sportsnavi

稲葉篤紀が坪井智哉に語った引き際の哲学
こだわり続けた“全力疾走”

引退しても情熱は変わらず、「第2の稲葉を」

2007年9月26日、楽天戦でサヨナラ打を放った坪井氏(右)と稲葉
2007年9月26日、楽天戦でサヨナラ打を放った坪井氏(右)と稲葉【写真は共同】

――日本ハムでは同僚として6年間をともに過ごしましたが、その中で印象深い出来事などはありましたか?


 そうですねぇ。僕がサヨナラヒットを打った時ですかね。僕が打った後、稲葉さんが満面の笑みで僕を抱きかかえてくれたんです。そのシーンは今でも鮮明に覚えていますね。同じチームではありますけど、他人のことに対して「こんなにも喜んでくれるんだ」と思いましたよ。


――日本ハム退団後、坪井さんはオリックス、そして米国に渡って野球を続けていましたが、その間に連絡などは取っていたりしたのですか? また引退を聞いた時は?


 頻繁に、というわけではないですけど、節目ではメールなどで連絡はしていましたね。僕が米国に行く時も連絡しましたし、僕が今年で引退すると決めたときは連絡をもらいました。逆に稲葉さんの引退を聞いた時は、「長い間、お疲れさまでした」とメールを送りました。膝の調子がよくないとは聞いていたので、「体をいたわってゆっくり休んでください」と……。僕の気持ちとしては、たとえ膝が悪くて守備ができなくても「代打一本、もしくはDHだったらまだまだできるんじゃないか」という思いが半分、もう半分は「そういえば、全力疾走ができなくなったら辞める時だと言っていたなぁ」という思いでした。半分半分です。でもまぁ、体の痛みを我慢しながらやっていたと思うので、僕からは「お疲れさま」としか言えないですね。


――今後の“稲葉篤紀”という男の活躍に期待するところは?


 僕が期待するっていうのはおかしいですけど、まずは10月5日の引退試合で、いつも通りのプレーをしてもらいたい。稲葉さんは涙もろいので「あんまり泣き過ぎないように」と……。指導者になっても、稲葉さんの野球に対する情熱は変わらないと思いますし、教える時も自分がプレーしていた時と同じように、一切手を抜かずに教えるんだろうなと思います。稲葉さんという存在は“野球界の宝”だと思うので、稲葉さんの技術、メンタルをこれからの選手たちに伝えて、“第2の稲葉”をつくりだしてもらいたいですね。


(取材・文:三和直樹/ベースボール・タイムズ)

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の“いま”を伝える野球専門誌。年4回発行の『季刊ベースボール・タイムズ』を含め、全国の番記者からプロ野球のホットな話題・情報を届ける。毎年増刊号として発行される選手名鑑『2018プロ野球プレイヤーズファイル』は2月16日発売!今年はさらに充実した内容にスケールアップ! プロ野球OBが野球について語りつくすインターネットメディア『OBTV』の運用も担当。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント