“美女ファイター”RENAインタビュー
「女子格闘技やSBをもっと広めたい」
MMA初挑戦となるRENAにインタビュー
MMA初挑戦となるRENAにインタビュー【スポーツナビ】

 年末の12月29日、31日に行われる格闘技のビッグイベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS」。格闘技の新しい時代の扉を開く鍵となる大会で、“女子格闘技”にも注目が集まる。


 ここまで2試合の女子によるワンマッチが組まれているが、注目選手として挙げられるのが“美女ファイター”RENA。シュートボクシング(SB)の「Girls S−Cup」では4度の優勝を誇り、女子キック界では敵なしの存在となっている。今回は、MMAルールに初挑戦。対戦相手は“欧州女子キック界の新星”イリアーナ・ヴァレンティーノ。総合格闘技としては未知数となるが、美女ファイター同士による激しい戦いになることは間違いないだろう。


 今回はMMA初挑戦を控えたRENAにインタビュー。現在のコンディション、総合初挑戦に向けての心境などを聞いてみた。(取材日:12月3日)

左手のけがは回復している

左手のけがは順調に回復。けがとの付き合い方にはタフさが身についていると話す
左手のけがは順調に回復。けがとの付き合い方にはタフさが身についていると話す【スポーツナビ】

――RIZINでの試合が近づいてきました。ファンの方が気になるのは左手のけがの具合かと思いますが、回復具合はどうでしょうか?


 全然パンチはまだ打てない状態ですけど、普通にグー、パーできるようになりました。最初は曲げられない状態だったので、その点に関していえば、回復しているかなと思います。


――診断では全治6週間とのことですが、けがへの不安は?


 少しありますけど、今まで結構けがはあったので。今回も「骨は折れていないからいいや」みたいな。そういう感じになっています。


――けがに対してタフになっている?


 そうですね。その点は経験で補っているところですね。(笑)

MMA挑戦はSBのためであり、自分のため

最初は「ノー」だったMMAルールだが、「ここ最近、守る側の立場というか、挑戦をしていなかった」ことが決め手になった
最初は「ノー」だったMMAルールだが、「ここ最近、守る側の立場というか、挑戦をしていなかった」ことが決め手になった【スポーツナビ】

――改めてRIZIN参戦について伺います。出場を打診されたのはいつ頃ですか?


 正式にオファーを頂いたのは、(10月8日の)記者会見の少し前です。シーザー(武志)会長には話が来ていたようなのですが、会長から直接お話を頂いてからは、ずっと悩んでいた感じです。


――MMAルールと聞いた時の感想は?


 最初は完全なる「ノー」でした。でも会長から色々とお話をしていただいて、確かにここ最近、守る側の立場というか、挑戦をしていなかったなと。それを考えた時に、「挑戦したい」という気持ちが出てきて、タイミング的にすごく良かったのが出ようと思ったきっかけです。


――新しいことに挑戦してみたかったと?


 そうですね。それはシュートボクシングのためであり、そして自分のためで、このタイミングがベストなんじゃないかなと思いました。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント