IDでもっと便利に新規取得

ログイン

うつ病から復活目指すゴルファーの初V
ボウディッチ「1歩ずつ前へ進むだけ」
  • GDO

結果を残せず一時はゴルフから足を洗う

米国男子ツアー「バレロテキサスオープン」でツアー初優勝を飾ったボウディッチ。過去には「臨床的うつ病」にかかり、自殺未遂をはかるなど苦しんだ
米国男子ツアー「バレロテキサスオープン」でツアー初優勝を飾ったボウディッチ。過去には「臨床的うつ病」にかかり、自殺未遂をはかるなど苦しんだ【Getty Images】

 米国テキサス州サンアントニオで開催された米国男子ツアー「バレロテキサスオープン」でツアー初優勝を飾ったスティーブン・ボウディッチ(オーストラリア)。優勝会見中、記者からの質問を受けると必ず「あーー」と長い息を吐いてから言葉を続ける奇妙な彼の癖が気になった。僕はまだその時、癖の裏に潜む壮絶な戦いを知らなかった。


 1983年にオーストラリア東部のブリスベンから北へ120キロほどにあるクイーンズランド州ペレギアン・ビーチで生まれたボウディッチは、小さなころからゴルフの才能に抜きんでていたという。アダム・スコットやジェイソン・デイらも通った全寮制のクーラルビン国際学校に進学しゴルフを専攻し、18歳でプロ転向を果たした。


 3歳年上のスコットはこう表現する。

「彼は素晴らしい目と体の動きの連携(ハンド・アイ・コーディネーション)を持った希有な才能の選手。もしそんな天性を持っていたら、あとはいつ彼のゲームが成熟するかだ」

 この言葉を聞いて、ボウディッチがTPCサンアントニオで何度も修羅場をくぐり抜けた絶妙なアプローチが、ただの偶然ではなかったことに思い至った。


 プロになった直後のボウディッチは、海を渡りヨーロッパの下部ツアー(チャレンジツアー)で1年半ほど戦うも、結果を残せずに借金がかさみ、失望して一時ゴルフから足を洗ってオーストラリアに帰国。クーラルビンリゾートのプロショップで働きながら復帰を目指す苦節を味わっている。

臨床的うつ病の中、人生で最もいいゴルフ

 雌伏すること2シーズン。2005年にクイーンズランドのミニツアー(トロッポツアー)に参戦し、突如成績を残し始める。クイーンズランド・オープンの出場資格を得ると、本戦では5打差をつけるぶっちぎりで優勝。その権利で出たオーストラリア・オープンで3位タイに入ると、今度は同資格で出場したネイションワイドツアーと共催のジェイコブス・クリークオープンを制覇。翌週にはニュージーランドプロ選手権で2位に入るなど、とんとん拍子にステージを駆け上がった。


 だが、そのころから彼を悩ませる“症状”が出始めたという。連日の頭痛と突然の鼻血、さらに連夜の不眠…。数分間の集中を続けることも困難になっていった。

「試合中にフェアウェイを歩いていて、近くでバーベキューをやっている人たちを見ると“今、ステーキはどんな具合だろう?”と気になってしまうんだ。それで、その人たちのところに行ってご馳走になる。それまで自分がどんなプレーをしていたのかは全く気にならないし、テレビでゴルフ中継を見ているように感じていた。混乱もないし、がっかりもしない。ただ、他のことをしてしまうんだ」


 ジェイコブス・クリークオープンの水曜日、激しい頭痛に襲われたボウディッチは病院でMRI検査を受けた。医師の診断は「臨床的うつ病」だった。

「05年の終わりころには本当にひどくなった。怒りも幸福もすべてを失った。奇妙なことだけど、そのころが人生で最もいいゴルフをしていた時期だった」


 治療は容易ではなかった。最初に試した抗うつ剤は眠りを妨げ、少しずつ取り戻した感情はすべてが怒りだった。自分を傷つけようという考えに支配され、PGAツアーに初めてフル参戦した06年の4月には12日間連続の不眠の末、宿泊先のコンドミニアムのプールで自殺未遂も起こしている。06年シーズンは結局、22試合に出場して、4度の失格と3度の棄権に12回の予選落ち。4日間を戦い抜いたのは、わずかに3試合だけだった。

「病気を克服はしていない。毎日それと向き合う」

 それでも、何種類かの薬を試すうちに徐々に光が差し始め、08年には投薬なしで医師の経過観察を受けるまでに回復した。だが、ツアー初優勝を決めたこの日の記者会見でも、「病気を克服したとは思ってない。毎日それと向き合って、少しずつ勉強している。自分のことを理解して、1歩ずつ前へ進んでいくだけ」と、淡々と語るだけだった。


 陽光に彩られたTPCサンアントニオの18番グリーン上で、大会恒例となっている“優勝ブーツ”に足を入れたボウディッチ。その傍らには、08年から彼を支えている妻のアマンダ・ヤルッシが静かにたたずんでいた。


「アマンダは僕の人生における愛。彼女は妻であり、心底愛している。彼女がいなければ、ここでこうして話していることもなかっただろう。いいときも悪いときも、彼女はいつもそばにいてくれるんだ」


 ティショットを曲げて何度となく大きな石(ルースインペディメント)やサボテンに行く手を阻まれても、いわんや同伴競技者がどれだけスロープレーをしようとも、ボウディッチにとっては恐れるほどのことではなかっただろう。


 派手なガッツポーズもなく、見ている者には少々淡泊に感じられたツアー初優勝の陰には、まだ終わることのない戦いが隠されていた。


(文・今岡涼太)

GDO
GDO

国内外のトーナメント速報、最新ギア情報、レッスン動画など、ゴルフ情報をいち早く配信する専門サイト。米PGAツアーや欧州ツアーと提携し、各ツアーの日本語公式ページも運営する。1900コース以上のゴルフ場予約や、日本最大級の品揃えを誇るオンラインショップも展開し、ワンストップでゴルフファンを満足させる。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント