20年前の秒殺ブームの勢い再び――
パンクラス酒井社長×鈴木みのる第1弾
パンクラス・酒井正和社長と創設者である鈴木みのるがパンクラスについて語り合う
パンクラス・酒井正和社長と創設者である鈴木みのるがパンクラスについて語り合う【田栗かおる】

 PRIDEが消滅して以降、日本総合格闘技界のブームが落ち込む中、パンクラスが今熱い――2012年5月にプロレス団体スマッシュを運営していた酒井正和社長が就任して以降、世界標準を打ち出し、海外強豪選手を続々参戦させ、UFCのオクタゴンを意識させる10角形ゲージ「デカゴン」へ移行、王者クラスの選手にはファイトマネーのボーナス支給、そしてUFCとのファイトパス契約など次々と改革に乗り出した。そして極めつけは4月19日からテレビ東京による12年ぶりの地上波復活(4月19日『パンクラス これが2015年メジャー格闘技だ』/26時35分〜)――。


 もともとパンクラスは1993年に新日本プロレスやUWFで活躍していた船木誠勝、鈴木みのるを中心に設立された。93年9月21日、東京ベイNKホールでの旗揚げ戦では、全5試合の合計がわずか13分5秒で終わるなど“秒殺”という新たな単語を生み出した。そして、キャリア、年齢もまったく関係ない完全実力主義、リングに上がる選手たちが作り上げた極限まで絞り込んだハイブリッドボディ、黒と赤によるバッテンマークのスタイリッシュな団体ロゴは当時の格闘技、プロレス界に大きなブームを巻き起こした。


 その後、創設者である船木や鈴木が団体を離れ、プロレス団体から総合格闘技興行会社へと大きく舵を切りつつも、2013年には20周年を迎え、新たなステージへと上りつつある。


 今回、酒井社長とパンクラスの“生みの親”である鈴木みのるに過去、現在のパンクラスを語り合ってもらいつつ、未来のパンクラス像を炙り出す。

(取材日は3月15日・ディファ有明/インタビュアーはパンクラス創立時から取材をしているスポーツライター布施鋼治)

パンクラスはただの格闘技団体じゃない

なけなしの金で格安チケットを買って、アメリカやオランダで協力者を募ったというパンクラス創設当時の苦労を語るみのる
なけなしの金で格安チケットを買って、アメリカやオランダで協力者を募ったというパンクラス創設当時の苦労を語るみのる【田栗かおる】

――2人が初めて顔を合わせたのはいつですか? またそのときの印象はどうだったんでしょうか?


酒井 4、5年前ですかね。鈴木さんはお客さんに魅せるプロレスを本当に良く分かっていて、スマッシュに上がっていた小路晃にそれを叩き込みたくてスマッシュに参戦してもらったんですよね。


みのる プロレスに力を貸そうなんて奴は大体ろくな奴がいないんで、ぶっちゃけ(笑)。だから今時珍しいなと思って。でも話をしたらすごい熱意がある人だった。でも、その時はそれだけでしたね。オレはすぐに自分の試合をやって、さっさと帰っちゃったので。


――その後、2012年に酒井さんがパンクラスの社長に就任します。それを聞いてびっくりしませんでした?


みのる びっくりはしなかったけど、大丈夫かなっていうのは確かにあったですね。オレはどこの団体でも選手のほうが近いので、選手からいろいろ話を聞くじゃないですか。


――いろいろな話を後輩から聞いていた、と?


みのる 後輩から? いや、後輩じゃないです。年齢とキャリアが下なだけであって。で、いろいろな話を聞くじゃないですか。ようはオレが聞いている酒井さんという人物がいて、それを聞いている話だと大丈夫なの?っていうのは確かにあったですね、正直。それで、一番最初に食事をしましょうってなって、会って話をしたときにやっぱり人間って直接話さなければ分からねーなって思いましたね。


――そのときに熱意を感じたんですか?


みのる 熱意を感じたのと、正直に自分が思っていることをちゃんと伝えたつもりなので。


――明かせる範囲でどんな話をしたんですか?


みのる もったいなくて言えない。


――ちょっとだけ教えてください(笑)。


みのる パンクラスってただの総合格闘技の名前とか、会社とかじゃない状態でスタートしたんですよ。1993年に僕ら7人しかいなくて、そのうち2人はまだデビューもしてませんでしたから。選手としては5人しかいなかったんですよ。なんの当てもなく、会社の作り方も知らないまま始まりました。そこで、どうしよう、俺たちだけじゃできないって、なけなしの金で格安チケットを買って協力者を探しに自分たちの足でアメリカに行って、オランダに行って。


 それでアメリカにはケン・シャムロックがいました。オランダではピョンピョン飛んでる面白い奴がいるなってなって、「お前日本来る?」っていう話をして、「もちろん、もちろん」って。それがバス・ルッテンでしたね。ぶっちゃけあんな強いとは思っていなかったから(笑)。ただ、いい選手だなとは思いましたけど。あと、もちろんカール・ゴッチさんという協力者を得てスタートしました。


 僕らはチケットの売り方も知らないし、会場の抑え方も知らない。その辺のところから一からスタートしました。でも年を追えば追うほど薄れていくんですよ。今の選手がそんな苦労を知らなくて当然なんですけど、ただそれを知っているだけでもいいから、知ってその意志を継いでほしい選手たちがいたので。それがパンクラスismの選手たち。でも、ismも内弟子というか、練習生の制度を取っていなくて、もう最近の選手もいないんですよ。


 その中で新しい社長として酒井さんが来たので、まず酒井さんに一競技の代表にただなるだけということではなく、先人たちの思いをちょっとでも理解してほしいなと思って。


――酒井さんはその話を聞いてどうだったんですか?


酒井 僕はパンクラスの旗揚げ戦も見に行っているし、僕はパンクラスのことを良く分かっていました。では何でパンクラスをやったかというと、もしオレがパンクラスをやっていたら、ここ10年はこういうふうにやっているのになっていうのがあって。今本当に鈴木さんが言っていたように、普通の格闘技団体じゃないんですよね。これはもうパンクラスだけのものじゃないんですよ。僕が引き継いだときに何をしなければいけないかって言うと、やっぱりその歴史をいかに今風に持っていくか。それが僕のテーマなんですよね。だから20年近い歴史のあるパンクラスというものを僕流に広めるかっていうのを、あらためて鈴木さんと会ったときに感じました。

道なき道を行っている自負があった

酒井社長は「20数年の歴史があるパンクラスを今風に持っていって新しいものを生み出せるか」をテーマに掲げている
酒井社長は「20数年の歴史があるパンクラスを今風に持っていって新しいものを生み出せるか」をテーマに掲げている【田栗かおる】

――酒井社長体制になったパンクラスをどう感じていますか?


みのる (力強く)まさに「ハイブリッド・レスリング」(パンクラスのスローガン)です。 ひとつの種族で続けていくと血が濃くなって弱くなると言うじゃないですか。だからよそからいろいろな嫁をもらうわけですよ。新しい血の入った子供ができるわけじゃないですか。その繰り返しをして、その国は強くなっていくはずなんです。それは最初は選手個人の思いでスタートしたものが、今は違う選手たちを入れていくようになって、試合自体がハイブリッドするようになっていった。次にパンクラスは何回かにわたって新しい経営者という形で入れ替わっているんですけど、それによってその都度その都度新しい血が入ってきているので、まさにハイブリッド!!


 あとは生き抜いていくためには、進化をしていかなきゃいけないんですよ。でも進化って時代に合わせて何か変わったものしか生き残れないんです。もし、急激に暑くなったら、その暑さに耐えられる種類がいっぱい出てくるわけです。その中で残ったものだけが進化って言われる。最初の考えだけでずっと凝り固まっていたら、最後は消えてなくなっちゃうと思うので。入れ替わることは逆にいいことなんじゃないかな。生き残るためのひとつの方法だと思います。


――酒井社長はハイブリッドという言葉は意識していましたか?


酒井 そうですね。もちろん新しいものを生み出していくのが僕のテーマなんですよ。本当だったらやっていたなってことがいくつもある。だから僕がいろいろ改革をやって話題になったりもするじゃないですか? あれはまだ僕にとっては改革をしていないんですね。パンクラスがやんなきゃいけなかったことを、ちょっと僕の中で戻してやっているだけです。そこが埋まらないと次のステップにいけないから。


 今は当然時系列でいろいろやっていますけど、僕が目指しているのはそういうところじゃないんですよね。それは20年前に秒殺でガーとブームになった、あの当時の熱気、勢いを出していきたいですよね。


――酒井さんがパンクラス時代に印象にある鈴木選手の試合はありますか?


酒井 やっぱり船木さんとの試合ですよね。あの試合は良かったですね。とにかく2人が格好良かったんですよね。それこそハイブリッドボディというか。どうやったらあんなボディになるんだろうって、そういう一種の憧れがありましたね。


みのる 日本にそういうものがなかったですからね。K−1やUFCも同じ年にスタートしましたけど、そこまで人気が出る前でしたし。正直僕らが旗揚げしたときに、人気が出るようにはもちろんしましたけど、あんなになるとは思わなかったですもん。ある種社会的なブームになったので。NHKでもプロレスでは何十年ぶりという力道山以来の特集を組んでもらったり。そういうのもすごい大きかったですね。


――旗揚げメンバー7人がハイブリッドボディにしたのは大変じゃなかったですか?


みのる いや、大変ではなかったです。ただプロレスの古い20年前の常識からしてみたらすごいことなんですけど、今の選手のほうがもっとすごいことをやっています。


――もっと鳥のささみを食べたりとか(笑)。


みのる いやいや(苦笑)。今の選手のほうが体を作る技術も、能力を上げる技術も何十倍という単位で全然はるかに上ですね。今の選手たちは今までの歴史の中でできてきたものをかいつまむことができます。僕らは何もなかったので。減量と言えば食わない、飲まないしかなかったし。だからゼロから1が一番大変なことなんですよね。1は積み重ねてさえいけば、10にも、100にもなるんですよね。


――当時は道なき道を行っているような自負はあったんですか?


みのる あったですよ、もちろん。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント