桜女王ハープスター「32秒9」の衝撃 川田の自信と信頼、負けるイメージなし

スポーツナビ

ハープスターが衝撃的な勝ちっぷりで桜花賞を制覇 【スポーツナビ】

 JRA3歳牝馬クラシック第一冠、第74回GI桜花賞が13日、阪神競馬場1600メートル芝で開催され、川田将雅騎乗の断然1番人気ハープスター(牝3=栗東・松田博厩舎、父ディープインパクト)が優勝。最後方追走から直線大外を豪快に伸び、全馬まとめて差し切る離れ業で初のGIタイトルを手にした。良馬場の勝ちタイムは1分33秒3。

 ハープスターは今回の勝利でJRA通算5戦4勝。重賞は2013年GIII新潟2歳S、14年GIIIチューリップ賞に続き3勝目。騎乗した川田は桜花賞初勝利、同馬を管理する松田博資調教師は93年ベガ、09年ブエナビスタ、11年マルセリーナに続き桜花賞4勝目となった。

 クビ差の2着には2番人気だった昨年の2歳女王、戸崎圭太騎乗のレッドリヴェール(牝3=栗東・須貝厩舎)。さらに3/4馬身差の3着には岩田康誠騎乗の5番人気ヌーヴォレコルト(牝3=美浦・斎藤厩舎)が入った。

まるで、格が違う、とばかりに

口取り式で川田は高々と人差し指を立て“まずは一冠”をアピール 【スポーツナビ】

 上がりの3ハロンが「32秒9」。2番目に速かった2着レッドリヴェールの33秒4という数字も極限に近い脚だと思うが、それすらも止まって見えた、ハープスターの末脚。ちなみにこの「32秒9」は、阪神マイルが新コースとなった07年以降、桜花賞史上最速だという。

「最後はレッドリヴェールと馬体が合う形になりましたが、ひるむことなくアッサリかわしてくれましたね」(川田)

 パトロールビデオを見ると分かるのだが、外から猛然と迫るハープスターに対し、戸崎レッドリヴェールは馬体がぶつかるギリギリくらいまで併せに行っている。急激にインから他馬に迫られては、普通ならひるんで外に逃げたり、スピードを緩めてしまうもの。しかしハープスターは違った。川田が語ったように実に“アッサリ”とパスしていったのだ。まるで、格が違う、とばかりに。

4角最後方、普通の馬ならば絶望的な位置

普通ならば絶望的なポジション、しかしハープスターはそこからアッサリと先頭まで突き抜けた 【スポーツナビ】

 それにしても恐ろしいのは、単勝1.2倍という圧倒的人気にも関わらず道中最後方からのレースができてしまう川田であり、それを絶対的な自信のもと可能と思わせるハープスターの能力である。「さすがにかなり緊張した」という川田だが、その緊張をはるかに上回る信頼がハープスターにはあるのだろう。

「リズムを取って乗ることだけを考えていました。直線で追い出せば必ず届いてくれると、強い思いで信じていました」

 とはいっても、今年の桜花賞の流れは特殊だった。横山和生フクノドリームが敢然と逃げ、最初の半マイルが45秒3。これは阪神マイルがゆったりと走れる外回りコースとなってからは、最速の超ハイペース。すでに死滅してしまったと思っていた“魔の桜花賞ペース”という言葉がふと浮かんだ。こういうときは何かとんでもない波乱が起きるものである。事実、フクノドリームが直線入り口に差しかかっても、ハープスターは依然として最後方で、しかも4コーナーの大外をぐるりと回っている。その差はまだ15馬身くらいはあっただろうか。普通の馬だったら、絶望的な位置だ。

 ハープスターの馬券を握りしめていたファンはこの時、何を思っただろうか? それでもなおハープスターは勝つと信じていただろうか? それとも差して届かずの場面が頭をよぎっただろうか?

1/2ページ

著者プロフィール

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント