ペネッタがイタリア対決を制し初優勝
セレモニーで引退を表明=全米OPテニス
  • WOWOW
イタリア対決を制したペネッタ(右)が全米OP初優勝を飾った
イタリア対決を制したペネッタ(右)が全米OP初優勝を飾った【写真:ロイター/アフロ】

 テニスの全米オープン女子シングルス決勝が行われ、第26シードのフラビア・ペネッタ(イタリア)が準決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)を倒したノーシードのロベルタ・ビンチ(イタリア)を下し、初のメジャータイトルを手にした。イタリア女子の全米オープン優勝は初めてで、グランドスラムでは2010年に全仏オープンを制したフランチェスカ・スキアボーネ以来となる。


 グランドスラムで初のオールイタリアン決勝は、その他でも異例の顔合わせだった。初めての決勝同士の対戦は全米オープンでは初めて、どちらが勝ってもメジャー初優勝の最年長記録となる。ペネッタが身長172センチ、体重58キロ、ビンチは163センチ、60キロと、パワーテニス時代としてはこれも異例な華奢な体格の対決になった。

物静かな探り合いから粘りのラリー戦へ

タイブレークにもつれ白熱の第1セットをペネッタが制した
タイブレークにもつれ白熱の第1セットをペネッタが制した【写真:ロイター/アフロ】

 ともに南イタリア出身で年齢は1歳違い。手の内は知り尽くしているだけに、立ち上がりは物静かな探り合いだ。ビンチはバックハンドが片手打ち、ペネッタは両手打ち。ペネッタが執拗(しつよう)にバックハンドを打たせてからフォアにダウンザラインを打ち込む作戦ならば、ビンチはバックのスライスを辛抱強くベースライン深くにコントロールする。エースとウィナーが交錯するハードコートの熱戦とは違う、2万3000人が入っているとは思えない静かな雰囲気で試合は進んだ。


 先にチャンスをつかんだのはペネッタだ。第5ゲームに15−40のブレークチャンスからグイグイと追い込み、ビンチはここで6本までブレークポイントをかわしたが、7本目についにブレークされた。ペネッタは一気に沈めにかかった。しかし、ビンチは第8ゲームの40−15から追い上げ、このセットで唯一のブレークポイントをものにしてブレークバックした。どちらも勝てるチャンスを信じた、粘りのラリー戦は迫力があった。そのままタイブレークにもつれ込み、短期勝負になればサーブ、ショットともに威力で優るペネッタが有利。左右に際どく打ち分けるビンチの集中力も限界が近づき、ペネッタが第1セットを奪った。

次世代へ転換する狭間の大会

前日にセリーナとの激闘を終えたばかりのビンチ。第2セットは一方的な展開となった
前日にセリーナとの激闘を終えたばかりのビンチ。第2セットは一方的な展開となった【写真:ロイター/アフロ】

 前日にセリーナとの激闘を終えたばかりのビンチは心身ともに目いっぱい。ここで緊張の糸は切れたようだ。第2セットは一方的で、ストレートで決着がついた。ペネッタは表彰のインタビューの中で「1カ月前から、これが最後のニューヨークと決めていた」と引退を表明する。これもまた、異例の幕引きになった。


 今年のグランドスラムはすべて終わった。セリーナが全豪オープンから全仏、ウィンブルドンと制し、年間グランドスラムが話題になった最後の全米オープンは、イタリアのベテラン勢の対決という意外な結末――セリーナの全仏、ウィンブルドンの内容がよくなかったにもかかわらず、昨年活躍したユージェニー・ブシャール(カナダ)、ガルビネ・ムグルザ(スペイン)といった若手は伸び悩み、セリーナの不安定さに付け入ることができなかった。


 決勝進出が初めて同士、まして1人は引退を決意しているベテラン対決になった今大会は、“セリーナ1強時代”から次世代へ転換する狭間の大会、そんな印象を受けた。イタリアのテニスは派手な選手こそ出てこないが、女子国別対抗戦のフェド杯では06年から4度もワールドグループ優勝を果たしている。ペネッタもビンチも、テニス協会の育成システムから育った選手だ。関係者の地道な努力が思わぬ形で花を咲かせた。


(文:武田薫)

◆◆◆ WOWOW番組情報 (PR)◆◆◆


 WOWOWでは8/31(月)〜9/14(月)まで、全米オープンテニスを連日生中継という圧倒的なボリュームでオンエア。また、9/18(金)〜9/20(日)まで、錦織圭出場の「男子テニス国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ プレーオフ コロンビアvs日本」をお届けする。


 詳しくは、以下へ。

WOWOW

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント