みのるがGHC王者!鈴木軍がベルト総獲り
丸藤「ノア一丸となって取り戻す」

全敗で完敗で惨敗という現実

GHCのベルトを奪ったみのるは「今日はプロレス界の歴史が変わった日だ」と高笑い
GHCのベルトを奪ったみのるは「今日はプロレス界の歴史が変わった日だ」と高笑い【前島康人】

 15日のプロレスリング・ノア「GREAT VOYAGE 2015 IN TOKYO」東京・有明コロシアム大会では、ノアvs.鈴木軍によるGHC4大タイトルマッチが開催され、6300人を動員。今年15周年を迎える方舟の至宝すべてが鈴木軍に流出するという緊急事態に見舞われた。


 メインイベントのGHCヘビー級選手権試合では、王者・丸藤正道が鈴木軍大将の鈴木みのると激突。シングルでは2戦全敗している元タッグパートナーに成長した姿を見せ付けるも、鈴木軍総出のセコンド介入に屈し、至宝を明け渡した。


 戦前は「ノアの全勝で完勝で圧勝」を予告していた丸藤だったが、待ち構えていたのは、「ノアの全敗で完敗で惨敗」という、受け入れがたい現実だった。

みのるは「用がない」と防衛戦拒否

飯塚のアイアンフィンガーフロムヘルからのゴッチ式パイルドライバーで丸藤から3カウントを奪った
飯塚のアイアンフィンガーフロムヘルからのゴッチ式パイルドライバーで丸藤から3カウントを奪った【前島康人】

 両軍のセコンド陣が取り囲むピリピリムードの中、丸藤は得意のスピードとテクニックを駆使して、みのるのグラウンドペースに持ち込ませず。20分過ぎには不知火も成功させるが、直後にみのるがカウンターのドロップキック。場内が騒然となったスキに鈴木軍のセコンドが一気に乱闘を仕掛け、飯塚高史のアイアンフィンガーフロムヘルが丸藤に炸裂。勝利を確信したみのるがゴッチ式パイルドライバーでフィニッシュを決めた。


「プロレス界の崇高なる王」となったみのるは、「沈みかけた船が沈む前に宝をもらいにきただけ。こんなところにもう用はない。オレたちは次のステップに行く」と、防衛戦を拒否。予告通り、ノアのお宝を全部持ち去っておさらばすると吠えた。


 一方、丸藤は「オレにもう1回やらせろ」とみのるに再戦を迫ると、「ノア一丸となってベルトを全部取り戻す」と選手全員で決起。ユニットの垣根を超え、ひとつとなって打倒・鈴木軍に向かうと宣言した。

K.E.S.がTMDK返り討ち

K.E.S.は前王者であるTMDKを返り討ちし、GHCタッグ王座を初防衛
K.E.S.は前王者であるTMDKを返り討ちし、GHCタッグ王座を初防衛【前島康人】

 GHCタッグ選手権試合では、ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.組が、前王者のマイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト組を返り討ちにした。NWAタッグ王座とタッグ2冠王者であるK.E.S.は、その長身とテクニックでTMDKの連係を分断。ヘイストを10分近くローンバトルに追い込むと、合体技のサンダーバレーも阻止。必殺のキラーボムでニコルスを粉砕し、初防衛に成功した。


「われわれが世界最強のタッグチームであることを証明した」と勝ち誇るスミスに、アーチャーも「われわれは世界中のどこでも、どこの団体でも、そこを制圧する」と2本のベルトを誇示した。

新王者タイチは挑戦者に永源指名

Jr王者のベルトを奪取して、女性7人組アイドルユニット「READY TO KISS」と記念撮影するタイチ
Jr王者のベルトを奪取して、女性7人組アイドルユニット「READY TO KISS」と記念撮影するタイチ【前島康人】

 GHCジュニア・ヘビー級選手権試合では、タイチがセコンド介入、反則を駆使して小峠篤司からベルトを強奪した。試合前から調印拒否や挑発行為で王者を振り回してきたタイチは、大事なタイトルマッチでも、アイドルユニット「READY TO KISS」を連れてくるなどやりたい放題。のらりくらりとしたやる気ゼロの態度で小峠を翻弄し、セコンドもわが物顔で試合を妨害。小峠のキルスイッチが決まるも、レフェリーのカウントをセコンドに妨害され、タイチがベルトで殴打してからのブラックメフィストで勝利した。


「ベルト獲ったら終わり。これはいらない」と言い捨てたタイチは、GHCを「グレートなHをチャンネーとしたい」の略称だと主張。もし防衛戦をやる場合は、すでに引退した永源遥さんを挑戦者に指名した。

TAKA&デスペラードは漁夫の利

初の3WAYで行われたノアJrタッグのタイトルマッチは拳王&大原と原田&平柳の激闘を静観していたTAKA&デスペラードが最後は漁夫の利でベルトをかっさらった
初の3WAYで行われたノアJrタッグのタイトルマッチは拳王&大原と原田&平柳の激闘を静観していたTAKA&デスペラードが最後は漁夫の利でベルトをかっさらった【前島康人】

 3WAYマッチで争われたGHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権は、TAKAみちのく&エル・デスペラード組が漁夫の利でベルトを獲得した。拳王&大原はじめ組と原田大輔&平柳玄藩組が激闘を繰り広げる間、ほとんど試合に加わることなく静観を続け、拳王が蹴暴で平柳を仕留めにかかったところで本領発揮。TAKAが拳王をスーパーキックで場外へ追いやると、デスペラードがダイビングボディープレスで3カウントを奪取した


 手に入れたベルトを「おもちゃ」「ただの金属」呼ばわりしたTAKAは、GHCの正式名称も「グラン浜田チャンピオン?」と言いたい放題。「使い道がないから、TAKAタイチ興行で何かして遊ぼうぜ」と、すでに全カードが決定している3.18新宿FACEでの自主興行で、文字通りの「おもちゃ」にすることを予告した。

高木裕美

静岡県沼津市出身。埼玉大学教養学部卒業後、新聞社に勤務し、プロレス&格闘技を担当。退社後、フリーライターとなる。スポーツナビではメジャーからインディー、デスマッチからお笑いまで幅広くプロレス団体を取材し、 年間で約100大会を観戦している 。最も深く影響を受けたのは、 1990年代の全日本プロレスの四天王プロレス。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント