2016シーズンを戦う3人の「8番」
秋田の背番号にまつわるストーリー

アプリ限定

チーム力の底上げを担う池田

09年から「8番」をつけ、高い精度をもつ左足で攻撃をけん引した池田
09年から「8番」をつけ、高い精度をもつ左足で攻撃をけん引した池田【(C)2010-2015 BLAUBLITZ AKITA】

 2016年、ブラウブリッツ秋田でセカンドキャリアをスタートする2人の元選手と、レギュラー争いに挑む1人の現役選手がいる。3人は秋田の「8番」であり、それぞれの役割でチームに貢献する強い意思を持っている。


 池田昌広は07年、秋田の前身にあたるTDKサッカー部に加入。当初は「26番」だったが、09年からは自身が慣れ親しんだ「8番」をつけた。中盤を主戦場として、高い精度をもつ左足で攻撃を牽引した。


 11年に秋田を退団すると、15年に奈良クラブ(JFL)でのプレーを最後に現役を引退。そして16年、セカンドキャリアを秋田でスタートした。TDK時代の盟友であり、現在は秋田の経営者となった岩瀬浩介社長の要請に応え、クラブの強化担当に就任したのである。


「間瀬秀一監督の戦術を実行するために、選手をベストの状態にもっていくのが大きな役割ですね。シーズンでは、試合に出場する選手とそうでない選手が出ます。その中で、モチベーション維持やコンディション調整を働きかけて、チーム全体を底上げする。初めての仕事ですが、コミュニケーションは好きですし、自分自身の選手生活ではさまざまな立場を経験しました。そうした部分も生かせれば」と意気込む。


 今後、池田はスカウトも担当し、将来を見据えたチームづくりにも取り組んでいく。

竹内松裕

1975年生まれ、東京都出身。2005年、旅行で惹かれた秋田県に移住。これまで編集プロダクションやデザイン会社で社内ライターを務め、10年にフリーランスライターとして活動を開始。13年からブラウブリッツ秋田の取材を行っている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント