IDでもっと便利に新規取得

ログイン

真央、ソチ五輪で「最後の最高の滑りを」
フィギュア国別会見・一問一答
ソチ五輪を最後に引退の意向を表明した浅田真央
ソチ五輪を最後に引退の意向を表明した浅田真央【写真は共同】

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦2013(11日〜13日)から一夜明けた14日、女子シングルで5位に終わった浅田真央(中京大)が会見に臨み、ソチ五輪を最後に引退する意向をあらためて示した。


 穏やかな表情で会見場に姿を現した浅田。大挙して集まった報道陣の姿を見て思わず「すごい人……」とつぶやいた。前日のフリースケーティング後の会見で「五輪という最高の大きな舞台で、集大成の演技をしたい」と発言し、ソチ五輪後の引退示唆と報道された。記者からあらためて「ソチ五輪のシーズンで引退ということか」と聞かれた浅田は「今はそういうつもりでいます」とソチ五輪を一区切りとすることを認めた。


 引退後のプランは決まっていない。ソチ五輪に向けては「最高の舞台で、最高の演技をしたいという気持ち」と前を向く。ファンにも「(ソチ五輪が)最後という気持ちで応援してもらえれば」と、決意を語った。


 以下は、浅田のコメント。

ソチ五輪へ「いつも通り、悔いなくできれば」

「(今シーズンは)大変でした。その中で良いことも悪いこともありましたが、たくさんの収穫がありました。満足しています。(今は)ソチ五輪というすごく大きな舞台で、最後の最高の滑りをできるようにという気持ちに向かっています。あとはケガをしないようにして、五輪に行けるように頑張りたいです」


――ソチ五輪のシーズンで引退ということか?


「今はそういう気持ちです。理由らしい理由はないです。今年に入って徐々に思ってきて、気持ちがふと来た時があったので、その時に『そうなんだなぁ』と思って。(引退の決断は)体力面ではないですが、いろんなことがあり、その中でちょっとずつ『そうなのかな、そうなのかな?』という感じで。昨季、スケートをちょっと離れたいと思ったときもありましたが、それがキッカケというわけではないですね」


――事前に周囲に相談は?


「姉(でタレントの浅田舞さん)やマネージャーには『そう思ってる』と伝えました。(反応は?)『そうだよね』『自分が決めればいいのでは?』とか、そんな感じです」


――五輪の準備で一番大切なことは?


「心技体だと思うので、心も体も技術もすべて整っていないといけないなと思っています。長い間スケートをやってきたのに比べたら(ソチまでは)本当にちょっとの時間だと思うのですが、いつも通り、悔いなくできればいいなと思っています」


――今後は?


「今までスケート1本でずっとやってきたので、これからは自分も自分の道を切り開いていかないとというのは思っています。大学は今年で休学して、ソチ五輪までスケートを集中してやっていくと決めたので、(復学については)そのあとに考えたいと思います。

 将来は子供がほしいですね(笑)。良い旦那さんと巡り合って良い家庭を築きたいです。

 応援してくれている方にも、ソチを最後にするという気持ちを伝えたかったので、そういう気持ちで応援していただけたらうれしいです」


<了>

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント