IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明暗分かれた奈良と土居の1回戦
ふくらはぎ痛の錦織は軽めの練習
  • WOWOW

錦織、軽い打ち合いで感触を確認

前日、3時間22分の熱戦を繰り広げた錦織は、軽い調整で2回戦に備えた(写真は27日の練習時のもの)
前日、3時間22分の熱戦を繰り広げた錦織は、軽い調整で2回戦に備えた(写真は27日の練習時のもの)【Getty Images】

 テニスのウィンブルドン、第2日は雲一つない快晴。気温も上がり、女子に適用される暑さ対策の〈ヒートポリシー〉が6年ぶりに発令された。気温が30.1度を超えた場合、第2セットと第3セットの間に10分間の休憩を取れるというもの。ウィンブルドンには雨が付き物だったが、今年の大会期間中は好天に恵まれる予報だ。


 前日、3時間22分のフルセットを戦った錦織圭(日清食品)は、痛めている左ふくらはぎに簡単なテーピングを施して午後2時から30分間の練習。前後左右の動きは取り入れず、感触を確認するようにダンテ・ボッティーニ・コーチと軽く打ち合って早めに切り上げた。1日にダブルス初戦に臨むクルム伊達公子(エステティックTBC)とパートナーのフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)との練習後に、錦織は空いたコートを譲り受けて追加練習に汗を流していた。関係者によれば、錦織の筋膜炎は、いわゆる肉離れの前段階。筋肉断裂では動けないが、1回戦では前後左右に動けていた。本人の言葉通り、それほど重症ではなく、この日の練習も安静を取ったものだろう。


 第2日の日本勢男子は、昨年に続いて予選を勝ち上がった杉田祐一(三菱電機)が世界ランク107位のブラス・カブチッチ(スロベニア)と対戦。よく動いて互角に勝負を進めたが、カブチッチは片手打ちバックハンドからのスライスが良く、ポイントで攻めきれずストレート負けした。


「ビッグポイントで良くない癖が出た。チャレンジャーでポイントを稼ぐ方法もありますが、これからはツアーをメインに挑戦していきたい。予選なしのストレートインになれば楽になるが、上でプレーするためにはツアーで存在感を示さないといけない」とさらなる飛躍に意欲を見せた杉田。東北出身の選手では唯一のグランドスラム出場者。奮起を期待したい。

奈良、粘り強い攻めが勝利につながる

2年連続で2回戦進出を決めた奈良
2年連続で2回戦進出を決めた奈良【写真は共同】

 一方、第1試合に登場した女子2人は明暗を分けた。世界ランキング57位の奈良くるみ(安藤証券)は、同97位と格下のマグダ・リネット(ポーランド)と対戦。リネッテの強烈なサーブとリスキーなショットに第1セットを奪われた。それでも奈良らしく、気持ちを切り替えて第2セットを取り戻し、流れを変えた。


 ファイナルセットも先にブレークされながら粘り強く攻め、結果的に勝利につながった。第6ゲームをブレークバックした後の第8ゲーム途中、リネッテが左太ももを痛めて泣きながらの棄権。奈良は2年連続3度目の2回戦進出で、次は昨年の優勝者、ペトラ・クビトバ(チェコ)に挑戦する。昨年のこの大会はビーナス・ウィリアムズ(米国)、今年の全豪オープンではアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)と、強豪との対戦が続いている。


 奈良は試合後に「今日は、相手に気の毒な終り方をして、勝った気がしません。グランドスラムでトップと戦えるのは勉強になるので、自分のプレーを出せるようチャレンジしたい」とコメント。相手の途中棄権での勝ち上がりに満足しない様子を見せた。


 一方の土居美咲(ミキハウス)は立ち上がり、左からの小気味のいいショットで積極的に攻め、第17シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を追い込んだ。第1セットはウィナー15本を打ち込み、ブレークチャンスをしっかり抑えて6−3で先行。


 第2セットも、相手のサーブの乱れに乗じて2−0とリードしてからの第3ゲームも、30−0まで行った。そこからブレークバックされてリズムが狂う。3セットの短期勝負の女子の場合、1ポイントで流れがガラリと変わることがある。第6ゲームから8ゲーム連取を許し、悔しい逆転負けになった。


「アグレッシブに試合に入ることができたけれど、大事な場面でナーバスになって脚が届かず、ショットの精度に欠けた。自分のレベルは全体的に上がっていると感じているし、もっと上に行けるイメージもあるので、残念です」と逆転負けした悔しさをにじませた。

海外勢は女子に波乱

 海外勢の男子は、第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)、第3シードのアンディ・マレー(イギリス)、第10シードのラファエル・ナダル(スペイン)ら上位勢が順調に発進したが、女子は波乱があった。昨年準優勝のユージェニー・ブシャール(カナダ)が中国の予選上がり、ドゥアン・インイン(中国)にストレート負け。全仏オープンに次ぐ1回戦負けで、今シーズン7度目の初戦敗退だった。また第3シードのシモナ・ハレップ(ルーマニア)は世界ランキング95位のヤナ・セペロバ(スロバキア)に敗れた。ハレップも全仏では2回戦敗退だった。


 第3日は、錦織がセンターコートの2試合目に登場する。


(文:武田薫)


◆◆◆ WOWOW番組情報(PR) ◆◆◆

■ウィンブルドンテニス 

6月29日(月)〜7月13日(月)連日生中継 ※7月5日(日)除く [初日無料放送]

歴史と伝統のウィンブルドンテニス。2014年の全米で決勝進出という歴史的快挙を果たした錦織圭の戦いなど、現地の感動と興奮を連日生中継でお伝えする。


 詳しくは、WOWOW TENNIS ONLINE(wowow.co.jp/tennis)へ。

http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/

WOWOW

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント