世界標準へパンクラスが初の金網大会開催
石渡、中井りんの2王者が船出飾る快勝
パンクラス初の金網大会で米国の強豪サラに快勝した女王・中井りん
パンクラス初の金網大会で米国の強豪サラに快勝した女王・中井りん【田栗かおる】

 パンクラスが10角形の金網=「デカゴン」を採用してヒジ打ちを認め、従来許されていたサッカーボールキックなどを排した米国基準のルールを導入した初の大会「PANCRASE 258」が11日、東京・ディファ有明で開催された。


 今大会にはパンクラスの誇る2王者、バンタム級の石渡伸太郎と女子王者の中井りんがメインイベントとセミファイナルへ出場し、そろっての勝利でリングからデカゴンへ戦いの場が移っても変わらぬ強さを見せた。

石渡、TKO勝利も「消化不良で申し訳ない」

新生パンクラス初戦をTKO勝利で飾った石渡だが試合内容に納得いかず笑顔はなし
新生パンクラス初戦をTKO勝利で飾った石渡だが試合内容に納得いかず笑顔はなし【田栗かおる】

 大会直前に突如170センチのファーカード・シャポリフ(シーザー・グレイシー柔術アカデミー)から185センチの長身トレバー・ワードへ対戦相手が変わった石渡はリーチあるワードの打撃に序盤こそ手こずったものの、1R後半にワードの突進をかわしてグラウンドへ持ち込むとそのまま立たせず、ラウンド終了までパウンドで猛攻。ワードは1Rの攻防で左手を負傷したとのことで2R開始前にセコンドからタオルが入り、石渡のTKO勝利となった。


 しかしプロ4戦4勝とまだキャリアの浅いワードを相手に序盤手を焼いたのが納得いかなかったか、石渡は試合後「消化不良で申し訳ないです。また強くなって出直してきます」と語り、笑顔は見せず金網を後にした。

女王・中井りんは勝利のバク宙

得意のアームロックでサラの腕を捻り上げ3−0の判定勝利
得意のアームロックでサラの腕を捻り上げ3−0の判定勝利【田栗かおる】

 セミファイナルに登場した中井りんはシーザー・グレイシー柔術のサラ・ダレリオに3−0の判定勝ち。

 各ラウンド得意のアームロックでとらえ、場内から悲鳴のような声が上がるほどサラの腕をあらぬ方向へ捻じ曲げたが、関節の柔軟なサラはタップをせず。しかし中井もアームロックのまま、あるいはグラウンドでしっかりトップをキープしたまま各ラウンドを終え、サラにほとんど攻勢を作らせない完勝。試合後はリングより広くなったデカゴンで、これまでと変わらず勝利のバク宙を決めた。


 また、1995年のデビューから今年でキャリア20年目となる伊藤崇文もケージでの試合に初挑戦。UWFインターナショナル出身の上山龍紀と対戦し、タックルでテイクダウンを奪うなどして判定3−0で勝利した。


 そのほか、大会の全試合結果は以下の通り。

パンクラス「PANCRASE

5月11日(日)東京・ディファ有明


<第16試合 ネオブラッドトーナメント一回戦 ウェルター級 3分3R>

○佐藤天(TRIBE TOKYO M.M.A)

(3R2分36秒 チョークスリーパー)

●川和真(禅道会 新宿道場)


<第15試合 ネオブラッドトーナメント一回戦 ライト級 3分3R>

○アンドリュ−・ロバート(総合格闘技津田沼道場)

(判定3−0)

●チャンタモ(ハニートラップ)

※3者30−27


<第14試合 ネオブラッドトーナメント一回戦 フェザー級 3分3R>

○島村裕(宇留野道場/ハイブリッドファイター)

(判定3−0)

●渡辺謙明(パラエストラ東京)

※3者30−27


<第13試合 ネオブラッドトーナメント一回戦 フェザー級 3分3R>

○牛久絢太郎(和術慧舟會TLIVE)

(判定3−0)

●平山学(フリー)

※3者30−27


<第12試合 ネオブラッドトーナメント一回戦 バンタム級 3分3R>

○コンボイ升水(マルワジム横浜)

(不戦勝)

●福山晄久(総合格闘技津田沼道場)


<第11試合 ネオブラッドトーナメント一回戦 フライ級 3分3R>

○神部建斗(ALLIANCE)

(判定3−0)

●大津ヒロノブ(和術慧舟會GODS)

※30−27、29−28、30−27


<メインイベント(第10試合) バンタム級 5分3R>

○石渡伸太郎(CAVE/バンタム級キング・オブ・パンクラシスト)

(1R5分00秒 TKO)

●トレバー・ワード(アメリカ/Team Warrior Concepts)


<セミファイナル(第9試合)アテナルール バンタム級 5分3R>

○中井りん(パンクラスヴィーナス/初代クイーン・オブ・パンクラシスト)

(判定3−0)

●サラ・ダレリオ(アメリカ/シーザー・グレイシー柔術アカデミー)

※3者30−26


<第8試合 フェザー級 3分3R>

○田村彰敏(総合格闘技津田沼道場/元修斗世界ライト級王者)

(判定3−0)

●宮路智之(パラエストラ松戸/2010年NBTフェザー級優勝)

※3者29−28


<第7試合 ライト級 3分3R>

○伊藤崇文(パンクラスism/1995年NBT優勝)

(判定3−0)

●上山龍紀(U−SPIRITJAPAN町田)

※3者29−28


<第6試合 ライト級 3分3R>

○児山佳宏(パラエストラ松戸/修斗第5代環太平洋ウェルター級王者)

(判定3−0)

●中村晃司(パンクラス大阪稲垣組)

※3者29−28


<第5試合 スーパーフライ級 3分3R>

○安永有希(東京イエローマンズ/スーパーフライ級4位)

(判定2−1)

●北方大地(パンクラス大阪稲垣組/スーパーフライ級3位)

※29−28(安永)、29−28(北方)、29−28(安永)


<第4試合 フライ級 3分3R>

○武蔵幸孝(K−PLACE埼玉格闘技道場/フライ級8位)

(判定3−0)

●宇都木正和(パラエストラ古河/フライ級5位)

※3者30−27


<第3試合 ウェルター級 3分3R>

○レッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会/ウェルター級8位)

(判定3−0)

●高木健太(リバーサルジム川口REDIPS)

※3者29−28


<第2試合 バンタム級 3分3R>    

○齊藤曜(和術慧舟會トイカツ道場/バンタム級8位)

(判定3−0)

●藤井伸樹(ALLIANCE/2013年NBTバンタム級優勝)

※3者30−27


<第1試合 ライト級 3分3R>

○太田駿平(フリー/フェザー級7位)

(判定3−0)

●小林裕(U−FILE CAMP)

※3者30−27

長谷川亮

1977年、東京都出身。「ゴング格闘技」編集部を経て2005年よりフリーのライターに。格闘技を中心に取材を行い、同年よりスポーツナビにも執筆を開始。そのほか映画関連やコラムの執筆、ドキュメンタリー映画『琉球シネマパラダイス』(2017)『沖縄工芸パラダイス』(2019)の監督も。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント