IDでもっと便利に新規取得

ログイン

超高校級DF植田を筆頭にタレントそろう大会
インターハイ2012展望

注目のタレントが多くそろう大会

今大会注目度ナンバーワンのDF植田、長身を生かしたヘディングが武器
今大会注目度ナンバーワンのDF植田、長身を生かしたヘディングが武器【安藤隆人】

 7月29日から長野県松本市で開催されるインターハイ(高校総体)。全国の予選を勝ち抜いた55校が一発勝負のトーナメントでしのぎを削る、真夏の風物詩がやってきた。

 今大会はタレントぞろいの大会と言っていい。宮市亮(中京大中京→アーセナル)、柴崎岳(青森山田→鹿島アントラーズ)、小島秀仁(前橋育英→浦和レッズ)、昌子源(米子北→鹿島)といったプラチナ世代ほどではないが、将来が楽しみなタレントたちが集結する。


 今大会の注目選手には、最高学年となった植田直通(大津)、室屋成(青森山田)といった昨年のメキシコU−17ワールドカップ(W杯)組を筆頭に、谷村憲一(盛岡商)、小塚和季(帝京長岡)、田村翔太、浅野拓磨(共に四日市中央工)、渡辺隼(静岡学園)、林大貴(立正大淞南)らが挙げられる。

J複数クラブから熱視線を受ける大津・植田

 中でもナンバーワンと言っていい植田は、185センチの長身を誇り、元テコンドー世界大会出場者という異色の経歴を持つほど、ずば抜けた身体能力を持つセンターバック。彼はサッカーを楽しめる理由の一つとしてヘディングを挙げるほど、空中戦に絶対の自信を持つ。バネを生かしたジャンプ力と、そして空中でためを作り、思い切りボールをたたく体幹と背筋の強さ、そして「いろんな相手とやることで、自分なりのタイミング、コツがつかめてきた」と話す駆け引きのうまさを誇る。


 この長所は世界でも実証済みだ。U−17W杯では不動のセンターバックとして、前5試合にフル出場。準々決勝のブラジル戦を含め、黒人選手が多いフランス、ジャマイカのアタッカー陣を相手に、空中戦ではほとんど負けなかった。


 もちろん、課題もある。「苦手なところは技術面ですね。まだ技術が全然足りないので、ビルドアップ能力を高めていきたいですね」と本人が語るように、ビルドアップやカバーリングなどの守備の細かい技術はまだ習得中だ。しかし、見るたびにその力は向上しており、全国レベルの大会やU−17W杯、U−19日本代表の遠征などを経て、しっかりと経験を積み重ねられている。


 今年はキャプテンに就任し、Jリーグの複数球団がしのぎを削る激しい争奪戦の渦中にあるが、「今はインターハイを獲ることしか考えていない。目標は『全国制覇』のみ。そこはもう大前提だと思っています」と、優勝への意気込みを語る。


 相当の負けず嫌いで、勝負事は勝つことにこだわる。このメンタリティーもプロ向きだ。だからこそ、相手が自分より実力が上であっても、まったく臆することなく向かっていき、結果として自分の技術を向上させている。高校ナンバーワンのセンターバックは、この夏でさらにたくましく成長してくれるはずだ。

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント