sportsnavi

香川がユナイテッドにもたらす新たな武器
ハットトリックで見えた今後への可能性

アジア人として史上初の快挙

ルーニー(左)とのコンビからハットトリックを記録した香川。2人の連係は今後チームの武器となる可能性を秘めている
ルーニー(左)とのコンビからハットトリックを記録した香川。2人の連係は今後チームの武器となる可能性を秘めている【Getty Images】

 待望の瞬間は前半アディショナルタイムに訪れた。右サイドからのクロスをロビン・ファン・ペルシが左足を伸ばして触り、そのボールがフリーで待つ香川真司のもとへ。浮いたボールを右足アウトサイドでとらえると、シュートはノーウィッチ・シティのGKマーク・バンの逆を突いて、ネットに吸い込まれた。


 前半から自陣で引いて守るノーウィッチに苦しんでいたマンチェスター・ユナイテッドはこの1点で一気に試合の流れをつかんだ。トップ下ではなく、左サイドで先発した香川は、52分には前線に走るウェイン・ルーニーにロングスルーパスを通すなど、チャンスを作り続けた。そして76分、87分とルーニーのおぜん立てにより、なめらかなボールタッチから追加点。昨年9月29日のトッテナム戦以来、公式戦でゴールから見放され、得点することを切望していた男がプレミアリーグでアジア人初となるハットトリックをやってのけた。


 この大車輪の活躍を現地メディアは称賛した。『スカイスポーツ』は「この日の彼を止めるのは難しかった。香川はハードワークをする中で、チームを勝利に導くクオリティーがあることを示した」と評価し、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出した。同じくMVPに選んだのが『ユーロスポーツ』。「日本のスターが見せた最高級のパフォーマンスは心地よい午後を作り出した」とたたえ、チーム最高となる9点をつけた。「歴史を作った」と見出しを打ったのは『BBC』だ。フラムに所属していた稲本潤一(現川崎フロンターレ)がイングランドの地でハットトリックを達成しているが、それはUEFAカップ出場権を争うインタートトカップでのこと。昨シーズンまで7年間ユナイテッドに在籍していたパク・チソンも記録しておらず、香川はまさにアジア人として史上初の快挙を成し遂げた。

ルーニーとの良好なコンビネーション

 昨夏にドルトムントから移籍し、リーグ戦2試合目で初ゴールを決めるなど順調なスタートを切ったかに見えた香川だったが、その後は分厚い選手層と負傷により、適合に苦しんでいるようだった。レアル・マドリーとの大一番(チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦)に先発出場するものの、途中交代。「香川の起用は逆効果だった」「失望の出来」「彼の夜ではなかった」と辛らつな評価が並んだ。その一方で、「彼の裏への動き出しはレアル・マドリーに脅威を与えていた」とスペインのメディアからは称賛されるなど、国によって評価もまちまちだった。


 イングランドは、イタリアやスペインに比べると戦術的に大味なところがある。ユナイテッドにしても選手同士が連動してパスをつなぐというよりも、個人技を主体としたサイドアタックに特徴がある。デビッド・ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドらがエースナンバーの『7番』をつけていたことからもそれが分かるだろう。


 そうしたチームにおいて、鋭い動き出しと繊細なテクニックを生かしたパスワークに特長のある香川が自身の持ち味を発揮するのは難しいことだったに違いない。アントニオ・バレンシアやダニー・ウェルベックは、ボールを持つとまずはドリブルすることを考え、香川が良いタイミングでパスを引き出そうとしても、息が合わないことが多かった。ただ、それは裏を返せば香川がまだ完全に信頼を得ていないととらえることもできる。


 幸い、チームの絶対的な存在であるルーニーとは良好なコンビネーションを築きつつある。この日の3点中2点はルーニーからのアシスト。ゴールシーンだけではなく、香川の動きに合わせてパスを出したり、自身も動き出したりとうまくシンクロしていた。香川とルーニーのコンビはユナイテッドの新たな武器となる可能性を秘めている。

ファーガソン「香川は本来の姿を取り戻してきている」

 アレックス・ファーガソン監督も香川の活躍を喜んでいる。「彼にとっては素晴らしい日だった。彼は良いフィニッシャーだよ。2点目のゴールは冷静でインテリジェントに溢れていた。3点目も美しかったね。10月から2カ月の間離脱していたけど、本来の姿を取り戻してきている」と『デイリーメール』紙に語り、手放しでほめたたえている。その一方で、「来シーズンはもっと良くなるだろう。彼が本当に素晴らしいプレーヤーだということが分かると思う」と、まだドルトムント時代のフォームを取り戻していないと感じているようだ。


 この日の香川の3点目は、2列目からの動き出しと柔らかなファーストタッチで中央を突破するという、ドルトムント時代によく披露していたプレー。サイドアタックだけではなく、中央突破も攻撃のバリエーションに付け加えたいという意向で、ファーガソン監督は香川に白羽の矢を立てたと言われている。得意な形から決めたこのゴールはまさに指揮官が求めていたものだろう。


 3月5日にはレアル・マドリーとの第2戦が控えている。『BBC』のコメンテーターであるスティーブ・ウィルソン氏は「ユナイテッドは、レアル・マドリーとジョゼ・モリーニョにメッセージを送った。シンジ・カガワというニューヒーローと特別なストライカーであるウェイン・ルーニーがいるということを」と語り、香川に期待を寄せた。出場機会があるかどうかは定かではないものの、白い巨人に少なからずアピールとなったのは間違いないだろう。


<了>

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント