sportsnavi

粘りの秋田と緻密さの浜松・東三河
DREAMGAMESに臨むbjリーグ勢

 大田区総合体育館で行われる、ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)、ターキッシュエアラインズbjリーグ(bjリーグ)それぞれの2014−15シーズン優勝・準優勝チーム同士の対戦「リサイクルショップ ベクトル presents NBL×TKbjリーグ DREAM GAMES」が9月13日に開催される。


 対戦カードはトヨタ自動車アルバルク東京(NBL準優勝)vs.秋田ノーザンハピネッツ(bjリーグ準優勝)、アイシンシーホース三河(NBL王者)vs.浜松・東三河フェニックス(bjリーグ王者)の2試合。両リーグのプライドを懸けた戦いは、熱戦必至。頂上決戦を前に、この試合に臨む両リーグのチームの現状と意気込みを2回に分けてお届けしたい。今回は、bjリーグサイドから昨シーズン4年ぶりにリーグ最多3度目のチャンピオンシップを獲得した、浜松・東三河フェニックス。そして、チャンピオンシップを懸けた戦いで惜しくも敗れ、準優勝に輝いた、秋田ノーザンハピネッツの2チームを紹介する。

スピード感溢れる秋田のプレー

スピード感溢れ、コート全体を広く使いながらのプレーが持ち味の秋田。日本代表候補にも選出された田口(中央)を中心に勝利を目指す
スピード感溢れ、コート全体を広く使いながらのプレーが持ち味の秋田。日本代表候補にも選出された田口(中央)を中心に勝利を目指す【写真提供:bjリーグ】

 bjリーグから「DREAM GAMES」の第1試合に登場するのは、2シーズン連続でファイナルの舞台で苦渋を飲んだ秋田。スピード感溢れ、コート全体を広く使いながらプレーしているのが持ち味のチーム。ボールを持った瞬間に、猛然と相手コートにボールを押し進め、短い時間でスコアを重ねていく。サッカーで言うと、カウンターアタックが非常にうまいという表現が正しいであろう。


 そして、流れを変える時は必ず豪快な3Pシュートを沈め、一本のシュートでゲームを自分達の流れに引き戻していく。どんなに点差が開いていても、いつの間にか追いついている、なんてことが当たり前のようにあったりするのだ。


 そんなチームの中で注目してほしいのは、クイックモーションでロングレンジからのシュートを次々に沈めるプレースタイルが持ち味で、初めて日本代表候補にも選出された#5田口成浩。日々、努力に努力を重ね、全国大会の経験がないながらも日本代表候補まで登り詰めたピュアシューターだ。アーリーエントリー(ドラフト会議を経ずに入団する制度)で秋田に入団後メキメキと実力を付けて、ついには「日の丸」をつける選手にまで成長した。


 ここ最近はドライブで果敢に仕掛けて得点を重ねていくなどプレースタイルの幅も広がり、コート内外でチームを引っ張る精神的支柱ともいえる存在だ。田口は今回のゲームに関して、「ブースターの皆さんも興味を持たれているかと思いますが、自分も同じくらい楽しみにしています。良い戦いができればいいなと思っています。一生懸命にやるだけです」と力強いコメントを残してくれた。

ブースターとともに勝利を目指す

秋田を率いるのは日本バスケ界の一時代を築き、スタープレーヤーであった長谷川HC
秋田を率いるのは日本バスケ界の一時代を築き、スタープレーヤーであった長谷川HC【写真提供:bjリーグ】

 そして、その田口とともにシューターとして期待されているのが、#14大塚裕土。北海道出身で、東海大学付属第四高校から名門の東海大学へと進んだエリート選手。プロ生活をスタートしてからも、その非凡な才能で3P成功率のリーグランキングに入るなど、シュートセンスは抜群だ。本来はクールな一面を見せることが多い選手だったが、昨シーズンからはコート上で闘志を前面に押し出す姿が見られるようになり、精神的にも一皮剥けた。


「来年のリーグ統合に向けて、このような試合ができることをうれしく思います。秋田の良さをしっかり出していきたい」と「DREAM GAMES」への想いを口にした。


 今シーズン新加入したプレーヤーにも注目してほしい。スラムダンク奨学金で海を渡り、バスケの本場、米国のカレッジでプレーをした日本バスケ界期待のオールラウンドプレーヤー#55谷口大智だ。201センチの身長を生かしたインサイドプレーに加え、ミドルレンジからのシュートも非常にうまく、どのポジションでもプレーすることができる逸材だ。


 外国籍選手では、秋田で3シーズン目を迎えチームの中心的選手となった#15リチャード・ロビーが輝きを放つ。昨シーズンはリーグベスト5にも選出され、今シーズンもチームのけん引役として活躍が期待される。


 チームを率いるのは日本バスケ界の一時代を築き、スタープレーヤーであった長谷川誠ヘッドコーチ(HC)。「まずは今回決まった新リーグ、そして(来年から)同じ1部のチームとして、対戦する機会をいただけたことに感謝しています。われわれがどこまでできるのか、現時点での自分たちの力を精一杯出し切って、勝利を目指してゲームに臨みたいと思います」と虎視眈々(たんたん)と勝利を狙っている様子。


 その秋田には熱狂的なブースター達が、最後の選手としてひかえている。全身全霊でチームに声援を送り、遠いアウェーのコートにも多くのブースターが集結しチームとともに戦う。彼らは今回も大田区総合体育館に大集結してくれることだろう。ぜひピンクな熱を会場で感じていただきたい。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント