IDでもっと便利に新規取得

ログイン

仲間が記憶する羽生結弦の小中学生時代
諦めずに練習する姿、リンク外の表情

羽生がスケートを始めた地・仙台

羽生結弦はスケートを仙台で始めた。小中学生のころには頭角を現していた
羽生結弦はスケートを仙台で始めた。小中学生のころには頭角を現していた【写真:アフロスポーツ】

 仙台のあちこちで、羽生結弦(ANA)を見た。薬局で、本屋で、ポスターをみかけ、飲食店で、雑誌の表紙になっているのを目にした。

「やっぱり、地元のヒーローだからね」

 とある店主は笑った。


 羽生は、この地に生まれ育った。スケートを仙台で始めた。今や世界のトップスケーターに上りつめた原点がここにある。


 羽生が小中学生の頃を知る一人に、吉田鷹介がいる。羽生の2学年下になる。


「幼稚園のときに、お試し体験みたいなのでスケートのイベントに参加して興味を持ちました。本格的に始めたのは小学校2、3年生の頃です」


 こうフィギュアスケートとの出会いを語る。小学6年生のときには野辺山合宿に参加、中学生になると全国大会に出場するなどの経歴を持つ。

 羽生を知ったのは、大会での姿だった。


「私が宮城FSCに入った頃、羽生君はまだ勝山のクラブにいました。違うクラブだったけれど、大会のときなどに見る機会はあって、すごくうまいな、と思ったのを覚えています」

仲間の印象に残る、羽生の失敗する姿

 その後、羽生が宮城FSCに移ってきた。同じリンクで滑っているさまを見ると、あらためて思った。

「とにかく、ずば抜けてうまかった」


 驚いたのはその練習っぷりだった。

「とにかく、練習のときの集中力がすごかったですね。オンとオフの切り替えも上手でした。始まる前とかに時間があると、みんなでわいわい遊んでいることもありましたが、練習が近くなると、練習に備えている雰囲気に変わるんです。そして練習となると、とにかく集中しているのが分かりました」


 同時に心に残っていたことがあった。

「やっぱり練習なので、失敗することもありますよね。でも失敗すると、何回も何回も、チャレンジしていた。繰り返し繰り返しやっていて、ぜんぜん諦めないんです」

仲間たちの心には、競技会での演技を支える羽生の練習姿が印象に残っている
仲間たちの心には、競技会での演技を支える羽生の練習姿が印象に残っている【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 練習での姿が心に留まっているのは、吉田に限らない。羽生の3学年下の花城桜子もそうだ。


 花城は小学4年生のときに勝山のクラブに入り、5年生に上がるとき宮城FSCに移った。そのとき、すでに羽生がいた。


「イナバウアーとかビールマンスピンとかをやろうと、お父さんと一緒に柔軟とかストレッチをすごく頑張っていました。男の子って、女の子よりも体が硬いじゃないですか。でも、そこに挑戦していてすごいなと思いました。クラブの練習に加え、自主練習とかもゆづ君は頑張っていました。お姉さんと一緒に来ていましたが、表現とかステップとかお姉さんが厳しく教えていました。『ここをこうしたら』という感じで」


 花城もクラブで一緒になる前から、大会での滑りを見て「すごいな」と感じていたが、練習では別の印象も抱いた。

「大会ではとても上手でした。でも、練習ではジャンプとかけっこう失敗していました。転んで転んで、いつ降りているのかなというくらい失敗していました」


 同時に印象に残ったことがあった。

「できなくても諦めない。とことん、やっていました。失敗してもやめなかったですね」

松原孝臣

1967年、東京都生まれ。フリーライター・編集者。大学を卒業後、出版社勤務を経てフリーライターに。その後「Number」の編集に10年携わり、再びフリーに。五輪競技を中心に執筆を続け、夏季は'04年アテネ、'08年北京、'12年ロンドン、冬季は'02年ソルトレイクシティ、'06年トリノ、'10年バンクーバー、'14年ソチと現地で取材にあたる。著書に『高齢者は社会資源だ』(ハリウコミュニケーションズ)『フライングガールズ−高梨沙羅と女子ジャンプの挑戦−』(文藝春秋)など。7月に『メダリストに学ぶ 前人未到の結果を出す力』(クロスメディア・パブリッシング)を刊行。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント