“和製イブラ”平山にかかる復活への期待
ブランク乗り越え、けがをする前より強く

度重なる負傷で消えた存在感

ナビスコ杯で今季初先発を果たした平山は、2011年に負った重傷により、2年間本来の力を発揮できずにいた
ナビスコ杯で今季初先発を果たした平山は、2011年に負った重傷により、2年間本来の力を発揮できずにいた【写真:中西祐介/アフロスポーツ】

 FC東京の大熊清テクニカルダイレクターは「2010年は7得点を挙げて(復活の)兆しがあった」と言う。当時監督だった大熊は、J2に降格した東京の中軸に平山相太を据えることを決めた。迎えた11年シーズン、東日本大震災が列島を襲い、開幕の1試合を消化したのみでリーグ戦が中断。さあこれからという4月11日に、平山は栃木SCとの練習試合で思いきりゴール前に突っ込んでいき、相手選手と交錯し、右脛骨および腓骨骨折の重傷を負った。この負傷はチームにとっても計算外だった。ロベルト・セザーとペドロ・ジュニオールも想定していた力を発揮できず、もともと故障しがちだった高松大樹も5月14日の対ザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)戦で負傷。長身のフォワードが不在となり、東京は大混乱に陥った。選手の提案で戦術をパスサッカーに変更し、空中戦を回避。夏の第二ウインドーでルーカスを獲得し、彼にクサビのボールを集めるスタイルを確立するまで、この余波は収まらなかった。


 チームがJ1に復帰した12年も平山にとっては明るいシーズンではなかった。5月1日の練習中に負傷。診断結果は右腓骨骨挫傷、右短腓骨筋挫傷だった。


 6月、囲み取材のふとしたタイミングで、ランコ・ポポヴィッチ監督は聞いてもいないことを言い出した。

「イブラ(平山)には子どもができました。とても祝福すべきことです。彼にもそのくらいの幸せがあっていい」


 もちろん、平山に第一子誕生という公式のリリースは出ていない。それは文章には書かなかった。長谷川アーリアジャスールが味の素スタジアムでゴールを決め、平山に向けて「ゆりかご」パフォーマンスをしたのはその後、6月23日の対セレッソ大阪戦、清武弘嗣のニュルンベルク移籍前の関東ラストゲームでのことだった。


「相太くんに子どもが生まれていたのに点が取れていなくてできていなかったということもあり、みんなでやろうという気持ちもあってやりました。ああいうことがすべてではないと思うんですけど、やることによってチームが一丸となりますし。相太くんが喜んでいる顔が見えて、またがんばってもらえるだろうし、よかったと思います。今季は二回退場しているので、どこで観ているかわかっていますから。しっかりと確認して指も差してやりました」(長谷川)

移籍を思いとどめたポポヴィッチの言葉

「まあ、あしたを見ていてください!」と言い残し、清水へと向かう遠征バスに乗り込んだ平山への期待を、ポポヴィッチ監督はとんちの効いた名文句にした。


「バスに乗ることだけを期待しているのではないことはたしかです(笑)」


 10月13日、アウトソーシングスタジアム。平山はおよそ半年ぶりにメンバー入りし、ヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦、対清水エスパルス戦に69分から出場した。0−2とリードされ敗色濃厚、アウエーの激烈な雰囲気のなか、力を存分に発揮することはできなかった。


「個人的には出場時間を伸ばしたい。得点してチームの勝利に貢献したいです」


 しかしその後も満足に出場機会を得ることができず、2年連続ノーゴールに終わった。オフには他クラブへ移籍のうわさが流れる。12月20日、警視庁渋谷警察署および渋谷交通安全協会主催による「飲酒運転させないTOKYOキャンペーン」の先頭に、徳永悠平とともに立つ平山の姿があった。東京メトロ渋谷駅の改札口で啓発品を配り終え、ハチ公前で群集に囲まれたあとに来年の目標を問うと平山は「優勝です」と答えた。すかさず徳永は「えっ、いるの?」と聞いた。


「いてほしいでしょ」と聞き返す平山に徳永は「いてほしいよ……」と言う。冗談めかしたやりとりに、心情がにじんでいた。


 その後一週間、オファーのあった他クラブへの返答期限が訪れるまで悩んだ平山は、来季も自分がチーム構想に入っていることを確かめると、東京残留を決めた。移籍に傾きかけていた考えを変えたのは、ポポヴィッチ監督の「全員が平等だ」という言葉だった。

後藤勝

サッカーを中心に取材執筆を継続するフリーライター。FC東京を対象とするWeb/メールマガジン「トーキョーワッショイ!プレミアム」(http://www.targma.jp/wasshoi/)を随時更新。著書に小説『エンダーズ・デッドリードライヴ 東京蹴球旅団2029』(カンゼン刊 http://www.kanzen.jp/book/b181705.html)がある。【Twitter】@TokyoWasshoi

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント