sportsnavi

日本6位入賞 桐生「日本の歴史背負う」
世界陸上・男子400mリレーコメント
男子400メートルリレーで6位入賞を果たしたが、試合後の選手たちは口々に次回への課題を言葉にした。(左から)飯塚、高瀬、藤光、桐生ら日本チーム
男子400メートルリレーで6位入賞を果たしたが、試合後の選手たちは口々に次回への課題を言葉にした。(左から)飯塚、高瀬、藤光、桐生ら日本チーム【写真は共同】

 陸上の世界選手権最終日が18日、ロシアのモスクワで行われ、男子400メートルリレー決勝では、日本が38秒39の6位入賞を果たした。


 エースの山縣亮太(慶応大)をけがで欠く中、予選をシーズンベストとなる38秒23の2着で通過した日本は、決勝も予選と同じ1走・桐生祥秀(洛南高)、2走・藤光謙司(ゼンリン)、3走・高瀬慧(富士通)、4走・飯塚翔太(中央大)で臨んだ。

 高校生で1走を任された桐生は、レース前に日本のリレー種目に関する歴史をまとめたビデオを見たそうで「日本の歴史を背負わないといけない」と気合いを入れ、スタートに立った。好スタートを切った桐生は「自分がしっかり走ることが大事。流れをつくって、しっかりと自分のスピードでバトンをつなぐことを意識した」と、自分の持てる力を出し切り、2走の藤光へバトンをつないだ。当初、山縣が入る予定だった2走にエントリーした藤光は、短距離チーム最年長らしく万全な状態でレースを迎え、桐生とのバトンパスで少し詰まるところはあったが、大きなロスをつくらずつなげ、「いま持っている力をしっかり出せたかなと思う。悔いはない」と満足気な表情を見せた。「決勝は無我夢中でした」と話した3走の高瀬だったが、アンカー飯塚へのバトンパスで詰まってしまい、順位を落とした。


 飯塚は6位という結果を受け、「予選を着順で通って、勝負できると思って決勝にいった。ただ、もうワンランク上げないとだめかな」と、世界で戦うためには、さらなるレベルアップが必要だと振り返った。


 以下、レース後の選手コメント。

桐生「普通の高校の夏休みを過ごしたい」

 自分がしっかり走ることが大事で、1走で流れをつくって、2走が山縣さんから藤光さんに変わったのですが、しっかりと自分のスピードでバトンをつなぐことを意識しました。(バトンパスは)自分が遅れずに渡せたと思います。

 藤光さんとのバトンパスは練習で初めてやったときもうまくいったので、安心して藤光さんに渡せました。藤光さんに追いつかないと何も始まらないので、気にせず突っ込みました。


 100メートル予選に出場した時は、落ちついてなかったので、リレーは落ちついていこうと考えていました。先輩方にバトンをつなぐ、自分はつなげるだけだと考えていたので。予選の2レーンは急なカーブだったのですが、思ったより走れました。決勝の8レーンは前がいなかったので、焦らず自分の力で走れたと思います。


(リレーは)100メートルより全然緊張しなかったというか、100メートルの時は(緊張で)ガチガチだったけど、リレーは4人の力を合わせられたので、楽しくつなげました。

(予選で2位に入れたことで)世界と戦うには、持ちタイムは関係ないと思いました。レース前に日本のリレーの歴史をまとめたビデオを見たのですが、歴史があることを知って、そこに自分が参加させてもらっているということは、日本の歴史を背負わないといけないんだと思いました。


(今年は)4月の織田記念国際からいろいろなことが体験できて、あっという間でした。織田記念もそうですし、日本選手権、バーミンガム(のダイヤモンド・リーグ)、世界選手権と、すべて初めてなので、全部が思い出です。

 ダイヤモンド・リーグ、世界選手権とタイムが上がってきたので、今後はもっともっと海外選手と走って経験を積んで、年齢を重ねていくうちに、もっと上を目指せればなと思います。まだ世界の舞台で決勝にいくというイメージができていません。準決勝も通っていないので。準決勝に出ないと話にならないので、そこをイメージしていきたいです。


(この後は)とりあえずは試合に出ないで少し休みたい。普通の高校の夏休みを過ごそうと思います。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント