sportsnavi

福士、笑顔の銅に「人生楽しんだ者勝ち」
世界陸上・女子マラソン一夜明け会見
女子マラソンで銅メダルを獲得した福士加代子が一夜明けて、その喜びを語った
女子マラソンで銅メダルを獲得した福士加代子が一夜明けて、その喜びを語った【Getty Images】

 陸上の世界選手権(ロシア・モスクワ)の女子マラソンで3位に輝いた福士加代子(ワコール)は、一夜明けた11日に記者会見を開き、銅メダル獲得の喜びを語った。


 2時間27分45秒のタイムで2009年ベルリン大会の尾崎好美以来、日本勢として2大会ぶりとなるメダルを獲得した福士は「一番楽しめたマラソンでした」と、結果・内容ともに満足感を示し、「みんなが見てくれてよかったです。そんな中であんな結果が出せました」と応援してくれた人たちに感謝の意を示した。


 また、注目されている今後のマラソン競技については「もうやらない(笑)。とりあえず今は何も考えていないです。とにかくマラソンは、わたしにとっては長いなという感じです」とはぐらかし、報道陣の質問を煙に巻いた。


 以下、会見での福士のコメント。

「みんな感激したと言ってくれました」

――一夜明けての心境はいかがですか? 


 (メダルを)取ったという感じです。


――レース直後はあまり実感がないとのことでしたが、実感は沸いてきましたか?


 実感はやっぱり、携帯にすごい量のメールが送られてきたりしていたので。後は電話もたくさんしました。それで、さっきちょっと映像も見たりしたのですが、やったじゃんっていう感じです(笑)。


――映像を見たということですが、自分の走りを見ての感想については?


 詳しくは見ていないですが、最後のところを見たら(自分自身が)だいぶ喜んでいたので、良かったのだと思います。


――ある程度、余裕を持ってレースに臨めたということですか?


 余裕を持ってというか(レースは)長いという覚悟があったので。まあ、実際に長かったですけど(笑)。


――マラソン競技での初めての世界大会でしたが、緊張はしていましたか?


 緊張はしていましたけど、慣れたというか、今までみたいにドキドキするというような感じはなかったです。落ち着いてました。


――どんなメールや祝福の言葉がありましたか?


 結構、みんな泣いたらしいですよ(笑)。感激したって言ってくれました。


――それを聞いてどう思いましたか?


 そうだねって(笑)。私も(表彰式で)泣きました。


――日本時間の19時開始という、ゴールデンタイムでのレースでしたが?


 みんなが見てくれてよかったです。そんな中であんな結果が出せました。

「福士家のご先祖様に報告してきます(笑)」

――ここ最近の世界大会の女子マラソンで、日本勢は結果をあまり出せていませんでしたが?


(流れを)変えられたかもしれませんね。まあ、変える気はなかったですけど(笑)。とにかく良かったです。


――今後のマラソンについてはどう考えていますか?


 もうやらない(笑)。とりあえず今は何も考えていないです。とにかくマラソンは、わたしにとっては長いなという感じです。


――それでもレースは楽しめましたか?


 最後は楽しかったです。一番楽しめたマラソンでした。


――その瞬間はどれぐらいのものでしたか?


 ほんの2、3分くらい(笑)。どうせまた苦しい時はまた来ますので(笑)。


――これから帰国するわけですが、日本に帰ってやりたいことは何ですか?


 墓参りに行きたいです(笑)。福士家のご先祖様のところに行ってきます。メダルを取ったよって報告します。

構成:スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント