プロ注目二刀流 明治・岡大海が目指す道
東京六大学 秋季L開幕直前インタビュー
  • CSPark
プロ注目の二刀流、明治大・岡大海が目指すは大学日本一、そしてプロへ
プロ注目の二刀流、明治大・岡大海が目指すは大学日本一、そしてプロへ【写真は共同】

 9月14日、東京六大学野球の秋季リーグが開幕する。毎年のドラフト会議において上位で指名される選手が多く所属するこのリーグだが、今年も例年通り注目選手がいる。福岡ソフトバンクや阪神などがドラフトで上位指名が予想される明治大学4年生の岡大海だ。


 岡山は倉敷商業高校出身。大学生野手No.1との呼び声も高いが、倉敷商業から明治という経歴が現東北楽天ゴールデンイーグルスの星野仙一監督と同じという点も注目される理由の1つ。そして、北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平の“二刀流”挑戦がプロ野球界内外に話題を呼んだが、岡もまた同じく“二刀流”の使い手としても注目を浴びているのだ。


 ドラフトまで残り1カ月半となった今、最後のリーグ戦にかける思いやプロ入り後の二刀流の動向について語ってもらった。

ラストシーズンは野手に専念

――大学生活、今までの3年半を振り返っていかがでしたか?


「今までの3年半は投手として力を入れていたんですけど、このラストシーズンは野手に専念しようと思っています。というのも、春前に自分自身、怪我をしてしまって思うように投手としてうまく練習ができないということがありましたし、結果もなかなか出なかった。その一方で打者として結果が出ていたので、上の舞台でやるのならば打者としてやりたいと思うようになりました。プロに行ったら野手でやろうという思いです」


――その決断にあたり監督などのアドバイスもあったのでしょうか。


「特別どうこうというのはなかったんですけど、上でやっていくのならば野手でという話はしました。だからといって投手を諦める訳ではないですけど」


――大学に入った時点では両方で戦いたいと思っていたのでしょうか?


「どちらかと言えば投手としてですね。プロに行ったとしても、野手でやっていくつもりではあります。評価してくれる方がどう言うかはわかりませんけど、投手をやれと言われたら投手を、野手をやれと言われたら野手をやりたいという感じですかね」


――二刀流といえば日本ハムの大谷翔平選手が話題になっていますが、刺激は受けますか?


「自分自身、大学野球でうまく二刀流をやっていたんですけど、投手の方がいまいちで、打つ方が成績がよくなっていったんです。でも大谷くんは両方の面でしっかり結果を出していますし、素直に凄いなとは思いますね」

両方やっている分、充実感や楽しさも2倍

――二刀流の難しさはどういったところでしょうか。


「両方をベストの状態に持っていくのが難しいですよね。どっちかが良くなるともう片方が悪くなる。そういうことが多かったです。両方で結果を出すのはなかなか難しいです」


――その点に気づいたのはいつごろでしょうか。


「3年の秋に先発で出させてもらったんですけど、中盤から終盤にかけては思うようにピッチングが出来なくなって。そこからですね。先発で出た次の日に野手として出るとなると、体調を整えるのが難しいですし。野手に専念したほうがいいんじゃないか、と。ただ、やっている中では言い訳はできないので、常にベストのコンディションに持っていこうと取り組んでいました」


――逆に、楽しさもあったのではと思います。


「そうですね。他の人より出場機会がありますし、両方やっている分、充実感や楽しさも2倍だと思います。そういった点では充実していました」


――投手と野手、それぞれにおける強みはどこでしょうか。


「投手としてはストレートでどんどん押していけるところは自分の強みですね、速球には自信があったので。打者だと、遠くに飛ばす力と足の速さ。この2つはどんどん出していきたいと思っています」

CSPark
CSPark

競技・大学問わず大学スポーツに関するあらゆる情報発信を行う大学スポーツ唯一の専門メディア。オリンピック代表や日本代表、年代別代表など次世代を担うアスリートが多く在籍する大学スポーツの魅力を、ニュースやコラム、動画、ブログを通じて、お届けしております。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント