【RIZIN】山本アーセンがヒクソン息子と対戦「日本人として負けたくない」

長谷川亮

山本郁榮氏はアーセンの「よさはひるまないこと」

山本一族vs.ヒクソン一族の構図となった、アーセンvs.クロンの試合が発表された 【長谷川亮】

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015」(12月29日・31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の記者会見が9日に都内で行われ、山本アーセンvs.クロン・グレイシーの一戦が発表となった。

 会見にクロンは欠席となったが、アーセンの祖父でミュンヘン五輪に出場した山本郁榮、クロンの父であるヒクソン・グレイシーも出席。レスリング界の名門・山本ファミリーと、世界に柔術を広めたグレイシー一族の激突となるが、それぞれ見守る立場から、「アーセンのよさはひるまないこと。戦うことは山本一族のDNAです。試合は面白い、手に汗握るものになると思います」(郁榮)、「チャンピオン同士の試合、MMAの将来を担うニュージェネレーションの試合になるでしょう」(ヒクソン)と、この試合にエールを送った。

ヒクソン「(RIZINは)真の戦いに近づく」

PRIDEを生み出すきっかけを作った高田本部長(右)とヒクソンが固く握手 【長谷川亮】

 高田延彦統括本部長はこのカードを、「非常にドラマチックな、分かりやすい、どのカードとも空気感や色合い、醸し出すものが違う、背筋が伸びるものを感じています。柔術のグレイシー一族とレスリングの山本一族、輝かしい実績を放ち続けてきた一族の誇りをかけた戦い」と興奮気味に紹介。試合に向けては「一族のため、己のために、終わった直後、見た人が『伝説の試合だった』というような、そんな戦い、香りを残してもらいたい」と大きな期待を込めた。

 かつてはその対戦でPRIDEを生み出すきっかけを作った高田本部長とヒクソンだが、この日は肩を並べて座り、終了後には笑顔を浮かべて固く握手。榊原信行実行委員長は「RIZIN」でヒクソンに何らかのポストを用意したいといい、1ラウンド5分・ポイントシステム・金網を採用する現行MMAには否定的なヒクソンも、リングを復活させる「RIZIN」を「真の戦いに近づく。現在のMMA業界では革新的」と評価する。

 かつて“黒船”として来襲したグレイシー一族が、時を経てMMAの未来のため日本格闘技界と結託――そんな感慨めいた思いも抱かせる会見であった。

 次ページより、会見出席者の主なコメント。

1/2ページ

著者プロフィール

長谷川亮

1977年、東京都出身。「ゴング格闘技」編集部を経て2005年よりフリーのライターに。格闘技を中心に取材を行い、同年よりスポーツナビにも執筆を開始。そのほか映画関連やコラムの執筆、ドキュメンタリー映画『琉球シネマパラダイス』(2017)『沖縄工芸パラダイス』(2019)の監督も。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント