sportsnavi

篠塚和典が魅了された素顔の長嶋茂雄
「私もミスターの“いちファン”だった」

結構あきらめも早かった

長嶋氏は常にファンが何を楽しみに球場に来ているのかを考えていたという
長嶋氏は常にファンが何を楽しみに球場に来ているのかを考えていたという【スポーツナビ】

――ミスターの野球観はどうだったのでしょうか?


「私が思うに、ミスターはスモールベースボールのような野球よりも、ホームランを打ってという豪快な野球の方が好きだったのだと思いますね。そこにはファンの方が何を見たくて、何を楽しみにして球場に来ているのかっていうことを考えていらっしゃったんだと思います。

 長嶋監督はとにかくピッチャーに厳しかったですね。というのも、ゲームをつくっていくのはピッチャーですから。だから、ピッチャーが早い回で打たれると『ああもうダメだ』というようになっていましたね」


――あきらめてしまうんですか?


「結構あきらめも早かったですね。自軍の選手でも『このピッチャーはダメだ、打たれるよ』とか、六感で予想しちゃっていましたからね。しかも本当に打たれてしまうから不思議です」

ミスターを先頭にみんなが前を向いた伊東キャンプ

――長嶋さんと言えば、伊東キャンプの厳しさが有名ですが、当時の長嶋さんはどんな様子だったんでしょうか?


「V9時代からの世代交代期ということもあって、ミスターにも“強いジャイアンツをつくらないと”という期する思いがあったんだと思います。

 キャンプの前に『ここに来ているお前たちがしっかりできるようになれ。今後のジャイアンツはお前たちが背負っていくんだ』という言葉がありました。だから、私たちもつらいのは当たり前だ、という思いで臨んでいましたし、マイナスの言葉を選手間でも聞いたことがありませんでした。みんながミスターを先頭に前を向いていましたね」


――長嶋さんの指導で一番印象にあるのは?


「私の場合は、ワンポイントレッスンが多かったです。高校時代は長距離打者としてやっていましたが、入団した時、プロのレベルとしてのパワーはなかった。プロに入って高校時代のプレースタイルのままやっていたらダメになっていたでしょう。ミスターがドラフト指名のあいさつで家に来られた時、『君は良い2番バッターになるよ』って言われて、最初は『えっ』って思ったけど、2軍で経験していく中でその意味が分かりました。ミスターはもう入団の時から、私がプロで生きる道を見出していたんだと思いましたね」

構成:スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント