IDでもっと便利に新規取得

ログイン

柿谷曜一朗、模索する自分自身のあり方
スイス移籍から1年4カ月、現在の胸中

最高のスタートを切った矢先に……

新シーズンに向けて、柿谷は当たり負けしない体躯を手に入れた
新シーズンに向けて、柿谷は当たり負けしない体躯を手に入れた【元川悦子】

 今夏のオフに一時帰国し、身の振り方を模索していた時に指揮官交代の報が届いた。ウルス・フィッシャー新監督のもと心機一転、再出発を切ろうと決意を固めた柿谷は、スイスに戻ってキャンプに参加。出番を得られなかった昨季から続けていた走力強化の効果もあって、体重がセレッソ時代の67〜68キロから70キロにアップ。当たり負けしない体躯(たいく)も手に入れた。


 アピールを続ける柿谷を新指揮官も高く評価し、今季開幕戦のファドゥーツ戦では4−2−3−1の右MFでスタメン起用された。柿谷はダメ押しとなるチーム2点目を挙げて勝利に貢献し、最高のスタートを切ることに成功。しかし、そんな矢先にまさかのケガが襲った……。


「開幕1週間くらい前に左足を打撲して、痛みはあったけれど我慢してやってたんです。最初は血の塊が5センチくらいだったのが、開幕戦直後に20センチに広がり、しかも血が筋肉の隙間に入っていくという珍しい症状になってしまった。見た目も真っ白でフィジカルスタッフも驚いて、急きょ、MRIを撮りにいったら相当に悪化していた。


 結局、治るまでに1カ月近くかかり、その間に新しい選手が入ってきて試合に出るようになった。自分が戻った時には厳しい立場になっていた。ケガを抱えながらキャンプからやり続けたことは後悔していないんやけど……」


 その後も月1回ペースで負傷する悪循環が続き、フィッシャー監督から「お前は1度出たら絶対にケガするから」と皮肉交じりに言われる状況にさえ陥った。本人も「今年はこんなにかっていうくらいケガが多い。こんなのプロになって初めて」と苦渋の表情を浮かべるが、こればかりはどうにもならない。フィジカルコンディションの重要性をあらためて痛感させられる日々に違いない。

自分の哲学と指揮官の要求との折り合い

 開幕から4カ月が経過し、指揮官の要求も時間を追うごとに変化している。絶大な期待を寄せられていたシーズン当初は「攻撃は自由にやっていい」と言われていた柿谷だが、ここへきて「前へどんどん行け」と繰り返し指示されることが多くなった。しかし、柿谷は強引な突破力を前面に押し出すドリブラーではない。もちろんドリブルもできるが、状況を的確に判断しながらパスやシュート、裏への飛び出しを使い分けていくインテリジェンスと高度な技術を持った選手だ。そういう良さを指揮官が引き出してくれないのは、やはりストレスが募る。そこが最近の大きな悩みのようだ。


「サッカーは状況次第。もちろん行ける時は行くけど、ムリヤリに行けと言われても難しいところがある。今はそういうスタイルに合う縦にガンガン行けるやつが使われることが多くて、少し面白くないなと感じる。監督の要求に合わせることも大事やけど、やっぱり自分のプライドは失いたくないから」と柿谷は複雑な思いを口にする。


 自分の哲学と指揮官の要求をどうすり合わせていくか……。それはサッカー選手なら誰しも直面する問題だろう。例えば、ドイツで9シーズン目を迎えた長谷部誠は“鬼軍曹”と言われたフェリックス・マガト監督を筆頭に、多くの指揮官の無謀とも思える要求に必死に適応し、複数ポジションを柔軟にこなして、今の立場をつかんできた。柿谷はそういったことを器用にこなせるタイプではないから苦しむ。「俺は今まで監督に好かれてサッカーをやってきたことがほとんどない気がする。監督と向き合っていくのは、いつどんな時も難しいよね」と本人も苦笑していたくらいだ。

「ここで活躍できればベスト」

苦しい状況は続いているが、チームメートとの関係は良好だ
苦しい状況は続いているが、チームメートとの関係は良好だ【元川悦子】

 それでも異国に身を投じて以来、柿谷はコミュニケーションの大切さを痛感している。移籍当初は英語のレッスンに励み、今では監督と1対1でミーティングをこなせるレベルになっている。親友のスイス代表MFルカ・ズッフィを筆頭にチームメートとの関係も良好だ。同じポジションを争う関係にある18歳のスイスFWブリール・エンボロなどはすっかり柿谷になついている様子だった。


 やはりサッカーは1人でできるものではない。重要なのは、周囲との意思疎通をしっかりと図り、自分がプレーしやすく居心地のいい環境を作ること。柿谷はその努力を怠ってはいない。


「この状態が続くなら、いつかは監督とも話をした方がいいと思ってる。監督はいつも『お前には期待している』と言ってくれてるけれど、どこかで自分なりの判断を下さなきゃいけない時が来るかもしれないよね。だからと言って、自分に残された時間が少ないわけじゃない。バーゼルとの契約は4年あるし、ゆっくり考えたい。やっぱり一番なのは『自分が正しいかどうか』とかじゃなく『一番やりたい』と思うこと。それが今はバーゼルやから。ホンマ、何年もおるようなチームやと思うし、町にもチームメートに慣れた。ここで活躍できればベストだよね」


 現状は決して楽観できる状況ではないが、日本の喧騒から離れて自分自身を客観視したこの1年4カ月は決してムダではなかったはず。ここで蓄えたエネルギーと経験はいつかきっと彼の再浮上に生かされるだろう。柿谷が再び華やかな舞台で躍動する日が少しでも早く訪れることを願ってやまない。

元川悦子
元川悦子

1967年長野県松本市生まれ。千葉大学法経学部卒業後、業界紙、夕刊紙記者を経て、94年からフリーに。Jリーグ、日本代表、育成年代、海外まで幅広くフォロー。特に日本代表は非公開練習でもせっせと通って選手のコメントを取り、アウェー戦も全て現地取材している。ワールドカップは94年アメリカ大会から5回連続で現地へ赴いた。著書に「U−22フィリップトルシエとプラチナエイジの419日」(小学館刊)、「蹴音」(主婦の友社)、「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年」(スキージャーナル)、「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」(日本放送出版協会)、「僕らがサッカーボーイズだった頃』(カンゼン刊)、「全国制覇12回より大切な清商サッカー部の教え」(ぱる出版)、「日本初の韓国代表フィジカルコーチ 池田誠剛の生きざま 日本人として韓国代表で戦う理由 」(カンゼン)など。「勝利の街に響け凱歌―松本山雅という奇跡のクラブ 」を15年4月に汐文社から上梓した

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント