IDでもっと便利に新規取得

ログイン

雨、ピットストップ、相次ぐクラッシュ
2016モナコGPを写真で振り返る
【Sutton】

 レッドブルからトロロッソへと出戻り、モナコではアグレッシブな走りで目立っていたダニール・クビアト。しかし、決勝レースではルノーのケビン・マグヌッセンと接触。その責任を問われることになる。

【LAT】

 予選でメルセデスを退けてポールポジションで奪い、確実に勝利を手にしようとしていたダニエル・リカルドを不運が襲う。ドライタイヤへと交換するべくピットへ入ったら、なんとタイヤが用意されていない。この不手際により、リカルドは10秒以上の時間を失い、コースへと戻ったときには、ハミルトンの先行を許してしまった──。

【XPB Images】

 前戦スペインGPでF1史上最年少、18歳で優勝を飾ったマックス・フェルスタッペン。モナコでは予選、決勝ともにクラッシュに終わる。リカルドのピットで起きた信じられないミスに続き、レッドブルにほころびが続く。

【XPB Images】

 リカルドは、ハミルトンを抜こうと果敢に攻めるが、首位ハミルトンもギリギリのブロック。後方ではザウバー2台がポジションを争い、同士討ちという事件も起きる。また、コース上に“落としもの”が見つかって4度目のバーチャル・セーフティカーが発動するという珍場面も。

【LAT】

 ウエットタイヤからウルトラソフトに交換し、1ストップで走りきったハミルトン。最後までペースが鈍ることはなかった。スペインでも戦略ミスで勝利を逃したリカルドに笑顔はない。3位には、フォース・インディアのセルジオ・ペレス。幸運だけではなく、チームの適切な戦略をドライバーが完璧に遂行した結果だった。

F1速報
F1速報

現在、日本で唯一のF1グランプリ速報誌。サイトでは最新ニュースとともに、ウェブ限定のオリジナル記事を多数掲載しています。現場からの速報だけでなく、独自の分析やバラエティ企画も充実。F1ファンが、もっとF1を楽しむための場を目指して、これからも進化していきます。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント