎖が続き、対戦国からすれば狙い通りの展開に持ち込まれた。


 石川の負担を少しでも軽減させようと、リベロの永野健がレセプション時に後衛中央に入るS1、S3、S6ローテでは、相手のサーバーが打つ直前に永野が石川の守るエリアに寄り、自身の守備範囲を広げた。


 だが、そうなれば相手は反対側のゾーンを狙い、裏をかかれた結果、カバーし切れずサーブポイントを取られる。永野とともに広い範囲でレセプションを担った米山裕太が入った1日のイラン戦も、石川の守るエリアをかなり狭めていたものの、相手のミルサイード・マルーフラクラニ主将はそのわずかなエリアをピンポイントで攻め、石川のバックアタックを封じた。


 直接相手にサーブポイントを献上したわけではない。だが、石川が攻撃に入ることができず、日本の攻撃枚数が減り、清水に本数が偏れば、そこにブロックが待っている。日本も対策を練って臨みはしたが、ポーランド、フランス、イランといった世界トップの強豪たちは、あっさりとさらにその上をいく。


 なすすべがなかった。

田中夕子

神奈川県生まれ。神奈川新聞運動部でのアルバイトを経て、『月刊トレーニングジャーナル』編集部勤務。2004年にフリーとなり、バレーボール、水泳、フェンシング、レスリングなど五輪競技を取材。共著に『海と、がれきと、ボールと、絆』(講談社)。『SAORI』(日本文化出版)、『夢を泳ぐ』(徳間書店)、『絆があれば何度でもやり直せる』(カンゼン)など、女子アスリートの著書や、前橋育英高校野球部・荒井直樹監督の『当たり前の積み重ねが本物になる』では構成を担当

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント