IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「棚橋vs.HARSHIMAはベストタイミング」
飯伏幸太が語る8.23DDT両国大会
“ゴールデン☆スター”飯伏幸太にプロレス界夏の風物詩としてすっかり定着した感のあるDDT両国大会の見どころを語ってもらった
“ゴールデン☆スター”飯伏幸太にプロレス界夏の風物詩としてすっかり定着した感のあるDDT両国大会の見どころを語ってもらった【(C)FIGHTING TV サムライ/DDTプロレスリング】

 プロレス界夏の風物詩としてすっかり定着した感のあるDDT両国大会「両国ピーターパン2015〜DDTより愛をこめて〜」(23日、東京・両国国技館)がいよいよことしも迫ってきた。今回は過酷なG1を終えたばかりの“ゴールデン☆スター”飯伏幸太をキャッチ。同大会の見どころを飯伏流に斬ってもらった。


――激戦の連続だった「G1 CLIMAX 25」お疲れさまでした。


 1カ月ぐらいあって長かったので、いつもはシリーズが終わりに近づくと「もう少しで終わるな」と思って、最終日が終わると「終わったー」みたいな開放感があるんですけど、それが全くなくて(苦笑)。今もまだG1が抜けてなくて、「あれ、明日はどこだっけ?」みたいな感覚です(笑)。まだG1中、みたいな。でも、その気が抜けていないのは、今度の両国大会があるからだと思います。

ダークマッチは激弱決定戦!?

お笑い芸人とプロレスラーの二刀流を目指す渡瀬のデビュー戦が行われる
お笑い芸人とプロレスラーの二刀流を目指す渡瀬のデビュー戦が行われる【横田修平】

――それでは開催が間近となった、その両国大会の見どころを飯伏選手にお聞きしていきたいと思います。


 まずダークマッチが気になりますね。何なんすか、これは一体(笑)。(ストーカー)市川さんの参戦は久々で、相手は伊橋(剛太)っていうことでどうなるか読めないですけど、激弱決定戦ってことですよね(苦笑)。これは個人的にも楽しみです。


――続いて井上麻生と渡瀬瑞基、両選手のデビュー戦となるオープニングマッチはいかがでしょう。


 井上が以前ネットに上げていた「中学生プロレス」を見たんですけど、僕が小中学校でやっていたような感じで、自分と似たようなことを今の若い中学生とかもやっているんだなと思って、そういう部分で彼にはちょっと興味があります。もう一人の渡瀬は芸人ですよね(※よしもとクリエイティブ・エージェンシーとDDTの所属)。2団体所属がどれだけダメージを受けるかっていうのをまだ知らないと思うので(笑)、ここから地獄のスタートっていうことで楽しみです(笑)。

LiLiCoさんのプロレスが楽しみ

プロレスデビューするタレントのLiLiCoには飯伏も注目
プロレスデビューするタレントのLiLiCoには飯伏も注目【前島康人】

――第2試合は注目されるLiLiCoさんのプロレスデビュー戦となる時間差入場タッグバトルロイヤル。第3試合はDDT EXTREME級選手権試合:王者アントーニオ本多vs.挑戦者マサ高梨の一戦です。


 これはまずLiLiCoさんがほんとにどこまでプロレスをやるのか。僕は現段階では「どうせそんなにやらないだろうな」って思うところがあるので、それをどれくらい超えてくれるのか。それが楽しみです。EXTREME級タイトルマッチは何でもありなんですよね? 当日発表になるようなので、その内容が気になります(笑)。


――第4試合では遠藤哲哉選手が復帰して、パートナーでもある竹下幸之介選手と対戦します。


 若くて動ける2人なので、普通に楽しみです。2人とも身体能力が高いので、僕が単純にファンとして見たいのは体操(遠藤)vs.陸上(竹下)、その身体能力のぶつかり合い。僕はもう何回も欠場して復帰してますし、復帰戦っていうのは関係ないです。復帰戦だからって甘く見てはダメだし、「遠藤ガンバレ」みたいのはいらないです。

関本さんの安定感はスゴい

飯伏は「プロレスラーじゃなければ絶対ファンになっていた」と語る関本からKO−Dタッグのベルトを取り戻せるか!?
飯伏は「プロレスラーじゃなければ絶対ファンになっていた」と語る関本からKO−Dタッグのベルトを取り戻せるか!?【スポーツナビ】

――第5試合では引退の迫る天龍源一郎選手が高木三四郎社長、赤井沙希選手とのタッグで登場します(対戦相手は石川修司、樋口和貞、里村明衣子組)。


 僕はWARvs.新日本プロレスの抗争からプロレスにハマったので、これは相撲出身の樋口と天龍さんの対決でWARの匂いが出てくれるといいですよね。そうすると僕としては興奮すると思います。


――第6試合は石井慧介、入江茂弘、高尾蒼馬の王者「チーム・ドリフ」に男色ディーノ、スーパー・ササダンゴ・マシン、大家健組が挑む、KO−D6人タッグ選手権試合です。


 これはどの状況でもやっぱり大家さんだと思います(笑)。どれぐらい痛ぶられて泣くか。もう泣くのは普通になっているので、新しい泣き方、こっちが思っている以上の泣きをどれぐらい出せるか(笑)。そんな泣きが見たいです。


――続いてご自身が佐々木大輔選手とのタッグで関本大介、岡林裕二組の持つKO−Dタッグ選手権に挑みます。


 岡林さんとは同い年でライバルっぽく見ていますけど、やっぱり関本さんですかね。今シングルで戦ったらどうなるかっていうのも興味があるし、関本さんは今一番気になります。僕あんまり人の試合は見ないんですけど、関本さんの試合をここ最近で何回か見て、自分がプロレスをやってなかったらもう絶対関本さんのファンになってたと思います。もともとパワーファイターが好きだったっていうのもあるし、あの体もそうだし、力が別格ですよね。安定感があって、表現の仕方がスゴいと思います。これはちょっと楽しみです。

棚橋さんはG1で相当疲れてる!?

セミファイナルで新日本のエース棚橋弘至とDDTのエースHARASHIMAが激突
セミファイナルで新日本のエース棚橋弘至とDDTのエースHARASHIMAが激突【前島康人】

――セミファイナルでは今年のG1王者・棚橋弘至選手をDDTのHARASHIMA選手が迎え撃ちます。


 棚橋さんとはこないだやったばっかりですけど、僕と棚橋さん、棚橋さんとHARASHIMAさんっていうのはまた全然違う感じだと思うのでアドバイスのしようがないですし、HARASHIMAさんはHARASHIMAさんなりのvs.棚橋っていう部分を出した方がいいと思います。どれぐらいお互いが踏み込むかっていうのが気になります。棚橋さんは「疲れない」って言ってますけど、間近で見ていて相当疲れてます(笑)。今、新日本の中で最も疲れてるのは棚橋さんです(笑)。なのでタイミング的にはベストじゃないかと思います。これはDDT両国大会ならでは、両国大会でしか組めないカードだと思うし、面白そうな試合です。

メインはめちゃくちゃハードル高い

両国大会のメインを張るKO−D王者KUDO(左)と挑戦者・坂口。飯伏は「ただのいい試合では両国のメインは物足りない。どんな試合になるか楽しみ」と語る
両国大会のメインを張るKO−D王者KUDO(左)と挑戦者・坂口。飯伏は「ただのいい試合では両国のメインは物足りない。どんな試合になるか楽しみ」と語る【スポーツナビ】

――そして王者KUDO選手に坂口征夫選手が挑む、酒呑童子対決がメインとなります。


 これはどうなるんですかね。この大きい大会のメイン、そしてタイトルマッチで坂口さんがどういうプロレスをするのか。それが一番興味があります。この2人は打撃があるので噛み合うとは思うんですけど、それ以外の部分でどう噛み合うのかが気になります。坂口さんは狂ってほしいし、予想外のものが出てきて、それがどれだけ予想外か。両国でメインでタイトルマッチで、「予想外」っていうのは当たり前なんですよね。それをどれぐらい超えられるかっていうのが難しいと思います。これはめちゃくちゃハードルが高いです。ただの“いい試合”では両国のメインとして物足りないし、どんな感じになるか。この試合は僕も気にして見たいと思います。

■プロレス・格闘技専門ch「FIGHTING TV サムライ」中継情報


夏の恒例行事!DDT両国大会を初の完全生中継(本大会は「FIGHTING TV サムライ」の放送をPC・タブレット・スマートフォンがあればどこでも楽しむことができる「サムライTVオンデマンド」でも試聴が可能)


 G1と並ぶ真夏の風物詩「両国ピーターパン」を今年は初の完全生中継でお届け! タレントLilicoのプロレスデビュー、棚橋弘至vs.HARASHIMAという新日本とDDTのエース対決、さらにKO−Dタッグ選手権、KO−D無差別級選手権の2大タイトルマッチを開催!


8月23日(日)13:00〜生中継

DDTプロレスリング「両国ピーターパン2015〜DDTより愛をこめて〜」

FIGHTING TV サムライ

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント