IDでもっと便利に新規取得

ログイン

丸藤がGL初優勝でノア解散を阻止
12.23大田大会で王者みのるとGHC戦へ

優勝決定戦で丸藤がベンジャミンを撃破

鈴木軍のベンジャミンを下してGL初優勝を飾った丸藤はノア解散を阻止
鈴木軍のベンジャミンを下してGL初優勝を飾った丸藤はノア解散を阻止【前島康人】

 プロレスリング・ノア「グローバル・リーグ戦2015」最終戦となる8日の東京・後楽園ホール大会では、ノア解散がかかった大一番に、超満員となる1565人を動員。旗揚げ15周年記念興行となる12.23東京・大田区総合体育館大会へ向け、様々なドラマが生まれる中で、ノアが解散を免れ、鈴木軍へ反撃ののろしをあげた。

 メインイベントの 「グローバル・リーグ戦2015」優勝決定戦では、ノア最後の砦となる丸藤正道が、苦戦の末に鈴木軍のシェルトン・X・ベンジャミンを破り初優勝。12.23大田区で鈴木軍大将・鈴木みのるの保持するGHCへビー級王座に挑戦することが決定した。

変型エメラルドフロウジョンで執念の3カウント

ポールシフトの体制からエメラルドフロウジョンの形でマットに突き刺し執念の3カウント
ポールシフトの体制からエメラルドフロウジョンの形でマットに突き刺し執念の3カウント【前島康人】

 鈴木軍が優勝すればノア解散となるこの一戦。ベンジャミンとは、新日本プロレス「G1クライマックス」公式戦となる12年8.3後楽園で初対決し、ペイダートに敗れており、その身体能力には脅威を感じていた。

 ノアの選手、そして観客の期待と祈りを一身に背負った丸藤に対し、ベンジャミンはセコンド介入、鉄柵へのジャイアントスイング、エプロンへのパワーボムなどの反則行為でペースを握らせず。だが、丸藤はセコンドをドロップキックで蹴落とし、まとめてプランチャを浴びせると、さらにフロムコーナートゥコーナー、不知火・改といったここ一番の大技を解禁。虎王2連発から不知火を決め、さらにポールシフトの体制からエメラルドフロウジョンの形でマットに突き刺し、執念の3カウントをもぎ取った。

丸藤「もう一度、オレにチャンスをくれ」

みのるは「最後におまえがすべてを背負って出て来い」と丸藤を次期挑戦者に指名
みのるは「最後におまえがすべてを背負って出て来い」と丸藤を次期挑戦者に指名【前島康人】

 初優勝を決め、勝利者インタビューに華々しく応えようとする丸藤の前に現れたみのるは、「生き残ったのはおまえか。ここは王が立つ場所だ。オレに2回も負けた奴がいる場所じゃない」と見下すと、「最後におまえがすべてを背負って出て来い」と次期挑戦者に指名。だが、丸藤はこれに直接答えることなく、みのるに退場を促すと、「オレはあい つに認められたくて優勝したわけじゃない」と、観客に向かって「もう一度、オレにチャンスをくれ。必ずあいつからベルトを取り返して、皆さんにありがとうと言いたい」と、ノアファンに王座奪回を約束した。

 3.15有明コロシアム、5.10横浜文化体育館とみのるとのGHC戦で2連敗を喫し、再び自力でつかんだチャンス。「技の部分は変わってないけど、気持ちの部分で変わったもの。時の流れに身を任さず、自分で作る!」と、これまでの敗北を糧とし、自分の手で至宝を獲り返すと誓った。

みのるは弾丸ヤンキースに快勝

飯塚のアイアンフィンガーフロムヘルからのゴッチ式パイルドライバーで杉浦を沈めたみのる
飯塚のアイアンフィンガーフロムヘルからのゴッチ式パイルドライバーで杉浦を沈めたみのる【前島康人】

 みのるは飯塚高史と組んで、杉浦貴&田中将斗の弾丸ヤンキースに快勝。かつてはGHCタッグ王座にも君臨した実力者コンビに対し、みのるも一歩も引かず。田中と激しくエルボーを打ち合うと、杉浦のオリンピック予選スラムはレフェリーのシャツをつかんで阻止。飯塚のアイアンフィンガーフロムヘルからのゴッチ式パイルドライバーで勝利すると、「しょせんは予選落ち」とこき下ろし、ノア解散のかかったメインイベントに向け、「こんなクソみたいなところは飛んでなくなっちまえばいいんだ!」と吐き捨てた。

GHC王者組がカバナ組に不覚

GHC王者組から3カウントを奪取したカバナ
GHC王者組から3カウントを奪取したカバナ【前島康人】

 ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.のKESvs.コルト・カバナ&クリス・ヒーローのBIG IN USAによるシングル2戦は、アーチャー乱入による不透明決着や、GHCタッグタイトルマッチへの挑戦要求を受け、急きょタッグマッチに変更。ヒーローとアーチャーが共にムーンサルトプレスを狙って自爆するなど、ダイナミックな攻防の末、カバナがスーパーマンからのカバナ固めでスミスから3カウントを奪取した。

 ノンタイトル戦とはいえ、GHCタッグ王者として不覚を取ったスミスは「次のお前らにはラッ キーはない。BIG IN USA!次は地べたにはいつくばってもらうぞ。このGHCタッグ王座は絶対に渡さない!」とシャウト。アーチャーも「アメリカに戻りやがれ。ここは日本だ。キル・ユー!」と怒りを爆発させた。

欠場中デスペラードがGHC王者組を襲撃

欠場中のデスペラードがGHC王者組を襲撃
欠場中のデスペラードがGHC王者組を襲撃【前島康人】

 GHCジュニアタッグ王座を奪還した桃の青春タッグこと原田大輔&小峠篤司組は、タイチ&TAKAみちのく組と対戦。だが、欠場中のエル・デスペラードの乱入&イス攻撃により、原田がTAKAに3カウントを献上してしまった。

 10.4名古屋でのタイトルマッチで桃の青春タッグに敗れ、首を負傷したデスペラードは、怨みを晴らすとばかりに「ベルトはいらない。おまえらの首だけ寄越せ。ぶっ壊してやる」と復讐に燃えた。

 また、GHCジュニアヘビー級王座次期挑戦者決定戦では、石森太二がザック・セイバーJr.を450°スプラッシュで仕留めて挑戦権を獲得。「みんなの思いを背負って、ベルトをあるべき場所に戻したい」と訴える石森に対し、タイチは「なんで1回負けた奴とまたやらなきゃいけないんだよ」と不満顔で、「鈴木軍ジュニアは最強でーす」と勝ち誇った。

高木裕美

静岡県沼津市出身。埼玉大学教養学部卒業後、新聞社に勤務し、プロレス&格闘技を担当。退社後、フリーライターとなる。スポーツナビではメジャーからインディー、デスマッチからお笑いまで幅広くプロレス団体を取材し、 年間で約100大会を観戦している 。最も深く影響を受けたのは、 1990年代の全日本プロレスの四天王プロレス。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント