IDでもっと便利に新規取得

ログイン

栄光、挫折…ベッカムが戦ったW杯
たどり着いた「完璧なエンディング」

ファンを魅了し続けたベッカム

イングランド代表として115試合に出場したデイビッド・ベッカム
イングランド代表として115試合に出場したデイビッド・ベッカム【写真:PICS UNITED/アフロ】

 ブラジルで開催中のFIFAワールドカップ(W杯)。5大会連続14回目の出場となった「サッカーの母国」イングランド代表は、歴代優勝国が3つそろったグループDで、イタリア代表とウルグアイ代表に連敗し、決勝トーナメント進出を逃した。


 エンブレムにちなんだ「スリーライオンズ」ことイングランド代表で、フィールドプレーヤーとしては最多の115の国際試合出場(うち58試合でキャプテン)を誇るのは、昨年の5月、惜しまれつつもパリ・サンジェルマンでシューズを脱いだデイビッド・ベッカムだ。端正な顔立ちと、ヘアスタイルやファッションはもちろんのこと、「インチ・パーフェクト」と称された正確な右足でファンを魅了し続けた。


 1998−99シーズン、所属するマンチェスター・ユナイテッドで、国内リーグとFA杯、そしてチャンピオンズリーグ(CL)の「トレブル(三冠)」を達成。さらに、プレミアリーグだけでなく、スペインのリーガ・エスパニョーラ、米国のメジャーリーグサッカー(MLS)、フランスのリーグ1と4つのリーグでタイトルを獲得した初のイングランド人選手にもなった。

W杯での一発退場は「もっとも長い時間」

 引退後、MLSでチームを持ち、「現役復帰もあるか」と話題になっているベッカムだが、やはり彼のサッカー人生のクライマックスの一つはW杯であろう。


 98年フランス大会、決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン戦でベッカムは「若気の至り」から、アルゼンチンMFディエゴ・シメオネ(現アトレティコ・マドリー監督)のファウルの後に、右足を上げて報復。そんな彼に審判から出されたのは、レッドカードだった。そのショックはあまりにも大きく、ピッチからロッカールームに戻ったとき、ベッカムは「最も長い時間」に感じたという。1人選手が欠けたイングランド代表は、PK戦まで持ち込んだが敗戦。ベッカムはW杯敗退の「戦犯」として扱われた。


 それでも、クラブで数々のタイトル獲得に貢献したベッカムは2000年の欧州選手権(ユーロ)後からイングランド代表の主将に任命され、02年W杯の欧州予選を迎えた。イングランドは欧州予選において2試合連続で勝つことができず、一時は欧州予選敗退までささやかれた。だが、01年10月6日、オールド・トラフォードで行われたギリシャ代表戦、アディショナルタイムにベッカムが同点となるFKを決めて、イングランド代表をW杯出場に導いた。一夜にして、彼は「戦犯」から一転、「The man of men(男の中の男)」と賞賛された。

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント