sportsnavi

昨年V横山典騎手がコメントで緊急参戦
プロの見解は? 天皇賞・春の記者座談会

波乱の歴史を継ぐ者は… 大ドンデン返しはこの馬で

デスク「ここまで名前が挙がらないサウンズオブアースだが、実際に◎は誰もいないし、やっぱり予定していたデムーロが騎乗停止での乗り替わりが嫌われてるのかな。先週のマイラーズCでも、ジョッキーこそ違うがデムーロから乗り替わったフィエロが飛んじゃったしな…」


田崎「その影響もあるかもしれませんが、僕は、◎にここ2走で僅差の競馬を続けている以上、○より下に評価は落とせませんね」


広田「前走の日経賞は、数字以上に余裕残しの体つきでしたし、ビシッと追われた今回は馬体も締まってきましたね。ビッグチャンスが巡ってきた藤岡佑騎手も“馬の状態に自分が応えなければ、という気持ちです”と、闘志を燃やしていますよ」


瀬古「同じ乗り替わりでも、こちらは大きなプラス材料となりそうなのがフェイムゲームですよね。暮れに来日した時には、トーセンレーヴを蘇らせるなど、好騎乗の目立ったボウマン騎手は魅力です」


加茂「ダイヤモンドSからココというローテーションは3年連続やから、調整に狂いもないし、昨年2着の割りに人気がないのもお買い得やろ」


守屋フェイムゲームは仕掛けて瞬時に反応できないので、昨年もグイグイ伸びてきたのはラスト1ハロンを切ってから。なので、陣営も、高速馬場や極端な上がり勝負にならないことを願ってましたね。状態に関しては冬場で絞り切れなかった前走とは雲泥の差ですし、調教をつけている丸田騎手も“凄くイイですよ”と、太鼓判を捺してます。強気な言葉こそ口にしなかった宗像師ですが、最後にポツリと“3度目の正直といかないですかねぇ”と漏らしていたのが印象的でした」


須藤「今回は、割とスタミナに自信のある馬が多い気がするんですが、そうなると全体的に早目早目の競馬になって、差し馬向きの展開になるんじゃないかと…。レーヴミストラルは、日経新春杯でシュヴァルグラン以下を問題にせず、アルゼンチン共和国杯でも展開や馬場が不向きな中でゴールドアクターにコンマ4秒差ですから、流れひとつで勝つ資格はあるはずです」


坂倉「日経新春杯での弾けっぷりからも、まさに京都コースの申し子という印象を受けますし、前走は重い馬場で全く動けませんでしたが、良馬場なら変わっていいはずです。昨年問題になった“まさかの大量散水”がなければ、勝機十分と見てますよ」


広田「川田騎手も、“前走は道悪が全て”とのことですし、3200mの距離についても“折り合いが付いてスタミナもあるから”と問題視してませんでしたね。少しゲートに不安も残す馬なので、高野師は最後入れになる大外枠も前向きに受け止めてましたね」


田崎「これまた“本来の走りができれば”という条件付きですが、変わっていいのはトーホウジャッカルだと思います。前走は、馬体重が示す通りの仕上り途上でしたし、まだ見限れませんよ」


瀬古「前走は、レース序盤で力みが見られましたし、直線でも鞍上が無理に追わず、いかにも休み明けらしい負け方でした。短期休養も含めて休みなく使えるのは菊花賞以来ですが、そこまでは使う毎にパフォーマンスを上げていた馬ですし、叩き良化型なのは明らかです。その菊花賞当時の追い切りのような凄みのある動きまでは取り戻していませんが、前走のようなことはないはずですね」


デスク「あとは、ダイヤモンドS勝ちがもっと評価されていいと思うトゥインクルだけど、雨が降らないとダメなのかな」


広田「陣営からは“良馬場でも”の雰囲気が伝わってきますね。牧田厩舎に転厩してから、今回が初めてのリフレッシュ放牧となったんですが、その効果が出たようで、担当の古閑助手も“状態は今までで一番。枠も絶好だし楽しみ”と、力を込めて話してくれました」


守屋「逆にダイヤモンドSで稍重発表以上に悪い馬場に泣かされたのがタンタアレグリアで、陣営も“とにかく良馬場でやりたい”と。好走したとはいえ、菊花賞も阪神大賞典も4角で外目を回って及ばなかったので“もう少しロスのない競馬を。菊花賞のキタサンブラックのような競馬でもいい”と国枝師は話してました。そうは言ってもペース次第ですから、あとは経験豊富な蛯名騎手に任せている感じでしたけどね」


デスク「あとは編集長のような“ポツン◎”で攻めてきた持木だが…」


持木カレンミロティックには、強いゴールドシップを相手に正攻法の競馬でコンマ1秒差3着だった昨年の再現を期待しています。京都コースが最も合う印象を受けますし、休み明けで気負い気味だった前走を叩いて、ガス抜きも完了できていますよ」


小桧山「あと、“ひょっとしてサウンズオブアースから騎乗依頼が来るかなーと思ってたんだけど…”と、笑ってた横山典騎手とちょっと話をしたんだけど、“乗ってみたいのはフェイムゲームかな。あんなに後ろからじゃなくて、普通に出たなりでレースをすれば面白いと思うよ。キタサンブラックも(前走で勝ったアンビシャスに騎乗)、思ったより渋太い馬だから、有馬より頑張れるかも。ゴールドアクターも強くなってるよね。前へ行って、もうひと脚使えるんだから大したものだよ。流れが落ち着けば、前へ行くこの2頭かもね”と」


デスク「さすがは昨年を含めて3勝しているジョッキーの分析だから、かなり参考になるな」

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」

競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント