65歳天龍が46歳差・竹下に龍魂注入
引退を前に越中と久々合体

19歳の現役日体大生・竹下と初遭遇

引退を前に46歳差の竹下と初遭遇した天龍は「いい若手がいて楽しかった」と充実感
引退を前に46歳差の竹下と初遭遇した天龍は「いい若手がいて楽しかった」と充実感【横田修平】

 11月に引退を表明した“ミスタープロレス”天龍源一郎の引退ロード第4戦となる天龍プロジェクト「Revolution FINAL TOUR inSHINJUKU」が3日、東京・新宿FACEで開催された。

 天龍はメインイベントで越中詩郎とタッ グを結成し、DDTプロレスリングの高木三四郎&竹下幸之介組と対戦。65歳の天龍と、19歳の現役日体大生・竹下の46歳差対決が実現した。

 竹下は17歳の現役高校生だった12年8月にデビュー。13年のプロレス大賞新人賞を受賞し、昨年4月に日本体育大学に入学。昨年8月には東京・両国国技館大会で新日本プロレスの棚橋弘至と一騎打ち。9月には遠藤哲也とのタッグで、飯伏幸太&ケニー・オメガのゴールデン☆ラヴァーズからKO−Dタッグ王座を奪取するなど、将来を期待されるレスラーだ。

「53歳」を越える危険な新技「63歳」もさく裂

「53歳」を越える危険な新技「63歳」を炸裂
「53歳」を越える危険な新技「63歳」を炸裂【横田修平】

 大相撲時代から合わせて格闘家生活51年の天龍は、DDTコンビにプロレスの厳しさを教えるとばかりに、ゴングを待たずに奇襲攻撃。越中が場外で竹下にイスを振り下ろすと、竹下もエルボーで対抗。さらに竹下は天龍に対し、大胆にも逆水平チョップで 向かっていくも、お返しのチョップ一発でダウンしてしまう。越中は「この若造!」と言いながら、竹下の顔面に尻を打ち付け、合体ショルダー から天龍が顔面蹴り、グーパンチ。越中がヒップアタック。さらに越中は高木にもジャンピングヒップアタックを浴びせると、竹下も越中をブレーンバスターで投げて意地を見せる。しかし、高木が越中のヒップアタックでフラついたところに、天龍が「53歳」(垂直落下式変形ブレーンバスター)をさらに危険な角度で落とす新技「63歳」を炸裂。続けざまに強烈なラリアットを打ち込んでフィニッシュとなった。

越中との久々のタッグに手応え

11月の引退試合を前に集まった、かつての仲間たちに深い感謝
11月の引退試合を前に集まった、かつての仲間たちに深い感謝【横田修平】

「今日はいい試合をさせてもらったよ」とリング上で充実した表情を浮かべた天龍は「いい若手がいて楽しかった。向かっていく気持ちが伝わった」と目を細め、竹下のさらなる飛躍に期待を寄せた。

 なおも引退ロードを突き進む天龍は、次回4.30新木場1stRING大会の相手に、ブードゥーマーダーズの拳剛を指名。この日、UWA世界Jrヘビー級王座V8に成功し、「刺激のある奴、出てこい!」と訴えた拳剛の呼び掛けに応じた。

 さらに天龍は、かつて98年に新日本のIWGPタッグ王座を獲得したこともある越中との久々のタッグ結成にも、「いいコンビ。めちゃくちゃオレを助けてくれる」と手応え。11月の引退試合を前に、次々と駆け付けてくれるかつての仲間たちにも深い感謝を示した。

小鹿とカブキが50年越しの因縁対決

50年越しの因縁対決にヒートアップする小鹿とカブキ
50年越しの因縁対決にヒートアップする小鹿とカブキ【横田修平】

 72歳のグレート小鹿&嵐組vs.66歳のザ・グレート・カブキ&井上雅央組というグレートな対決が実現した。カブキはマイクを手に「50年前はよくもいじめてくれたな」と、日本プロレスで3年先輩であった小鹿へ新弟子時代の恨みを爆発。小鹿はこの挑発をすかしてみせると、ようやく向かい合ったカブキにパンチ、チョーク攻撃。カブキもチョップ、顔面踏み付け、アッパーカットでお返しする。なおも興奮が収まらない2人がやり合う間に、嵐が井上をラリアット、パワーボムで一蹴した。

 あくまで善人であることをアピールした小鹿は、「懐かしい。天龍の引退ロード中にまたやりたい」と再戦に大乗り気。一方、「今日は3分の1ぐらいしかやり返せなかった」と不完全燃焼のカブキは、「今度やった時には、残りの分の借りも返す」と50年分の思いを噴出させた。


■天龍プロジェクト「Revolution FINAL TOUR inSHINJUKU」

4月3日(金)東京・新宿FACE


<第7試合 タッグマッチ 60分1本勝負>

○天龍源一郎、越中詩郎

(8分35秒 ラリアット→体固め)

●高木三四郎、竹下幸之介


<第6試合 世界6人タッグ選手権試合 無制限1本勝負>

[王者]○河上隆一、エディ・フレンチ、舞牙

(17分14秒 ランニングエルボー→片エビ固め)

[挑戦者]那須晃太郎、●杉浦透、翔太

※第19代王者組が防衛に成功


<第5試合 30分1本勝負>

○小川良成

(16分15秒 変形腕固め→レフェリーストップ)

●ドラゴンJOKER


<第4試合 30分1本勝負>

グレート小鹿、○嵐

(11分51秒 パワーボム→エビ固め)

ザ・グレート・カブキ、●井上雅央


<第3試合 UWA世界Jr.ヘビー級選手権試合 無制限1本勝負>

[王者]○拳剛

(11分33秒 フロッグスプラッシュ→片エビ固め)

[挑戦者]●KAZE(北九プロレスZ)

※第25代王者が8度目の防衛に成功


<第2試合 30分1本勝負>

○土方隆司、橋本和樹

(12分40秒 フィッシャーマンズバスター→体固め)

NOSAWA論外、●ガメラス


<第1試合 30分1本勝負>

○リッキー・フジ

(8分11秒 9999→片エビ固め)

●菊タロー

高木裕美

静岡県沼津市出身。埼玉大学教養学部卒業後、新聞社に勤務し、プロレス&格闘技を担当。退社後、フリーライターとなる。スポーツナビではメジャーからインディー、デスマッチからお笑いまで幅広くプロレス団体を取材し、 年間で約100大会を観戦している 。最も深く影響を受けたのは、 1990年代の全日本プロレスの四天王プロレス。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント