「『長与千種』で動揺、あとは自分次第」
仙台女子プロレス花月 独占インタビュー

後楽園では一発大きな花火を打ち上げる!

大口をたたいて以来、あたりも強くなったという。しかし、相手の100を引き出し、乗り越えることが重要
大口をたたいて以来、あたりも強くなったという。しかし、相手の100を引き出し、乗り越えることが重要【スポーツナビ】

――先日、仙台の道場で練習を見てもらったということですが、実際に指導を受けてどうでしたか?


花月 すごく勉強になりました。教えてもらったのは基礎の基礎で、直接勝利に関わるかどうかは自分次第だと思いますが……。

 簡単に言うと、自分は21歳で、負けていないところは若さと勢いとスタミナ。重鎮たちに負けている部分は経験、キャリアの部分です。そこの積んでこれなかった部分をガッと教えてもらった感じです。


――長与さんにしか分からない経験の部分を指導してもらったと?


花月 そうですね。良い刺激になりました。


――当日はリングサイドに呼ぶ?


花月 はい。来てくれると言ってもらいました。


――花月さんにとっては心の支えになるかもしれませんが、重鎮メンバーにとっては邪魔な存在を呼んだとなりますよね?


花月 確かにそうですよね。行動を起こして、マイクでアピールしてから、実は重鎮メンバーの当たりがきつくなっているのも分かります。毎回ボロボロにされて、ボロボロに言われてますけど、逆に、本気にした相手に勝つというのも大事なのかなと。

 長与千種の名前を出したことで、あの人はもうレスラーとして動かない、業界に携わらないと言っていたところで動いてくれたので、あっちは冷静だと言ってましたけど、絶対動揺していると思うんですよ。あとは自分次第だと。


――相手の本気を引き出しておいて、それを超えれば本当の意味で超えたってことになりますね。


花月 そうですね。


――ただ重鎮メンバーの本気は怖くないですか?


花月 うーん、怖いというよりも、私自身、土壇場に立たされていて後がないと。自分のプレッシャーの方が大きいです。相手がどうこうは関係ないです。


――では最後に、後楽園大会への意気込みをお願いします。


花月 この大会のタイトル通りだと思うんですけど、この日、女子プロレスの『大変革』が起こる時だと思います。

 もちろん起こすのは自分。自分が蒔いた種、火をつけた花火。花火大会に例えるなら、ほかのメンバーの試合が、場を盛り上げるために打ち上がる花火で、クライマックスの一発の大きな花火、そのオオトリを締めるのが自分になります!


――本日はありがとうございました!

花月は重鎮たちとの戦いを経て、女子プロレスに『大変革』をもたらすことができるか!?
花月は重鎮たちとの戦いを経て、女子プロレスに『大変革』をもたらすことができるか!?【スポーツナビ】

■仙台女子プロレス 東京・後楽園ホール大会

10月17日(木) 18:30試合開始 17:45開場


<メーンイベント:超世代闘争【新星VS重鎮】 シングルマッチ勝ち抜き戦8vs8>

【新星メンバー】

花月(仙女)、志田光(アイスリボン)、彩羽匠(スターダム)、夕陽(ゼロワン)、Sareee(ディアナ)、勝愛実(JWP)、世IV虎(スターダム)、朱里(WNC)

【重鎮メンバー】

里村明衣子(仙女)、アジャ・コング、ダイナマイト関西、豊田真奈美、コマンド・ボリショイ(JWP)、井上貴子(LLPW?X)、井上京子(ディアナ)、X(当日まで未発表)


<勝ち抜き戦・ルール内容>

・勝ち残った選手が次の選手と対戦する方式。負けた選手は退場となる。先にチームの全員が負ければ負けとなる。


・10分一本勝負。両者引き分けの場合は両者失格、退場。


<第2試合>シングルマッチ 15分1本勝負

旧姓・広田さくら

ライディーン・鋼(JWP)


<第1試合>スペシャルタッグマッチ 15分1本勝負

DASH・チサコ、仙台幸子

松本浩代、水波綾(WAVE)

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント