“自前で育てる”強豪私立が取り組む中高一貫での強化策

仙台育英に見える小学→中学→高校と続く育成の流れ

 初日の第3試合に登場する仙台育英高(宮城)も、中学から強化を図っている。系列の仙台育英学園秀光中(宮城)は、2年連続で全中に出場した強豪だ。

 強くなり始めたのは高校3年生世代から。当時の主力が現在は仙台育英高で背番号1をつける渡辺郁也と、5番の早坂和晋だった。この代以降は連続で全中に出場し、大半のメンバーが仙台育英へ入学している。


 興味深いのが小学生の時、冬に行われる「NPB12球団ジュニアトーナメント」に出場する東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアに選ばれた選手が多いということだ。渡辺、早坂は06年の優勝メンバーである。

 いま、秀光中の4番キャッチャーを務める若狭武瑠(中2)も楽天ジュニアの出身。秋田から「高いレベルでやりたい」と秀光中の門をたたき、寮生活を送っている。

 今後も楽天ジュニア→仙台育英秀光中→仙台育英という流れに注目である。

新しい強化策「中学硬式野球部」

 中学に「硬式」野球部を作る強化策もある。常葉学園橘高と戦う福井工大福井高(福井)は、系列の福井中に硬式野球部を創部。福井中学ボーイズとして戦い、全国大会出場の実績を持つ。

 大会6日目に登場する神村学園高(鹿児島)は神村学園中に硬式野球部があり、こちらは神村学園シニアで登録している。


 基本的にシニアやボーイズは学校外の活動となるため、「学校生活が見えてこない」と悩む監督もいる。多感な時期の中学生だからこそ、グラウンド以外での教えが人間的な成長につながっていく。それが中学に硬式野球部があれば、学校生活が見えるうえに、高校で使う硬球に早くからなじむことができる。

 また、軟式にも硬式にも通じることだが、中学3年で有望選手を勧誘しても、争奪戦になるのは必至。それならば、系列の中学校で選手を育て、高校に送り出したほうがチームをつくりやすいという考えもある。

 このように中学からの強化策を知ると、今まで以上に甲子園を楽しめるのは間違いない。


<了>

夏の甲子園2012 全48試合を1試合ごとにDVD化!

【夏の甲子園2012 DVD販売サイトより】

 第94回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園2012)の熱い戦い、全48試合をDVD化することが決定しました。

 ABC朝日放送が制作した試合中継の映像(実況付)を使用し1試合1タイトルとして発売致します。開会式や試合ダイジェストなどの特典映像も満載です!

 販売価格は、1タイトル5,250円(税込)。

 さらに過去大会の映像を収録した「熱闘甲子園シリーズ」も本サイトにて近日注文受付開始予定です。

 ご注文方法は、インターネットまたは、FAX注文から可能です。なお、発送開始は9月下旬ごろとなります。

(販売サイトはコチラ http://www.koshien-dvd.com/)

 あの興奮、感動を何度も味わえる!貴重な映像をDVDとして、あなたの元へお届けいたします。

大利実

1977年生まれ、横浜市出身。大学卒業後、スポーツライター事務所を経て独立。中学軟式野球、高校野球を中心に取材・執筆。著書に『中学の部活から学ぶ わが子をグングン伸ばす方法』(大空ポケット新書)や、神奈川高校野球の監督たちの指導論やライバル関係を描いた『高校野球 神奈川を戦う監督(おとこ)たち』『神奈川を戦う監督(おとこ)たち2』(ともに日刊スポーツ出版社)がある。有料メルマガ「メルマガでしか読めない中学野球」(http://www.mag2.com/m/0001566390.html)やツイッター(@mino8989)でも情報を発信中。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント