sportsnavi

元南海・山内孝徳氏が育てる注目右腕
谷川昌希を“雑草の花”にするために

山内孝徳氏が手塩にかけるドラフト候補

入社1年目のシーズンでは補強選手として都市対抗に出場した谷川。今年はチームの都市対抗出場、そして秋のドラフト指名を目指している
入社1年目のシーズンでは補強選手として都市対抗に出場した谷川。今年はチームの都市対抗出場、そして秋のドラフト指名を目指している【写真=高木遊】

「投手のことはすべて山内さんに教えてもらっています。自分でも気づかないうちに感覚も良くなってきました」


 そう穏やかな笑顔で語るのは、九州三菱自動車の入社2年目で今秋のドラフト候補に挙がる右腕の谷川昌希だ。


 東京農業大時代から、その好素材に期待は高かったが、故障や調子の波が激しかったため、東都大学2部リーグでは5勝12敗という成績に終わった。


 だが、九州三菱自動車に入社し、西部ガスの補強選手として出場した都市対抗で谷川は1イニングながら、140キロ台後半の威力あるストレートを次々に投げ込み、学生時代とは、まったく違う姿を見せた。その背景を知ろうと本人に尋ねると、ある人物の存在が挙がった。


 それが、1980年代の南海ホークス(現:福岡ソフトバンク)を闘志むき出しの投球で支え、通算100勝を挙げた山内孝徳氏だ。現役引退後は野球解説者としてホークスファンにはおなじみで、2014年にソフトバンクの2軍投手チーフコーチも歴任した。


 そんな山内氏は、昨年から九州三菱自動車の投手コーチに就任。時を同じくして入社したのが、谷川だった。

「お客様優先」のスケジュール

ともに九州三菱自動車で2年目のシーズンを過ごす山内氏(左)と谷川
ともに九州三菱自動車で2年目のシーズンを過ごす山内氏(左)と谷川【写真=高木遊】

 谷川ら投手陣の指導を一手に担う山内氏に、その投手育成法を聞いた。


「みんな真面目で人柄が良いチームだなというのが第一印象だね。社会人野球は“仕事あっての野球”というのが僕のポリシーだけど、それでも大変だと思うよ」


 そう山内氏が語るように、九州三菱自動車の選手たちの1日のスケジュールは、びっしりと詰まっている。朝の8時半から練習が始まり、午後から仕事へ。平日は外回りの営業、土日は販売店で接客をこなす。仕事の終業は夜8時や9時になる。あくまでお客様優先のため、練習中に電話がかかってきて対応にあたることもある。


「バイトもほとんどやったことが無いので、先輩を見て勉強して、支えてもらって、時に怒られながらという感じです」と谷川は苦笑いするが「でも勤務先の方々やお客様も応援してくれますし、こうして山内さんにも出会えた。ここに来て本当に良かったです」と満面の笑みで続けた。


 それだけ今の谷川に山内氏の存在は欠かせないものとなっている。

高木遊

1988年、東京都生まれ。幼い頃よりスポーツ観戦に勤しみ、東洋大学社会学部卒業後、スポーツライターとして活動を開始。関東を中心に全国各地の大学野球を精力的に取材。中学、高校、社会人などアマチュア野球全般やラグビーなども取材領域とする。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント