IDでもっと便利に新規取得

ログイン

復活を印象づけた今井正人の自負
元日の好走で開けたリオ五輪への視界
60回目の記念開催となった全日本実業団駅伝。今年も見どころが多かった
60回目の記念開催となった全日本実業団駅伝。今年も見どころが多かった【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 新年の訪れを告げる恒例イベント、全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)が1月1日に行われた。60回目の記念開催となった今大会はトヨタ自動車の連覇で幕を閉じたが、今年も見どころの多いレース展開となった。


 エース区間の4区では序盤からハイペースで突っ込んだHondaの設楽悠太が、自身が持っていた区間記録を2秒更新する1時間02分45秒の区間新を記録。またトヨタ自動車の6区・田中秀幸が昨年に引き続き見せた、並走するコニカミノルタをすっと引き離すうまい走りも圧巻だった。


 一方で、期待外れだったのが旭化成。11月末の八王子ロングディスタンスで1万メートルの日本記録を14年ぶりに更新した鎧坂哲哉と村山紘太が1区と2区(編注:鎧坂、紘太共に従来の記録を更新。しかし、紘太が同走した鎧坂を0.05秒上回り日本記録保持者となる)、エース区間の4区に村山謙太と、世界選手権の代表選手を3人そろえ優勝も期待される戦力だった。しかし、1区・鎧坂がロングディスタンス後のケガの影響でトップから10秒遅れの16位にとどまると、外国人区間を走った紘太は周囲の選手の走りの中で自分のペースに不安を感じて自分の走りをできず。3区で村山兄弟と同じ新人の大六野秀畝が少し立て直したものの、4区の謙太は後半失速して区間10位に終わるなど、7位でレースを終えた。

今井が5区に起用された理由

5区で堅実な走りを見せた今井。五輪選考会へ向けて好スタートを切った
5区で堅実な走りを見せた今井。五輪選考会へ向けて好スタートを切った【写真:アフロスポーツ】

 そんな中で、これからのマラソンのリオデジャネイロ五輪選考会へ向けて、堅実な走りを見せていたのが、昨年8月の世界選手権マラソン代表に選ばれながらも7月末に髄膜炎を患い、出場を断念した今井正人(トヨタ自動車九州)だ。


「もちろん病気になった直後、病院のベッドにいるときはショックだったけど、出ないと発表してからは時間もあったので気持ちの整理もできました。世界選手権で走れないとなったらリオデジャネイロ五輪の選考は2月の東京マラソンか3月のびわ湖毎日マラソンしかないので、その目標へ向けてどう勝負していくかということだけを考える気持ちへ、早い時期に切り換えることができました」


 退院してチームに合流した9月から10月にかけては一緒に練習もできず、「これで大丈夫かな。本当に戻せるのかな」という心の葛藤もあった。だが森下広一監督とも話をして、焦って早く戻そうとするのではなく、自分のやりたいことをやれるようにしてもらい、ジックリと時間をかけることもできた。


「11月に入ってからチーム練習に戻ったけど、気持ち的な部分でうまく盛り上げられないところはありました。でも11月29日の(熊本)甲佐10マイルを走り、46分36秒で3位になってからは気持ちも楽になり、ニューイヤー駅伝へ向けても『あのくらいでは走れるかな』というような感覚になりました」


 だがそのあとの練習で40キロ走をしたとき、甲佐の疲労も残っていて30キロで止まってしまった。それで森下監督は、全日本実業団駅伝では今井を22キロあるエース区間の最長4区に起用するのではなく、15.8キロの5区にしようと決めたという。


「頭の中にかすかに若手の育成というのもあって、4区に今井を使うのではなく、他の選手を使って周囲の選手たちに『あの人があのくらいなら自分はこのくらいでいける』という物差しを作りたかったんです。それプラス、今井はマラソン練習に影響しないようにというのもあって……。4区を走らせればそれなりに頑張って力を出しきってしまうから、少しでも距離が短い方がいいし、ペースが遅い方がいいなと思って。そうなれば向かい風が吹いて、上り坂もある5区だということになるんです」


 森下監督から5区に使うと言われ、今井はすぐにその意図を理解したという。

折山淑美

1953年1月26日長野県生まれ。神奈川大学工学部卒業後、『週刊プレイボーイ』『月刊プレイボーイ』『Number』『Sportiva』ほかで活躍中の「アマチュアスポーツ」専門ライター。著書『誰よりも遠くへ―原田雅彦と男達の熱き闘い―』(集英社)『高橋尚子 金メダルへの絆』(構成/日本文芸社)『船木和喜をK点まで運んだ3つの風』(学習研究社)『眠らないウサギ―井上康生の柔道一直線!』(創美社)『末続慎吾×高野進--栄光への助走 日本人でも世界と戦える! 』(集英社)『泳げ!北島ッ 金メダルまでの軌跡』(太田出版)ほか多数。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント