巨人・小林、定位置獲得へ多すぎる問題 若返るセ捕手を野口寿浩が解説(前編)

スポーツナビ

セ・リーグの捕手が大きく若返った今季。野口氏は若手捕手の現状をどう見ているのだろうか? 【写真は共同】

 今季、セ・リーグ6球団の捕手が大きく若返った。阿部慎之助、谷繁元信、石原慶幸からの世代交代を進めたい巨人、中日、広島だけでなく、阪神、横浜DeNA、東京ヤクルトも20代の捕手が中心となった。“扇の要”とも言われる捕手。今後の各球団を支えるであろう若手捕手の長所、そして課題について、ヤクルト、阪神などで捕手として活躍した野口寿浩氏に解説してもらった。 今回は前編としてセ・リーグ首位を走る横浜DeNA、巨人、中日の上位3球団についてお届けする。

消去法で試合に出ていた黒羽根

黒羽根(写真)、高城、嶺井の3人併用が続く首位・DeNA。それぞれに長所短所がある中での起用のようだ 【写真は共同】

 高卒10年目の黒羽根利規、高卒4年目の高城俊人、大卒2年目の嶺井博希と若手捕手が本塁を固める首位・DeNA。開幕からしばらくは、ここ数年、正捕手の座をつかみつつあった黒羽根がスタメンマスクを被っていたが、4月下旬から高城、嶺井が交互に起用されている。

――黒羽根捕手、高城捕手、嶺井捕手の特徴は?

 黒羽根は驚くくらいの強肩です。ワンバウンドの処理も格段に良くなりました。ただ、リード面では勉強が遅れていますね。チームが首位にいても防御率が良くないですし、少し打たれるとパニックになっています。

 高城は守りの面では何かに秀でた印象はないですが、バランスがとれています。ただ、ワンバウンドを止めるのはうまくないです。DeNAは落ちる球を決め球にする投手が多いです。先発の久保康友、山口俊、井納翔一はもちろん、山崎康晃のフォークボールよりも落ちるツーシームもありますね。

 嶺井は攻撃型キャッチャーで守りに関して課題は山積みですが、ワンバウンドの処理は3人の中で一番うまいですよね。リードでは山口とよく組んでいますが、彼が最近良くなってきたのはカーブを使いだしたからだと思います。たぶん、嶺井の意向もあるのではないでしょうか。

――ここ数年は黒羽根捕手がスタメンマスクでしたが、現在は3人併用ですね。

 黒羽根は消去法で仕方なく出ていた気がします。僕が2009年にFAで横浜に行ったときに怪我をして失敗したんです。もう少し出られれば勉強させてあげられた。野村克也さん、星野仙一さん、岡田彰布さんの下で経験して、そういった手本を見せるつもりで最後に横浜に行きました。当時は黒羽根に加えて、斉藤俊雄(現オリックス)、武山真吾(現中日)、細山田武史(現ソフトバンク)もいて、彼らに生きた見本として見せなければいけなかったんですが、それができず申し訳ない気持ちです。

 新沼(慎二)コーチが「手本になるような年長の捕手がいないのが痛い」と言っていました。バックアップできて手本にもなる捕手がいない。鶴岡一成(現阪神)がいなくなったのが大きいです。

1/2ページ

著者プロフィール

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント