錦織圭が2日またぎの初戦を無難に突破
若手も活躍…大坂、ダニエルが初勝利
  • WOWOW

雨にたたられた錦織の初戦

錦織、雨で2日間にわたった初戦に勝利。気になる疲れに関しても楽観的な見解を示した
錦織、雨で2日間にわたった初戦に勝利。気になる疲れに関しても楽観的な見解を示した【写真:ロイター/アフロ】

 大会第2日も雨にたたられた不規則な条件下で、錦織圭(日清食品)が順延されていた1回戦を無難に勝ち進み、ダニエル太郎(エイブル)はグランドスラムでの初勝利、女子では大坂なおみが全仏オープン初出場初勝利を果たすなど、日本勢の活躍が目立った。


 この日も激しい雨で夜が明けた。前日、第3セット途中でサスペンデッドになっていた錦織の試合はセンターコートの第2試合。第1試合の開始時間が雨で2時間近くも遅れた上に、その第1試合では、昨年の覇者スタン・ワウリンカ(スイス)がルカシュ・ロソル(チェコ)とフルセットを戦い、錦織はこの日も待たされる時間が長かった。


 そして現地の午後5時過ぎ、6−1、7−5、2−1からようやくの再スタート。相手のシモーネ・ボレリ(イタリア)は故障上がりだけに錦織の優位は動かないとはいえ、錦織はペースを使ってレベルを上げていくタイプ。一から作り直す中断は避けたかったところだ。早く終らせようという気持ちも働き、精彩を欠く相手にもかかわらず、ミスが目立ち、3−3からダブルフォルトでブレイクポイントを握られた。ただ、いざとなれば危なげなく、第8ゲームにサービスブレイクに成功。第9ゲームの15−40というピンチも得意のバックハンドウイナーなどで切り抜けると、最後はセンターにサービスエースを打ち込んで決着をつけた。


「前の日は、思い出せないくらい激しい雨で、ボールが重くて水が目に入ってやり難かったですが、昨日終らせたかった。止める選択肢はなかったですね。どちらかと言えば、2セットダウンの方が(順延は)うれしい。(ボレリは)ケガもしていたので、動きはよくなかったですね」


 体力よりメンタル面の疲れが気になると言うものの、1日の休みで解消するだろうと楽観的。本人はドローを見ない主義だが、2回戦の相手は世界ランク40位のアンドレイ・クズネツォフ(ロシア)。クズネツォフを突破すると、3回戦でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)とイワン・ドディグ(クロアチア)の勝者と対戦することになる。

日本の若手勢も次々勝利

力強いサービスで全仏オープン初出場初勝利を果たした大坂
力強いサービスで全仏オープン初出場初勝利を果たした大坂【写真:アフロ】

 この日は、錦織の試合に先立って日本の若手が活躍した。まず全仏オープン初出場の大坂が同じ18歳で第32シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)と対戦。パワーいっぱいのサービスエースを要所で6本決め、このところ改善著しいバックハンドのダウンザラインを思い切りよく叩いて、終始、主導権を握ってのストレート勝ち。2回戦でベテランのリヤナ・ルチッチバロニ(クロアチア)と対戦する。


 また、3度目のグランドスラム本戦に臨んだ日本の男子ナンバー2、ダニエルは世界ランク45位のマルティン・クリザン(スロバキア)と対戦、セットカウント0−2から持ち前の粘りで反撃して、フルセットに入り3−0とリードしたところで相手が棄権、グランドスラム初勝利を飾った。ダニエルの次の相手は昨年の覇者、ワウリンカだ。


 一方で、全豪オープンに続いて2度目のメジャー挑戦だった日比野菜緒(フリー)は、第6シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)に2−6、0−6で完敗。奈良くるみ(安藤証券)の試合は雨の影響で第3日に順延になり、土居美咲(ミキハウス)とサマンサ・ストーサー(オーストラリア)の試合もストーサーから6−2、1−3の時点で日没順延となった。


 その他では、男女の上位シード勢がほぼ順当に勝ち進んだが、第2シードのアンディ・マリー(スコットランド)は予選勝ち上がりのラデク・ステパネク(チェコ)に2セット先取される苦しい展開に。1セットを奪い返した第4セット途中で日没順延になった。


(文:武田薫)


◆◆◆ WOWOW番組情報(PR) ◆◆◆

全仏オープンテニス

2016シーズンのグランドスラム第2戦は全仏オープンテニス。飛躍し続ける“日本のエース”錦織圭の戦いなど、現地の感動と興奮を連日生中継でお伝えする。


2016年5月22日(日)〜6月5日(日)

WOWOW

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント