遠藤保仁「まだまだアピールする立場」
ホンジュラス戦後、選手コメント
W杯以来の代表復帰戦でゴールを決めた遠藤は「まだまだアピールする立場」と試合後に語った
W杯以来の代表復帰戦でゴールを決めた遠藤は「まだまだアピールする立場」と試合後に語った【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 サッカー日本代表は14日、豊田スタジアムでホンジュラス代表と対戦し、6−0で勝利を収めた。日本は前半9分にCKから吉田麻也が幸先良くゴールを挙げると、本田圭佑、遠藤保仁が前半のうちに得点を重ねる。後半にも乾貴士、豊田陽平の代表初ゴールが生まれ、大勝を飾った。


 試合後、ワールドカップ(W杯)以来の代表復帰を果たした遠藤は「準備期間が短い割にはそれなりに良くできた」とスムーズにチームになじめたと語った。しかし、アジアカップ(アジア杯)に向けた話では「1試合しかやっていないし、まだまだアピールする立場です。自分の持っているものをすべて出さない限りはメンバーに残り続けることはできない」と、監督との理解をより深めていきたい姿勢を示した。


 以下は、試合後の選手たちのコメント。

遠藤保仁(ガンバ大阪)

「監督の要求にしっかり応えていく」


(久々の代表だったが)うまくいかなかったところもあるけれど、準備期間が短い割にはそれなりに良くできたと思う。(ゴールシーンは)最初、エリアの中に入っていて、戻って来てからだったのでマークがズレていました。フリーだったので、振りぬくだけだった。良いゴールだったなと思います。(イメージ通り?)まあまあ。とりあえず枠に飛ばすということと、できればもうちょっと低い弾道でよりギリギリを狙ったけれど、ちょっと甘くなった。ゴールはゴールなので、3点目だったし、勝負を決めるようなゴールを決められて良かったです。


(アギーレ体制で)初めてなので、前のキャンプやトレーニングはよく分からない。ただ良い練習はできていたし、試合前のロッカールームの雰囲気も非常に良かったので、モチベーション高く、常に勝つというのを前面に出しながらやれたので良かったです。今日のゲームであれば勝って当然だと思うけれど、勝つことによってチームに落ち着きをもたらすことができるし、自分たちもいいイメージを持つことができます。ここまで4試合、満足するような結果が出ていなかったと思うので、この勝利をきっかけに、次(18日)のオーストラリア戦でさらに良いゲームをしたい。それがアジア杯につながると思います。今日のゲームに満足している選手はいないだろうし、形作りという意味では非常に良かったです。


(ロッカールームの雰囲気が良いと言ったが、監督の言葉で変わった部分は?)ないですね。やっぱり経験豊富な監督だし、分析に関しては間違いなく一流だと思います。盛り上げ方は監督によって違うけれど、情熱的な監督だとは思うので、その辺は今までにないような監督だと思います。(モチベーターという印象?)少ししかやっていないから分からないけれど、厳しいところは厳しいし、良いプレーをしたら褒めてくれる。怒れる監督でもあるので、日本にとって良い監督だと思います。


(アピールはできたか?)僕自身、アギーレ監督になって1試合しかやっていないし、まだまだアピールする立場です。自分の持っているものをすべて出さない限りはメンバーに残り続けることはできないと思うので、毎日いろんなものを吸収しながら、監督の要求にしっかり応えていければいいと思っています。

長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

今日のプレーに対して一定の評価を見せながらも「まだまだ修正点はある」と述べた長谷部
今日のプレーに対して一定の評価を見せながらも「まだまだ修正点はある」と述べた長谷部【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

「まだまだ修正点はある」


(アンカーに入ってみて)初めてのポジションだったので、とにかく頭を使わないとということを考えながらやりました。あまり前に出過ぎずに、とにかくリスクマメジメントを考えて、攻撃の時にはディフェンスラインに入ってセンターバック(CB)の選手を使ってビルドアップする。そういうようなことを心掛けました。(2点目につながったプレーは)全然狙っていないです。ただクリアしたら結果、良いところに行ったという感じです。


(次への課題は?)オーストラリアはもう少しやってくると思うので、守備の部分でもう少し考えて、周りと連係した守備をしなければいけないと思う。それはチーム全体としてもそうです。攻撃の部分では、ビルドアップの部分でディフェンスラインに入ってばかりではなく、もう少し自分で持ち運んだり、もう1つ前の中盤でボールを受けたり、出してからもう少し前へ行くとか、いろんなバリエーションを増やしていきたいと思います。

内田篤人(シャルケ04/ドイツ)

W杯以来の代表でのプレーを問われた内田は「普通です」とらしさを見せていた
W杯以来の代表でのプレーを問われた内田は「普通です」とらしさを見せていた【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

「(久しぶりの代表は)普通」


(本田について)後ろから見ている分にはアシストを含めて、良い選手だなと思いました。(準備期間が少ない中で合わせられるのは経験のなせるわざ?)グラウンドの中に入って、やってみなければ分からない部分もあるし、相手あってのことですから。相手の出足を封じて、点も早く取れましたし、いいリズムでできた部分もあります。何年も代表でやらせてもらって、急に集まってもというのはありますけれど、今の選手たちもすごい力はあると思います。


(久しぶりの代表は)普通です。(4年後のW杯へのモチベーションは?)今まで通りコツコツとやりたいです。(ドクターとはどういう話を?)膝が慢性化というか、W杯の前から痛い。監督にも無理だったらサインを出してくれと言われました。でもハーフタイムに「40分行けば?」と言われて(笑)。僕も無理っていうサインを出そうとは思っていなかったので。今は別に大丈夫ですけれど、明日、明後日とリバウンドがなければいいです。W杯の時もそうでしたけれど、治療、ケアもしっかりしてやりたいなと思います。


(後半の時間帯でオーバーラップして行ったが)監督が変わったばかりだし、ちょっとやった方がいいかなと(笑)。(改めてサイドバックのチームへの貢献をどう考えているか?)僕のプレースタイルとしては、縦にガンガン行くのも1つだとは思いますけれど、ゲームを組み立てて、パスをつないで、周りのコンビネーションを見ながら配球していくというのも大事な仕事だと思っています。前はボールを欲しがる選手が多いですし、トップ下、両サイドにドリブルが得意な選手もいるし、一所懸命ボールを追いかけてくれる選手もいるので、ボランチやCBだけに頼るのではなくて、サイドからもボールを散らしながら、いいパスを(出したい)。最初の一発のパス、「おお!」っていうパスを出していきたいですね。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント