sportsnavi

初代タイガーは「狭心症」で復帰は未定
船木「戻ってくる場所を守りたい」
心臓病の治療で初代タイガーが欠場する緊急事の中、メーンを務める船木、5代目タイガー、S・タイガー(左から)
心臓病の治療で初代タイガーが欠場する緊急事の中、メーンを務める船木、5代目タイガー、S・タイガー(左から)【(C)リアルジャパン】

 28日、東京・興義館でリアルジャパンプロレスの平井丈雅代表が記者会見を行い、心臓を痛めて試合を欠場している初代タイガーマスクの病状を発表した。

 初代タイガーは3.20後楽園ホール大会での曙戦の後に心臓の痛みを訴え、安静に努めていたが、その後の状況は思わしくなく、ドラディションの5.11後楽園ホール大会を緊急欠場。数日間の精密検査の結果、5月21日に緊急入院し、翌日22日に手術を行った。

4時間にわたる心臓の手術は無事成功

曙の」ボディープレスに悶絶する初代タイガー
曙の」ボディープレスに悶絶する初代タイガー【中原義史】

 検査の結果、心臓につながる冠動脈の1本が細くなっており、血流が詰まる状態となっていたため、心臓カテーテル手術(PCI経皮的冠動脈形成術)を行った。手術中にもう1本の動脈も細くなっていることがわかり、計2本の冠動脈をカテーテルで広げる手術を実施。4時間にわたる治療の末、無事に終了した。


 翌23日に再び精密検査を行い、術後の容体も安定。病院側からは1週間の入院を促されたが、初代タイガーは自宅での静養を希望し、自宅での絶対安静が条件で24日午後に退院した。今後は10種類以上の薬を飲みながら、1週間に最低1回のペースで精密検査を行い、術後の経過を見ていく予定だ。ただ、まだ痛みや動悸が残る状況で、当初は今回の会見にも出席する予定だったが、状態が思わしくなく大事を取って欠席となった。


 最終的に「狭心症」と診断されたが、原因は不明だという。ドラディションの後楽園大会を欠場した際には、曙戦でのボディープレスをキッカケにした心臓疾患と発表されたが、その後の調査で初代タイガー自身が子供の頃に心臓病を煩ったことも発覚。また、曙戦の前に激しいトレーニングを積み過ぎた(10分×10R等)ことも原因のひとつとして考えられるようだ。


 初代タイガーは「ご心配をおかけして、申し訳ありません。一刻も早く病気を治して、皆様の前に姿を出せるようにしたいです」と前向きな姿勢を見せているが、回復までにどのぐらいの時間がかかるか目処がたっておらず、復帰できるかどうかも現時点は不明。10周年記念となる6.11後楽園ホール大会にも来場を希望しているが、検査の状況次第で実現するかどうかは未定だ。


「いつもより力のない声ではあるけれど、早く治して元気な姿を見せたいと言っている。精神的には早く治すという強い気持ちは感じている」と平井代表。一日も早い回復が待たれるところだ。

リアルジャパンプロレス