IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニタが10年ぶり復活! ボノとの対戦を直訴
6.21大仁田興行リポート

リング上では毒霧、有刺鉄線バットと大暴れ

曙にボノとの対戦要求をするニタ
曙にボノとの対戦要求をするニタ【t.SAKUMA】

 大仁田厚プロレスリング『「THIS IS“邪道”ワールド!」〜矢口壹琅デビュー20周年記念試合〜』が21日、東京・新宿FACEで開催され、満員のファンで熱気に包まれた。


 大仁田の化身グレート・ニタが約10年ぶりに復活し、ジ・ウインガーと一騎打ち。試合後は曙に対し、曙の化身グレート・ボノとの対戦を訴えた。

 ニタは2003年5月のWJプロレス大阪大会で馳浩と対戦して以来、消息を絶っていたが、“愛の宣教師”矢口の愛の祈りの力によって復活。東京・お台場の海にヘドロにまみれた姿で現れ、新宿大会への参戦を了承した。


 試合前には、3000円以上の大仁田グッズを購入したファンと2ショット撮影会を行うなど、極めてフレンドリーだったニタだが、いざリングに上がると急変。ゴングを待たずに鎌でウィンガーを切り付け、マスクを引きちぎり、何のためらいもなく素顔をさらけ出すと、顔面に毒霧を噴射。さらに有刺鉄線バットで殴打し、イスで頭をブチ抜き、サンダーファイヤーパワーボムでフィニッシュを決めた。


 試合後はウォーミングアップをしていた曙に近寄ると、「ヴァー、ヴァー」と咆哮を上げるなど興奮を抑え切れず。通訳の矢口を通じて「ボノ、逃げるな。久々に日本に上陸して、ニタはボノと戦うのを楽しみにしてるぞ」といまだ魔界にいるボノへメッセージを送った。

大仁田が7.7有明大会で田上レフェリーを要求

メーンでは大仁田と20周年を迎えた矢口(左)と田中(右)がタッグを組んで、曙、浜、菅原組とデスマッチで対戦
メーンでは大仁田と20周年を迎えた矢口(左)と田中(右)がタッグを組んで、曙、浜、菅原組とデスマッチで対戦【t.SAKUMA】

 メーンイベントでは、スクランブルパンクハウストルネード6人タッグデスマッチとして、大仁田厚、田中将斗、矢口壹琅組 vs 曙、浜亮太、菅原拓也組が激突。過去に2度、電流爆破マッチで対戦している曙に対し、大仁田は、ゴングと同時にボディーめがけて有刺鉄線バットを振り下ろすと、場外でもイスチャンバラを展開。菅原にはテーブルの上でパイルドライバーをお見舞いし、浜の巨体を矢口と合体ブレーンバスターで投げ捨てるなど大暴れ。試合終盤には毒霧を噴射して元横綱の顔面を真っ赤に染め上げ、菅原を3人合体のサンダーファイヤーパワーボムで仕留めて、デビュー20周年を迎えた矢口に勝利をプレゼントした。


「ファイヤー」ならぬ「愛だー」の合唱で、矢口とともに大会を締めた大仁田は、邪道軍として「NO MERCY」と6人タッグで対戦する7.7ノア東京・有明コロシアム大会に向け、「邪道軍は田上明社長を特別レフェリーに任命する」と一方的に要求。12月に引退する「ダイナミックT」に、最後に邪道の洗礼を浴びせることを通告した。

矢口20周年を豪華ゲストが祝福

 大会開始前にはデビュー20周年を迎えた矢口の記念セレモニーが行われ、多数のゲストが駆け付けた。元おニャン子クラブの生稲晃子さんやパントマイマーの中村有志さん、タレントのローバー美々さん、さらには元新日本プロレスのミスター高橋レフェリーらが祝福する中、最後はお祝いに贈られた有刺鉄線ギターを血まみれになりながらも演奏し、元カブキロックスの氏神一番さんとともに「お江戸−O.EDO−」を披露して客席と一体となった。

10年ぶり復活したニタが毒霧、有刺鉄線バットを持って大暴れした
10年ぶり復活したニタが毒霧、有刺鉄線バットを持って大暴れした【t.SAKUMA】

■大仁田興行「THIS IS“邪道”ワールド!」

6月21日(金)東京・新宿FACE 開始19:00


<スクランブルバンクハウストルネード6人タッグデスマッチ〜矢口壹琅デビュー20周年記念試合 時間無制限1本>

大仁田厚、田中将斗、○矢口壹琅

(11分5秒 合体サンダーファイヤーパワーボム→エビ固め)

曙、浜亮太、×菅原拓也


<邪道軍vs.ZERO1 6人タッグマッチ 45分1本>

大谷晋二郎、佐藤耕平、○横山佳和

(13分14秒 エアプレーンデスバレーボム→体固め)

保坂秀樹、松崎和彦、×藤井健一


<ミクスド6人タッグマッチ 30分1本>

ダンプ松本、レザー・フェイス、○戸井克成

(11分5秒)

見た目が邦彦、ばってん多摩川、×雷電


<スペシャルシングルマッチ 30分1本>

○グレート・ニタ

(6分37秒 サンダーファイヤーパワーボム→エビ固め)

×ジ・ウインガー


<世界プロレス協会プレゼンツ 女子タッグマッチ 20分1本>

ラ・マルクリアーダ、○ミクロ

(14分19秒 横入り式エビ固め)

×アレックス・リー、バンビ


<タッグマッチ 20分1本>

○がばいじいちゃん、エキサイティング吉田

(10分8秒 前方回転エビ固め)

×佐野直、矢野啓太

高木裕美

静岡県沼津市出身。埼玉大学教養学部卒業後、新聞社に勤務し、プロレス&格闘技を担当。退社後、フリーライターとなる。スポーツナビではメジャーからインディー、デスマッチからお笑いまで幅広くプロレス団体を取材し、 年間で約100大会を観戦している 。最も深く影響を受けたのは、 1990年代の全日本プロレスの四天王プロレス。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント