IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本代表、4年後のメンバーは?
ラグビーW杯を目指す選手たち

 ラグビーワールドカップイングランド大会でエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)が率いる日本代表は、優勝候補の南アフリカ代表を破るなど3勝1敗の好成績を残した。勝ち点の差により、決勝トーナメント進出はならなかったが、ブレイブブロッサムズ(勇敢なる桜の戦士)と呼ばれた男たちのプレーは、国内外から称賛された。


 4年後にはワールドカップが日本で行われる。全国12カ所で行われる日本大会で、どのような選手たちが桜のジャージを身にまとうのか。ポジションごとに考察する。

左PR(背番号1)、HO(背番号2)、右PR(背番号3)

ハンマー投げから転向し、ラグビー日本代表を狙う知念(東芝)
ハンマー投げから転向し、ラグビー日本代表を狙う知念(東芝)【赤坂直人】

 左PRでは、今大会に出場した三上正貴(27歳/東芝)、稲垣啓太(25歳/パナソニック)が大きく成長した。4年後も日本代表に選ばれる可能性は十分にある。


 今後の代表入りが期待されるのはスクラムが強い山本幸輝(24歳/ヤマハ発動機)、PRとは思えない走力がある森川由起乙(22歳/サントリー)らが挙げられる。

 また、ハンマー投げから転向し、本格的にラグビーを始めて1年半の知念雄(24歳/東芝)がどこまで伸びるか。プレシーズンゲームでは早くもスクラムトライを奪うシーンもあり、潜在能力は計り知れない。


 HOで今大会に選ばれたのは堀江翔太(29歳/パナソニック)、木津武士(27歳/神戸製鋼)、湯原祐希(31歳/東芝)の3人。世界トップレベルの選手として認められた堀江は、ケガさえなければ4年後の代表でもリーダー的な役割が求められるだろう。


 代表合宿に参加経験がありながら、今回のW杯に出場できなかった坂手淳史(22歳/帝京大)は、日本ラグビー界屈指の強烈なタックルが魅力。セットプレーが安定すれば、代表入りが見えてくる。


 右PRは畠山健介(30歳/サントリー)、山下裕史(29歳/神戸製鋼)が今大会に出場した。経験豊富な同学年の2人が4年後も代表にいれば心強いが、若手の成長も求められる。


 今大会を前に代表を外れた垣永真之介(23歳/サントリー)や、渡邉隆之(21歳/東海大)は早い段階で代表に入ってレギュラー争いに絡みたい。125キロの体格を誇る平野翔平(22歳/東海大)、ジュニアジャパンで活躍した具智元(21歳/拓殖大)にも期待がかかる。

LO(背番号4、5)

大会直前に代表を外れた身長197センチの宇佐美(奥/キヤノン)
大会直前に代表を外れた身長197センチの宇佐美(奥/キヤノン)【赤坂直人】

 今大会には大野均(37歳/東芝)、伊藤鐘史(34歳/神戸製鋼)、トンプソン ルーク(34歳/近鉄)、アイブス ジャスティン(31歳/キヤノン)、真壁伸弥(28歳/サントリー)とベテランが多く入った。


 大会直前に代表を外れた身長197センチの宇佐美和彦(23歳/キヤノン)は、ジョーンズHCに足りないと指摘された「激しさ」を身につけることができるか。帝京大で活躍した194センチの小瀧尚弘(23歳/東芝)はスピードがあり、リーチ マイケルと同じ道を進んでいるテトゥヒ・ロバーツ(21歳/東海大)は190センチの長身ながら、しなやかなステップが魅力。

FL、No.8(背番号6、7、8)

パワフルな突進が持ち味の堀江(ヤマハ発動機)
パワフルな突進が持ち味の堀江(ヤマハ発動機)【赤坂直人】

 今大会はリーチ マイケル(27歳/東芝)、ホラニ龍コリニアシ(33歳/パナソニック)、マイケル・ブロードハースト(28歳/リコー)、ツイ ヘンドリック(27歳/サントリー)、アマナキ・レレィ・マフィ(25歳/NTTコム)が出場。


 抜群の統率力でチームをまとめたリーチは、2大会連続で主将を務める可能性もある。爆発力をアピールしたマフィのさらなる成長にも期待。


 大会前に代表を外れた村田毅(26歳/NEC)は低く、激しいプレー、堀江恭佑(25歳/ヤマハ発動機)は持ち前の力強さをアピールしたい。山本浩輝(22歳/東芝)、徳永祥尭(23歳/東芝)、長谷川崚太(22歳/大東大)、飯野晃司(21歳/帝京大)はサイズがあり、走力も十分だ。

 178センチの布巻峻介(23歳/パナソニック)、177センチの金正奎(24歳/NTTコム)、175センチの藤田貴大(22歳/東海大)ら、小柄な選手の奮闘にも注目が集まる。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント