sportsnavi

宇宙大戦争でサスケ&バラモン兄弟が合体!?
V2拳王がベルトを返上しノア参戦を直訴
「宇宙大戦争」初の黒星を喫したグレート・サスケ
「宇宙大戦争」初の黒星を喫したグレート・サスケ【t.SAKUMA/佐藤崇】

 13日のみちのくプロレス東京・後楽園ホール大会では、「宇宙大戦争〜MAGIC SASUKE〜みちのくプロレス3大決戦」が行われ、超満員札止めとなる1834人を動員した。

 セミファイナルでは、毎年末恒例の宇宙大戦争が今年も開戦。ザ・グレート・サスケ&ヤッペーマン1号&2号&マッチョ☆パンプ組vs.バラモンシュウ&バラモンケイ&カラテバラモン&宇宙東林寺(野橋太郎)組が仁義なき戦いを繰り広げた。

サスケが「宇宙大戦争」初黒星

今年も壮絶に自爆するサスケ
今年も壮絶に自爆するサスケ【t.SAKUMA/佐藤崇】

 今年は男性ストリッパーを主人公にした映画『MAGIC MIKE』に多大なる影響を受けたサスケは、パートナーたちと共にリング上でセクシーなダンスを披露。一方、合気道&拳法の使い手となったバラモン兄弟は、ハンガーヌンチャクや棒を振り回すと、さらには大根やネギや麺といった鍋的なアイテムをリングに投入。

 なぜかワームやピープルズエルボーといったアメプロ要素まで飛び出す中、ケガを推して出場したサスケが、和桶を頭からかぶってのムーンサルトプレスという、完全に自殺行為としか思えない大技を狙って案の定自爆。すかさずバラモン兄弟が2人がかりで押さえ込み、宇宙大戦争史上初めて、サスケから勝利を奪った。

地球の危機にバラモン兄弟と合体

サスケとバラモン兄弟は地球を守るために一致団結
サスケとバラモン兄弟は地球を守るために一致団結【t.SAKUMA/佐藤崇】

 まさかの敗戦にもめげず、ストリップダンスでTバック姿となり、観客からチップをおねだりしたサスケは、「来年からの地球の危機に対して、力を合わせよう」と、バラモン兄弟に合体を要求。バラモン兄弟もあっさり応じ、今後はタッグを結成していくことになった。 以前はニュー・セーラーボーイズを組んで、即座に空中分解した過去のある3人だが、今回ばかりは地球を守るために一致団結となるのか。

拳王が東北ジュニア防衛で即返上

ノア参戦を直訴し東北ジュニア王座を返上した拳王
ノア参戦を直訴し東北ジュニア王座を返上した拳王【t.SAKUMA/佐藤崇】

 メーンイベントの東北ジュニアヘビー級選手権試合では、拳王が南野タケシの挑戦を退けV2に成功。試合後、リング上で新崎人生社長に王座を返上し、プロレスリング・ノアへの参戦を直訴した。

 拳王は第6代王者である南野のデスバレーボムや鹿浜ダイナマイトなどに苦しめられながらも、強烈な右ハイキックで完勝。再びベルトを腰に巻くと、その場で人生に「新崎社長にいただいた拳王というリングネームを大きくするために、レスラーとして成長するために、ノアに上がりたい」と訴え、防衛したばかりのベルトを返上した。


 拳王は2年前に剣舞と組んでノアのジュニアタッグリーグ戦に出場。現GHCヘビー級王者のKENTAらと刺激的な戦いを繰り広げていた。拳王は、名前こそ明かさなかったものの、意中の選手もいることから、「もっとも輝いている団体で戦うことで、プロレスラーとしての高みを目指したい」と決意。人生が今後、ノアと交渉して、どのような形態での参戦となるのか決定するが、長期に渡る離脱は決定的なことから、王者を失ったみちのくのリングが激動の時代を迎えることになりそうだ。

ハヤトが恩師・人生に初対決初勝利

恩師・人生越えを果たしたハヤト
恩師・人生越えを果たしたハヤト【t.SAKUMA/佐藤崇】

 フジタJrハヤトが、自分をプロレス界にスカウトした“恩人”である新崎人生とシングル初対決。人生の徹底した足攻めにより、得意の蹴りの威力をそがれ、念仏パワーボムや高野落としといった強烈な技を食らいながらも、必殺のKIDでレフェリーストップ勝ちを収めたハヤトは「今日、負けたら引退するつもりだった」と、この一戦に賭ける並々ならぬ決意を明かした上で、「これからのみちのくはオレたち若い世代が引っ張る。オレたちについて来い!」と堂々のエース宣言をした。

高木裕美

静岡県沼津市出身。埼玉大学教養学部卒業後、新聞社に勤務し、プロレス&格闘技を担当。退社後、フリーライターとなる。スポーツナビではメジャーからインディー、デスマッチからお笑いまで幅広くプロレス団体を取材し、 年間で約100大会を観戦している 。最も深く影響を受けたのは、 1990年代の全日本プロレスの四天王プロレス。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント