まさに“ホンモノ”大谷翔平が魅せた30球=全投球詳細
投手デビュー戦となる10日のヤクルトとの春季教育リーグで、2回無失点、最速152キロのピッチングを見せた日本ハム・大谷
投手デビュー戦となる10日のヤクルトとの春季教育リーグで、2回無失点、最速152キロのピッチングを見せた日本ハム・大谷【写真は共同】

 決して話題性だけではない。見るもの全てを納得させる、そんな投球だった。


 二刀流に挑戦中の北海道日本ハムのドラフト1位ルーキー・大谷翔平が10日、鎌ケ谷で行われた東京ヤクルトとの春季教育リーグで、ド派手な投手デビューを飾った。投げたイニングは2回、球数はわずか30球。限られた時間の中ながら、見るもの全てを魅了した。

注目度満点の中、初球いきなり!

 暖かい陽気に包まれた前日とうって変わり、強風が吹き荒れ、肌寒さが一気に舞い戻ったこの日の関東地方。決して野球観戦日和といえるようなコンディションではなかったが、前々から『投手・大谷翔平』の実戦デビューの日として名言されていたこともあり、千葉県・鎌ケ谷スタジアムには多くの観衆が集まった。この春の話題を独占したゴールデンルーキーの初登板――この日を目前にして、CSスポーツチャンネル・GAORAが、春季教育リーグでは異例となる生中継を決めるなど、ファンもメディアも、彼の初登板に目を光らせていた。


“そのとき”は、6回に訪れた。2番手として上る、初の実戦マウンド。初球、いきなり魅せる。先頭の楠城祐介に投じた外めのストレート。この春から新調された大型ビジョンには「151キロ」と表示され、大入りの場内からは大歓声が上がった。

 その後も149キロ、148キロ、149キロとストレートを立て続けに投げ込み、カウント1ボール−2ストライクと追い込む。5球目は、この日初めてスライダーを投じるもアウトコースに外れ2ボール−2ストライク。そして7球目、再び149キロのストレートを投げ込みファーストフライ。力でねじ伏せ、この日初めてのアウトを奪った。


 続く打席には、1軍での実績十分の川端慎吾を迎えた。しかし大谷はまったく臆することなく自分のピッチングを続ける。初球からストレートを4球続け、カウント1ボール−2ストライクと追い込むと、「これまではあまり投げなかった」という左打者へのスライダーを投じ、川端から空振り三振を奪った。


 その後もストレート主体のピッチングで、最速は152キロを計測。2イニング目には安打を許すも、走者を出しても動揺せず。打者7人に対し計30球。奪三振2、被安打1と完璧に近い投球でマウンドを降りた。

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の“いま”を伝える野球専門誌。年4回発行の『季刊ベースボール・タイムズ』を含め、全国の番記者からプロ野球のホットな話題・情報を届ける。毎年増刊号として発行される選手名鑑も好評!『2019プロ野球プレイヤーズファイル』は2月15日に発売!今年も内容をスケールアップし、全選手を徹底解剖しています!

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント