IDでもっと便利に新規取得

ログイン

木村沙織が2年ぶり東レに復帰
「しっかり自分のプレーを固めたい」
トルコから日本のVリーグへの復帰を決めた木村沙織が入団会見を行った
トルコから日本のVリーグへの復帰を決めた木村沙織が入団会見を行った【スポーツナビ】

 バレーボールの全日本女子代表の主将・木村沙織が5日、都内で会見を行い、来シーズンはVプレミアリーグの東レに復帰すると発表した。


 木村は昨シーズンまでトルコリーグの名門ガラタサライ・ダイキンでプレーしていたが、「(2016年の)リオ五輪のことを考えたときに、海外でやる選択肢もありましたが、もう一度日本で自分のプレーを固めたい」と移籍の理由を明かすと、「東レがもう一度日本一になれるように、自分の持ち味を出したい」と意気込みを語った。


 今回の契約は東レの社員としてではなく、2年間のプロ契約となる。移籍の理由としてあげた2年後のリオ五輪に関しては「リオで金メダルに挑戦することが火の鳥ニッポン(全日本女子代表)としての目標なので、リオに向けて頑張っていきたい」とこれからの戦いに対し意欲を示している。


 以下、入団会見での木村沙織コメント。

「東レが日本一になるのに貢献ができるように」

2年ぶりに復帰し、東レを「日本一になるのに貢献ができるように」と語る木村
2年ぶりに復帰し、東レを「日本一になるのに貢献ができるように」と語る木村【スポーツナビ】

 こんにちは。この度、東レアローズに入団することに決めました。トルコでの経験をしっかり出し切って、日本一を目指して頑張っていきたいと思っています。


――トルコリーグで得た経験は何か?


 トルコでは日本のリーグでは味わえない高さやパワーのある選手の中でやってきたのですが、自分の課題としてパワーアップ、筋力アップがこれからやっていくところだと思っているので、まずはそこをしっかり頑張っていきたい。


――日本のリーグ復帰に向けて。


 東レアローズが日本一になるのに貢献ができるように、自分の持ち味をしっかり出していければいいなと思っています。


――ファンにはどんな姿を見せたいか?


 東レアローズの選手のみんなにはまだ会っていないのですが、明日、全日本の合宿が始まるので、中道(瞳)さんや高田(ありさ)、迫田(さおり)にも会えるので楽しみにしています。日本のリーグで試合をするのは2年ぶりになるので、リーグが始まるのは少し先なんですけど、いい準備ができるように、日本のファンの皆さんの前でトルコで学んできたことを、日本のコートの中で生かせるようにやっていきたいです。

2年ぶりに東レへ復帰することになった木村沙織(中央)。福田康弘監督(右)もその攻撃力などに期待している
2年ぶりに東レへ復帰することになった木村沙織(中央)。福田康弘監督(右)もその攻撃力などに期待している【スポーツナビ】

――日本へ復帰を決めた理由は?


 リオの五輪が2年後と考えたとき、やっぱり海外でやるという選択肢も考えはしたんですけど、自分の中ではもう一度日本でしっかり自分のプレーを固めていきたいと思ったので、日本でプレーすることを選びました。


――復帰を最初に相談したのが東レだったのですか?


 最初に考えていたときは、海外も日本のチームも全部のチームを色々考えていました。最終的には東レアローズで頑張りたいと思いました。


――木村選手にとってリオ五輪の位置づけは?


 リオの五輪で金メダルに挑戦することが私個人にとっても、火の鳥ニッポン(全日本女子代表)としても目標なので、しっかり金メダルを目指して、リオでは頑張っていきたいと思います。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント