楽天・池山コーチが語る指導者論
ID野球から山田、オコエの今後まで
今季から再び楽天のユニホームに袖を通した池山コーチ
今季から再び楽天のユニホームに袖を通した池山コーチ【写真=上野弘明】

 現役時代、その豪快なフルスイングから“ブンブン丸”の愛称で絶大な人気を誇った池山隆寛。現役引退後は評論家を経て2006年、東北楽天でコーチ人生をスタートさせた。一時は古巣・東京ヤクルトに戻ったが、16年から再び楽天へ。1軍打撃コーチとして打撃低迷で2年連続最下位に沈むチームの再建を期待されている指導者歴10年目の50歳。その手腕を発揮している真っ最中だ。

野村ID野球は「準備の野球」

 池山隆寛の野球観を探る際に、野村克也の存在は欠かせない。3017試合で通算2901安打をマークした大打者。監督としては南海(選手兼任含む)、ヤクルト、阪神、楽天を指揮し計5回のリーグ優勝、3回の日本一を経験した球界屈指の名将だ。“野村ID野球”とはどういうもので、池山自身にどんな影響を及ぼしたのだろうか。


池山 09年以来、7年ぶりの楽天復帰となりました。当時はまだ若手だった嶋(基宏)も10年目を迎え、すっかりリーダーらしくなりました。知っている顔ぶれは少なくなりましたが、再びクリムゾンレッドのユニホームを着てみて、戻ってきたなという実感を持っています。


 僕は02年限りで現役を引退して、そこから指導者になるために、評論家として野球を勉強させてもらいました。外から見る野球ほど難しいものはないというのが第一印象。自分で野球をやるほうがどれだけラクか……。でも、違う視点を持つことができ、自分の引き出しが増えたという意味では、貴重な3年間でしたね。


 僕のプロ野球人生は、野村監督との歩みでもありました。選手として9年間、そしてコーチとして4年間。選手としてやっていた野村さんの野球を指導者として継いでいくという意味では、勉強になった時間です。


 よく野村さんの野球は「ID野球」と言われますよね。それを一言で説明すれば「準備の野球」です。それが究極のテーマとなり、その準備をするためには何が必要か。そこを出発点に投手について、打者についてと細かく枝分かれしていくわけです。


 あとは確率。場面場面で、確率の高いものを選択していく。このケースでは、相手はこういう攻め方をしてくる。その傾向を覚えておくことで、打席で迷った際に一つの手段を導き出せる。ミーティングは、毎日当たり前のようにありました。指導者としてのスタートは06年。野村監督にとっては久しぶりのパ・リーグ(1980年の現役引退以来)でした。就任当初は予備知識が少なかった。だから、相手投手の特徴やクセなどを、打撃コーチの僕に事細かに聞いてくるわけです。選手時代の経験から「分かりません」という答えがまったく通用しないのは分かっていましたから、それこそ死にもの狂いで準備しましたよ。


 自分のチームはもちろん、相手チームの選手を徹底的に研究しました。それにより、自分の野球に関する視野がさらに広がったように思います。僕が考えるコーチの仕事は、監督の手助け、そして選手の手助け、監督と選手とのパイプ役。野村野球がどういうものか、選手に伝える役目が大きかったです。

週刊ベースボールONLINE

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント