羽生、構成変更は「圧倒的に強くなるため」
NHK杯男子SPトップ3会見

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦となるNHK杯が27日、長野で開幕し、男子ショートプログラム(SP)では、羽生結弦(ANA)が自身の世界最高得点(101.45点)を更新する106.33点で、首位に立った。

SPの世界最高得点を更新した羽生は「余韻を楽しみながら、リラックスした状態で明日に向けて頑張りたい」とフリーへの意気込みを語った
SPの世界最高得点を更新した羽生は「余韻を楽しみながら、リラックスした状態で明日に向けて頑張りたい」とフリーへの意気込みを語った【坂本清】

 羽生は冒頭の4回転サルコウ、続く4回転トウループからの連続ジャンプをともに成功させると、演技後半に配置したトリプルアクセルでは、高さのあるジャンプを見せる。4回転を2度跳ぶ演技構成に変えて挑んだSPで、勢いを落とすことなく見事に演じ切った。


 2位は今季シニアデビューしたばかりの18歳・金博洋(中国)。大技の4回転ルッツ−トリプルトウループを決め、95.64点の高得点をたたき出した。3位には、無良崇人(洋菓子のヒロタ)が、自己最高点となる88.29点でつけた。


 男子フリースケーティングは28日に行われる。

羽生「リラックスした状態で明日へ」

――今日のSPを終えての感想とフリーへ向けての抱負をお願いします。


羽生 まず、SPについては一生懸命、本当に本当にたくさん練習してきた成果がでたなと思います。今、ここにトレーシー(・ウィルソンコーチ)もいますけども、本当にトレーシーをはじめ、クリケット(クラブ)の先生方、ブライアン(・オーサーコーチ)、もっともっとたくさんいますけども、今まで見てくださった先生方、そして、たくさん応援してくださったお客様の皆様のおかげで良い演技ができたかなと思います。


 まずはショートで良い演技ができたので、五輪シーズンと同様に SPの余韻を楽しみながら、きょう1日を過ごして、リラックスした状態で明日に向けて頑張りたいなと思っています。


金博洋 今日のSPはよくできたと思います。まず3つのジャンプ、4回転ルッツも入っていましたが、良い出来だったと思います。そしてこのジャンプは練習の時と同じようにできたことがとても良かったと思います。中国杯の時と同様、明日のフリーも自分の出せるものを出せればと思います。


無良 まず、アメリカ大会から悔しい気持ちでこのNHKに挑んできましたが、本当にSPは練習をしてきた量も内容も本当に濃いものをして、ここに臨めていると思うので、こうやって評価をしっかり得ることができたことは良かったと思っていますし、それでもステップがレベル3だったり、あとは4回転の加点が取れていなかったりなど、まだまだ改善すべきところはあるので、またそれを次の試合につなげていければと思います。また明日しっかり最後までやりきることを目指して頑張りたいと思います。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント