IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自信を深めるエディージャパン
ラグビーW杯直前リポート

FWの強いジョージアと互角に戦う

ジョージア代表から逆転トライを奪い、喜ぶ日本代表
ジョージア代表から逆転トライを奪い、喜ぶ日本代表【斉藤健仁】

 フィジカルバトルで見事、互角に戦った。ラグビー日本代表は、ワールドカップ前の最後の試合としてジョージア(旧名グルジア)代表と戦い、13対10の逆転勝利を収めた。


 ジョージア代表は昨秋、国際試合11連勝を止められた相手で、しかもW杯の予選プール2試合(9月23日のスコットランド代表戦と10月11日のアメリカ代表戦)が行われるイングランド・グロスターのキングスホルムスタジアムで開催された。細やかなところに、W杯経験豊かな日本代表エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)の配慮が見て取れる。


 W杯直前の試合は、大きな収穫があった。まずポジティブな面は、やはりFW戦でしっかりと戦えたこと。ジョージア代表はFWの選手のほとんどがフランスでプレーしており、個々の選手は強靱(きょうじん)な肉体を持ち、特にスクラムでは世界有数の強さを誇っている。W杯でセットプレーに自信を持つ、南アフリカ代表、スコットランド代表と戦う日本代表にとっては、絶好の「テストマッチ」となった。

復帰戦のマフィが逆転トライ

FW陣がスクラム、モールで奮闘した
FW陣がスクラム、モールで奮闘した【斉藤健仁】

 ブレイブブロッサムズ(勇敢なる桜の戦士/日本代表の愛称)は、3年前、昨年と秋の欧州遠征でジョージア代表と対戦。3年前は僅差で勝利したが、昨年は敗戦。特に昨年の対戦ではスクラムで反則を繰り返し、ゴール前からモールでトライを許すという悪い流れを断ち切れなかった。


 だからこそ、FW陣は燃えていた。この春からスクラムとモールを鍛え、フィジカルは4年間継続して強化し続けてきた。ジョージア代表は2日にカナダ代表と試合をしていたが、FWの先発と控えを合わせたメンバーの多くは、昨秋の試合にも出場していたメンバーであった。日本代表最多キャップ94を誇るLO大野均(東芝)は「昨年はFWでやられた。スクラム、モールで勝てば試合に勝てる」という決意で臨んだ。


 試合開始早々、日本代表は中盤にも関わらず、マイボールラインアウトからモールを形成し、しっかりと押し込んだ。そして後半37分、日本代表の復帰戦となったNo.8アマナキ・レレィ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)の逆転のトライもモールをしっかり組んで、最後はタッチライン際に回すようにして押し込んだ。明らかに成長の跡が見られた。ジョーンズHCも「ジョージア相手に、モールでトライを取れるなんて不思議に思ったのではないでしょうか?」と破顔した。

「美しさ」さえあったスクラム

低く、8人一体で組み込むスクラム。堀江は「対等に組めていた」とコメント
低く、8人一体で組み込むスクラム。堀江は「対等に組めていた」とコメント【斉藤健仁】

 スクラムも相手に手も足も出なかった姿はそこにはなかった。反則を取られることもあったが、しっかりと組み込んだときはボールが出ていた。後半11分には相手ボールのスクラムさえターンオーバーした。驚きだった。重馬場のイングランドのグラウンドで低く、8人一体で組み込む姿は美しくさえあった。「スクラムは対等に組めていた。(試合中に)コミュニケーション取って、修正できたのは次につながる」とHO堀江翔太(パナソニック)は胸を張った。


 FWの奮闘ぶりを、一番近くで見ていたSH田中史朗(パナソニック)も「今までやってきたことが実った。今日の試合はFWに誇りが持てる試合だった」と言えば、自身もHO出身のジョーンズHCは「去年11月、ジョージアに負けたときは、スクラムで耐えられなかったし、モールも苦戦した。けれど今日はイーブンのときも、勝てていたときもあった。特にスクラム、フロントローが素晴らしかった」と手放しで第一列の選手たちを称えた。

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント