IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初戴冠狙う鵬翔と京都橘の2人のキーマン
決勝の地・国立で実現する才能の交錯

決勝で相まみえる両校のエース

得点ランクトップに立つ小屋松。豊富かつ質の高いイメージで自慢の快足を生かす
得点ランクトップに立つ小屋松。豊富かつ質の高いイメージで自慢の快足を生かす【写真は共同】

 夢の国立競技場で行われた準決勝で勝利を挙げ、ファイナリストとなったのは京都橘(京都)と鵬翔(宮崎)。ともに初の決勝進出となった両チームには、攻撃の要と言えるエースストライカーが存在する。京都橘の小屋松知哉と鵬翔の中濱健太だ。


 決勝で注目の2人は、どちらとも万全な状態とは言えない。今大会、スピードに乗ったドリブルと、抜群の裏への飛び出しでゴールを量産する小屋松だが、初戦で左ふくらはぎを負傷し、手負いの状況だ。また、中濱も県予選決勝で負傷し、今大会は15分限定の出場となっている。


 けがに悩まされている2人のエースだが、決勝に懸ける思いは非常に強い。


「同時優勝だけは絶対に避けたかった。今の自分のコンディションで試合をするのは嫌だったので、延期開催が決まったことはうれしかった」(小屋松)


「多分、みんなはやりたかっただろうけど、僕はけがをしているので、正直、延期してよかったと思っています」(中濱)


 1月14日の決勝戦当日。関東地方を襲った大雪の影響により、京都橘vs.鵬翔の一戦は、1月19日に延期が決まった。その直後の国立競技場のミックスゾーンで、2人のエースは一方は表情を一つも変えず、もう一方は笑顔でそう語った。

小屋松の能力を引き出す試合へのイメージ

 小屋松は2年生ながら、エースナンバー10を背負い、チームのポイントゲッターとして前線に君臨する。彼の特長は50メートルを5秒8で駆け抜けるスピードと、得点ランキングトップの5ゴールを挙げている決定力と言われるが、その根源となっているのが、プレーを予測する“想像力”だ。


「イメージは毎試合持っています。それは自分の得意とするプレーのイメージ、シュートのイメージ、ゲーム運びのイメージ……。そこに相手の情報を入れながら、試合前にイメージしています」


 彼の性格は常に冷静沈着で、周りに流されない独自のスタイルを持っている。同学年のGK永井建成は、「あいつはすごくクールやし、勉強もできる。それに、みんなからかっこいいと言われるほどの男前やし……」と口にするほど。試合後のミックスゾーンで、大勢の記者に囲まれても淡々と、そしてしっかりと自分の中で考えながら、自分のペースで言葉を紡ぎだす。その姿を見ても彼がいかに感覚だけでなく、考えて知的なプレーをしていることが分かる。だからこそ、試合に臨む前に、イメージトレーニングを施し、その中で得た情報、イメージを持った状態でプレーをする。


 これまでの彼の活躍は、単純に50メートル5秒8のスピードを発揮したからではない。「どこにギャップが生まれるか、そこにいかに入っていくか、どう仕掛けるか、どうやりきるかを考えている」という、豊富でかつ質の高いイメージがあるからこそ、小屋松はピッチ上で輝きを放つ。瞬時に次のプレーを予測し、相手よりも早く加速態勢に入っているからこそ、50メートルのタイムだけでは単純に測れないほどの、爆発的なスピードを生みだす。さらにボールを受けてからのイメージもできているからこそ、スピードを殺すことなく、そのままシュートに持ち込むことができる。


「国立競技場にはすぐに慣れた。やっぱり常にイメージを持って(試合に)入るので、すごくやりやすかった」


 チーム初、自身の初の国立競技場での試合となった準決勝。相手は優勝候補筆頭の桐光学園(神奈川)。だが、国立の雰囲気に飲まれたのは桐光学園で、京都橘は落ち着いていた。その中でも小屋松はイメージを元にした抜群のポジショニングと、鋭い動き出し、そしてギャップでボールを受けてからの積極的な仕掛けで、桐光学園守備陣を大きく揺さぶった。前線で抜群の存在感を発揮した小屋松は、76分にはペナルティーエリア内のこぼれ球に瞬時に反応し、2点目をたたきこんだ。このゴールは彼のポジショニング、予測、反応すべてがスムーズだったからこそ、生まれたものであった。

安藤隆人
安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。昨年まで1年間、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント