sportsnavi

ヨット最高峰「アメリカズカップ」とは
世界最古の大会に臨むソフトバンクの挑戦

ソフトバンク・チーム・ジャパンが参戦

アメリカズカップ参戦を表明し、戦いを始めているソフトバンク・チーム・ジャパン
アメリカズカップ参戦を表明し、戦いを始めているソフトバンク・チーム・ジャパン【Getty Images】

 2017年6月に開催されるヨットの世界大会「第35回アメリカズカップ」。このアメリカズカップには「ソフトバンク・チーム・ジャパン」が日本のチームとしては2000年大会以来、15年ぶりに参戦している。


 現在はアメリカズカップ本戦に先立ち、その前哨戦とも言える「ルイ・ヴィトン アメリカズカップ・ワールドシリーズ」(以下ワールドシリーズ)が開催されており、7月に第1戦のポーツマス大会(イギリス)、8月に第2戦のヨーテボリ大会(スウェーデン)を消化。そして2015年のワールドシリーズ最終戦となる第3戦が、現地時間10月17日から北大西洋のバミューダ諸島にて2日間にわたって繰り広げられる。


 もちろんアメリカズカップに挑戦しているソフトバンク・チーム・ジャパンも第1戦からエントリーしている。現在ワールドシリーズには、全部で6つのチームが参戦。ソフトバンク・チーム・ジャパンは参加表明が2015年4月と6チームのなかでは最も遅いタイミングの急造チームながら、第2戦目まで終えたポイント獲得ランキングでは4位にランキングしている。


第2戦目までの獲得ポイント

1位:エミレーツ・チーム・ニュージーランド(ニュージーランド)/72ポイント

2位:ランドローバー・BAR(イギリス)/65ポイント

3位:オラクル・チーム・USA(アメリカ)/64ポイント

4位:ソフトバンク・チーム・ジャパン(日本)/56ポイント

5位:アルテミス・レーシング(スウェーデン)/53ポイント

6位:グルパマ・チーム・フランス(フランス)/50ポイント


 上位までのポイント差はあまりなく、バミューダで予定されている全4レースの結果次第では下位チームにも逆転の可能性は十分にある点差だ。


 また第3戦の会場のバミューダ諸島は、2017年6月に開催されるアメリカズカップ本戦の開催地ともなっており、本戦へ向けて重要な一戦と言える。ちなみに、ワールドシリーズは前述のように2015年が全3戦、2016年のカレンダーは未定だが、シカゴをはじめ2015年よりも多い大会数が予定されている。

アメリカズカップの歴史

現在ワールドシリーズに参加している「オラクル・チーム・USA」(中央)がチャンピオンとしてカップ保持者となっている
現在ワールドシリーズに参加している「オラクル・チーム・USA」(中央)がチャンピオンとしてカップ保持者となっている【Getty Images】

 日本ではセーリング競技がメジャーではなく、ヨットレースの知名度も低いが、実はアメリカズカップは、優勝カップを争うスポーツの世界大会としては世界最古。1851年にロンドンで開催された第1回万国博覧会の記念行事として、イギリスのワイト島で開催されたレースが発祥となっている。ちなみにサッカーのワールドカップ初開催は1930年なので70年以上、近代オリンピックは1896年の開催なので40年以上の差があり、いかに歴史あるスポーツ大会かが分かる。


 1851年に開始された大会に参加したのは全部で15艇。そのうち14艇が地元イギリスのチームで、残りの1艇が大西洋を越えて参加したアメリカチームだった。当初の下馬評では、現地の気象や海流などの知識がある地元イギリスチーム同士の優戦争いになると思われたが、予想を覆し、ほかのイギリス艇を引き離したアメリカチームが断トツでトップフィニッシュ。用意されたカップはアメリカチームが獲得し、アメリカ本土まで持って行ってしまった。


 これが、第1回大会がイギリスで開催されたものの「アメリカズカップ」と呼ばれている由縁となっている。


 カップを持ち帰ったアメリカチームは、ヨットクラブがカップを所持するとともに、世界中のヨットクラブからこのカップを獲得するための挑戦を受けるというルールを策定。これが現在まで続くアメリカズカップの基本となっている。今回日本から挑戦しているソフトバンク・チーム・ジャパンも新西宮にある「関西ヨットクラブ」が母体となっている。


 一方、カップを奪われたイギリスとしては、当時世界最高の海洋国としての威厳を見せるために開催したレースで、新興国家のアメリカに面子とプライドを完全にたたきつぶされた結果となった。以降、海洋国の威厳とプライド、そしてカップを取り返すためにアメリカに挑戦し続けるが、ことごとく敗退。ティーバッグの紅茶で有名なサー・トーマス・リプトンもアメリカズカップに魅了されたひとりとして、カップ奪回の敗退者リストに名前を残している。


 結局アメリカチームは1983年の第25回大会でオーストラリアに敗れるまで、132年間も勝利し続けカップを保持。1987年の第26回大会でアメリカがカップ奪回するものの、その後ニュージーランド、スイスへとカップは移動。2010年の第33回大会でアメリカが3度目のカップ獲得に成功し、現在ワールドシリーズに参加している「オラクル・チーム・USA」がチャンピオンとしてカップ保持者となっている。

中山智
中山智
1974年生まれ。本業はITやモバイル業界をメインに取材・執筆をしているフリーライター。海外取材も多く、気になるイベントはフットワーク軽く出かけるのがモットー。大学在学中はヨット部に所属し、卒業後もコーチとしてセーリング競技に携わっている。アメリカズカップのリポートをとおして、セーリング競技に馴染みのない人たちへヨットの認知度アップを狙っている

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント