不振ホンダは責任問題にどう対処する?
新リーダー指名で姿勢を見せるか

シーズン前の目標には遠く及ばず

苦戦が続くマクラーレン・ホンダに欧州メディアは厳しい。批判にさらされるホンダは今後どのように対応するのか
苦戦が続くマクラーレン・ホンダに欧州メディアは厳しい。批判にさらされるホンダは今後どのように対応するのか【写真:ホンダ】

 10月9〜11日に行われたロシアGPでマクラーレン・ホンダはジェンソン・バトンが9位、フェルナンド・アロンソが11位に終わった。アロンソはポイント圏内の10位でフィニッシュするも、走行ライン制限を守らなかったとして5秒加算のペナルティーを科されて11位に降格。1ポイント獲得のチャンスを逃した。


 マクラーレンにパワーユニット(PU)を供給するホンダは、このロシアGPで残り4枚となっていたトークンをすべて使用し、最後のアップデートを行った(アロンソがフリー走行1で使用し、結果は14位)。2014年から新たに加わった「トークン」という仕組みは、高騰する開発費用を抑制するために導入されたもので、PUを42にわたる要素と66のトークンに分割されている。各PU供給メーカーは、FIA(国際自動車連盟)が決定したトークン数に限って改良が認められている。


 ロシアGPで、チームは「大きな前進があった」と手応えを示したものの、2台のマシンは予選Q2に進出するのがやっと。決勝レースでは2台ともトップ10入りしたが(アロンソの正式順位は11位)、最終ラップに接触して12位になったバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、マシントラブルでリタイアとなったニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)、さらにはカルロス・サインツ(トロロッソ)やロマン・グロージャン(ロマン・グロージャン)といった具合に、入賞常連組のリタイアによって繰り上がった結果という感が強い。


 シーズン前にホンダのF1プロジェクト総責任者である新井康久氏が公言していた、「日本GPあたりでは表彰台争いがしたい」という目標には、日本GPはおろか、その次のレースでも遠く及んでいないのが現状だ。

メディアに攻撃される総責任者の新井氏

ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める新井康久氏。不振の責任から「チームは更迭を要求」という報道も出ているが……
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める新井康久氏。不振の責任から「チームは更迭を要求」という報道も出ているが……【Getty Images】

 不振に苦しむときは、どんなチームも不況和音やネガティブなニュースが周囲を騒がすもの。実際、欧州メディアは新井氏を囲み取材などで総攻撃していて、最近では「マクラーレンは新井氏の更迭をホンダに求めた」という報道もされている。日本GPでアロンソが「GP2エンジンだ!」と叫んだ無線が公開され、ドライバー2人からも時折ネガティブな発言が出てくると、マクラーレンとホンダは両者の関係は強固だと主張したが、そう言えば言うほど、周囲の目は厳しくなっている。


 というのも、常勝軍団だったマクラーレンは13年から未勝利が続いており、1966年のチーム設立以来4度目、13年シーズン以来の表彰台ゼロ(過去3度の表彰台ゼロは66年、67年、80年)に終わりそうだからだ。かつて黄金時代を築いた“マクラーレン・ホンダ”がプライベーターチームにも劣るコンストラクターズ9位という惨状は、当のホンダを含め、誰も予想していなかったはず。


 こうした厳しい状況に陥ると、レースにおける日本の企業文化と欧米のレース文化との違いがハッキリとしてくる。ホンダやトヨタといったF1に挑戦した日本企業は、中長期的な戦略で人事を組んでいて、不振の責任を取って幹部人事の変更があることは少ない。F1はあくまでも日本本社から見て、活動のひとつであり、小さな部門でしかないからだ。当然、本社全体を見渡した定期的な人事発令が優先される。

不振の責任取って代表辞任がF1の常識

 一方、F1パドックの多くのチームは英国流が主体で、テクニカルディレクター、チーフデザイナーといった幹部職が不振の責任を取って辞任することは当たり前。さらに、その人脈で引き連れてきたスタッフもチームを離脱していく場合が多い。なぜなら、彼らは大企業に所属しているのではなく、レースという産業に所属しているからだ。


 ひとつ例を挙げれば、96年にベネトンからフェラーリに移籍したミハエル・シューマッハに合わせるようにして、ロス・ブラウン、ロリー・バーンなどの中心人物が共に離脱していった(その後も現フェラーリのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンが00年にベネトンからフェラーリへ移籍するなど、多くの中核スタッフがフェラーリに引き抜かれた)。


 当然、チームの舵取り役である代表であっても、不振の責任を負う。12年にウィリアムズのチーム代表を辞任したアダム・パー(代表在籍3年)、14年に辞任したマクラーレンのマーティン・ウィットマーシュ(代表在籍6年)とフェラーリのステファノ・ドメニカリ(代表在籍7年)がそうだ。ドメニカリの後を引き継いだマルコ・マティアッチはわずか7カ月でチーム代表の座を追われている。就任初年度の08年にコンストラクターズチャンピオンに輝いたドメニカリ以外、誰もタイトルは獲得していない。しかも、ドメニカリの成功は前任者のロス・ブラウンの遺産というのが正直なところだ。歴史をひも解けば、レースの世界では「勝者以外は全員敗者」という厳しい一面がハッキリ表れている。

田口浩次

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント