IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「戦略で上回って戦術で勝った」日本代表
快進撃を支えたコンディショニングの徹底

指揮官が着目した「疲労のマネジメント」

U−23日本代表のAFC・U−23選手権完全制覇の陰には、手倉森誠監督(左)の「用兵術」と「疲労のマネジメント」があった
U−23日本代表のAFC・U−23選手権完全制覇の陰には、手倉森誠監督(左)の「用兵術」と「疲労のマネジメント」があった【Getty Images】

 弱いは強い。強いは弱い。


 ずっと弱いと言われてきたU−23日本代表は、リオ五輪最終予選を兼ねたAFC・U−23選手権を完全制覇。他ならぬ主将のMF遠藤航が「まさかこんなにうまくいくとは」と驚きの声を漏らすほどの快進撃を経て、カタールの首都ドーハにて「強さ」を証明することとなった。


 日本の勝因として真っ先に挙げられるのは手倉森誠監督の「用兵術」だが、中でも指揮官が着目したのは「疲労のマネジメント」である。


 日本のように春に開幕して冬に閉幕するシーズンを採用している国にとって、1月の大会というのはそもそも難しい。U−23日本代表は12月上旬に中東への事前遠征、同月下旬に沖縄・石垣島合宿を敢行したが、この時点でもベストメンバーを集めることはできなかった。Jリーグのチャンピオンシップとクラブワールドカップ(W杯)、そして天皇杯があったためだ。気候も異なる中東の地への適応を含めて、コンディショニングがキーポイントになるのは明らかだった。


 さらに日本はトーナメント戦である天皇杯をシーズンの最後に配置しているため、選手たちがオフに入るタイミングもバラバラになってしまうという問題もあった上に、チームで出場機会を得ている選手とそうでない選手との落差もあった。


 手倉森監督は「まずJリーグが終わって、このメンバーたちの1シーズンでの出場率などを計算して、疲労がどのくらい残っているか(を推測し)、あまり(試合に)出ていない選手たちは鍛えなければいけない」という態度で事前の合宿に臨んだ。

W杯での反省を生かしたコンディショニング

指揮官との二人三脚で選手のコンディショニングに取り組んだ早川直樹コーチ(中央)
指揮官との二人三脚で選手のコンディショニングに取り組んだ早川直樹コーチ(中央)【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 この問題の解決に監督との二人三脚で挑んだのは、早川直樹コンディショニングコーチである。2002年の日韓W杯から4大会連続で世界での経験値を積み上げてきた熟練の士だが、14年W杯・ブラジル大会では、まさにコンディショニングの失敗を指摘されて唇をかんだ立場でもある。「彼にも反省を生かしてリベンジするという気持ちがある」(手倉森監督)。つまり、ブラジルでの借りはブラジルで返すということだ。


 早川コーチに全幅の信頼を置いた手倉森監督は、練習メニューを「徹底的にすり合わせた」(同監督)。大会までの時間には限りがあるが、戦術を重んじるメニューを組むと、コンディショニングを重視するメニューが組めないし、そもそも練習をし過ぎては体力を消耗してしまう。監督としては全員が同じメニューをこなす状況の方がトレーニングとしては楽なのだが、前述のとおりコンディションはバラバラである。


 早川コーチも「本当にバラバラだったので、そこは難しかったですね」と苦笑いを浮かべつつ、「なるべく個別性を大事にして、ちょっとしたトレーニングでも、この選手はやらせるけど、この選手はやらせないとか、本当に細かく監督と話し合った」と振り返る。


 集まる機会の少ない代表チームは、戦術練習を増やしたくなるものだが、手倉森監督はグッと我慢して早川コーチの判断を尊重し続けた。


「(走りのトレーニングの)タイム設定などもそれぞれ変えた」(同監督)というこだわりで、個別的に調整しながら、2人で「ピークはトーナメントに持っていくように」ということを確認し合った。W杯での反省点を踏まえたのは、1シーズン戦った直後の大会だった。


「僕らは準備をずっとしてきてエンジン全開で選手を待っていたのですけれど、選手は1シーズンやってきてすごく疲弊している。僕の勢いでやらせると、やらせ過ぎになってしまう。十分に気を付けなければならないと監督とも話し合った」(早川コーチ)


 W杯との違いはもう1点あり、「W杯のようにグループステージを抜けたら成功だと皆さんに言っていただけるような大会ではなく、準決勝で勝って(五輪出場を決めて)初めて皆さんから評価を得られる大会」であるから、「具体的にはグループステージが終わってからキチンと余力があるようなイメージ」(早川コーチ)の調整が求められることとなった。

川端暁彦
川端暁彦

1979年8月7日生まれ。大分県中津市出身。フリーライターとして取材活動を始め、2004年10月に創刊したサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の創刊事業に参画。創刊後は同紙の記者、編集者として活動し、2010年からは3年にわたって編集長を務めた。2013年8月からフリーランスとしての活動を再開。古巣の『エル・ゴラッソ』を始め、『スポーツナビ』『サッカーキング』『サッカー批評』『サッカーマガジンZONE』『月刊ローソンチケット』など各種媒体にライターとして寄稿するほか、フリーの編集者としての活動も行っている。2014年3月に『Jの新人』(東邦出版)を刊行

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント